shinoさんの映画レビュー・感想・評価

shino

shino

映画(20)
ドラマ(0)
  • 20Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.0

ボブのその容姿ももちろんのこと、主人公にそっと寄り添う姿が本当に愛おしい。

主人公の心優しい人柄も、ボブをはじめとする支えてくれる人たちを引き寄せ、薬を絶ちきる強い意志を持てるキッカケになったんだろ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.4

キングスマンらしさは要所要所にあるものの、やはり前作と比べると物足りなさや疑問が残る部分も。あと安易に味方を死なせすぎて残念。まぁ、悪くはないし、エンターテイメントとして十分に楽しめるけど、やはり1の>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

2.8

出演者が豪華なだけに、内容は見易いけど、なんか軽くて印象に残らず。蒼井優の中国人だけはすごいインパクト(笑)

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

2.9

惜しい。全体の雰囲気も可愛くて、ミュージカルシーンも良く、引き込まれるところがあるだけに、もう少し話を掘り下げて欲しかった。

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.7

障害者まであんなに自然に演じてしまうリリーフランキーの演技が凄い。ラストはちょっと無理があるような。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

はじまり方からして強烈なインパクト、一見異様にも見えるこの家族。そういった最初のイメージから、徐々に家族の絆や愛が滲み出て浮き彫りに。形はどうあれ、お父さんの育て方・この家族の在り方は間違ってなんかな>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.0

面白かった。名優3人の安定感のある演技はさすが。
人生の終盤で迎える不条理な局面に、果敢に立ち向かうじーさん達。友情、家族、お金、健康、どれも大事だね。
ラストも気持ちのいい終わり方。
いい作品なだけ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

突然の事故で妻を亡くした主人公は、戸惑い、物を破壊するという奇怪な行動に走るけど、単に自暴自棄になっていたわけではく、やり場のない感情のその先に、ひっそりとそこにあった愛に気付かされ…。不思議と引き込>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マクドナルドにこんな始まりがあったとは知りませんでした。結局最後はマクドナルド兄弟がお店を取り戻すような展開になるのかと思いきや、レイに好き勝手されて、逆にどんどん兄弟の元から離れていき…なんかビジネ>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

わーわーする感じで思ったよりは怖くなかった。ちょっと引っ張りすぎた感じも。子供たちの一夏の青春と恐怖体験。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.4

安定の福田作品。原作は未読ですが、俳優陣の役に徹した演技が素晴らしかった(笑)特に橋本環奈ちゃんの美少女っぷりと顔芸が凄い。普通に面白かったです。

追憶の森(2015年製作の映画)

4.0

日本の青木ヶ原樹海が舞台ということも含め、なかなか興味深い題材だった。
本当に飲み込まれてしまいそうな樹海の映像は、恐ろしくも美しくて、とても神々しく神秘的だった。
ストーリーも最初はやや退屈したけど
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

この監督の映画は良いですね。
淡々と、時にグサリと、冷たさの中に温かさもあるような。映像やセリフからも、とても伝わってくるものがあります。
本木さんと竹原ピストル、対比する二人の演技が素晴らしかった。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

予想以上に実写のクオリティーが高くてビックリ。繰り返し観たアニメーションのイメージが強すぎてあまり期待してなかったけど、かなり忠実に再現されていて、あのアニメの世界観そのまんまで素晴らしかった。ルミエ>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9

綾野剛の演技がとにかく凄くて、本当にいい俳優だなと再確認した。しがない青年時代~絶頂期~落ちぶれていくまで、立ち振舞い、声質、喋り方まで、時代の流れと共に見事に演じていた。特にジャブを打つシーンは凄く>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

面白いんだけど、醍醐味である歴史的謎解きが薄れてきて残念。脇を固めるキャストが良かった。

天使と悪魔(2009年製作の映画)

3.7

前作よりわかりやすく、展開と共にドキドキ感もあって良かった。いろいろ興味深くて、歴史など勉強したくなる。ユアン・マクレガーが好演。

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.2

難解だし、長いけど、見応えがあって面白かった。きっともっと知識があれば、さらに楽しめるんだろうなと思う。出演者もそれぞれ魅力的で安定してて良かった。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.3

CGとは思えない映像と主役を演じた少年が素晴らしかった。声優陣も豪華で、特に大蛇のスカーレット・ヨハンソンのハマり具合が何とも。エンドロールもディズニーらしくて良かった。

アイスブレイカー 超巨大氷山崩落(2016年製作の映画)

3.2

思ってたほどのパニックは起こらず、意外にのんびり。でも一致団結感と開放感に溢れたラストのめでだしシーンには思わず笑ってしまった。映像もまぁまぁ良かった。