しーくんさんの映画レビュー・感想・評価

しーくん

しーくん

18歳
MCU、アクション、SFが好きです。
ブログ始めたい

映画(45)
ドラマ(0)

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

絶対に音を立てるな 奴らが来るぞ。

超常現象系かと思ったが、地球外生命体の話だった。

終始静かであるからそこ妙に緊張感が味わえた。

お姉ちゃんの役者嫌い。
ラストのお母さんのショットガンがカッコ
>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

3.2

私たちの大多数は、このお肉がどのように、誰によって作られているかを知るどころか、考えることも少ないだろう。

この映画は食品企業の隠そうとする、私達の知られざる諸問題について問題提訴する。

私の印象
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.8

ピーターの武者修行と言った所でしょうか

こんなに凄いCGは初めて観た!
MARVELStudiosのCG技術はここまで来ているのかと思わされた。まるで2022年の映画だ。

今回は戦闘シーン多めで、
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.3

ミュウツー良い奴

ヒロイン誰?誰??めっちゃ可愛い金髪のちゃんねーなんだよ!!もっかい見たいもっかい見たい。

私のお気に入りのシーンはバクオングがRを吸ってごりっごりのEDMを歌って暴れるところ。
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.7

ペイモン万歳

これは新しいホラーではないのか。
恐怖に震える悪夢的な家族を2時間尺でじっくり描いている。雰囲気や空気感を音楽で煽ってくるのが良い。けど、もう一生もう1回観ないかな。退屈。

言っちゃ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

MARVEL10年の集大成

MARVEL追い続けてきたファンを裏切らない大作だ。ルッソ兄弟、興奮と衝撃をありがとう。よく3時間のうちに収められたなという感想だ。4月にして私の中で今年一の映画になった
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.3

MCUのフェイズ3の終焉である「エンドゲーム」に続く重要作品の本作。キャプテン・マーベルの生い立ちやフューリーとの関わりが分かったので次作でも活躍して欲しいですね。

本編完結なのでこれまでの作品を観
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.7

(^ω^)おっおっおっ(^ω^)おっおっおっ〜•*¨*•.¸¸♬︎

マスク(1994年製作の映画)

4.3

全然内容覚えてなかったので、もう一度鑑賞。
マスクの力を借りなくても絶世の美女をものに出来て良かったねっていう、家族で見れるコメディかな。
本作で活躍する、ジャックラッセルテリアのマイロがもう可愛い(
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.2

トム・ハンクス主演ということで、事前情報なしで観てみました。
途中は誰かに騙されている系の映画かと思ったけど、結局は人生なんとかなるみたいな事を伝えたかったのかな。
自分も、人生なんとかなると思って生
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.1

所々に散りばめてある、cmのキャッチフレーズの様なものが面白い。あと、みんなテレビ観すぎ!トゥルーマンの生活を見ていて、自分の生活が二の次になってる!

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

ハーマっ、、エマ・ワトソンがめっちゃ可愛かった。それだけ( ˶˙ᵕ˙˶ )

ノーマーク爆牌党(2018年製作の映画)

3.2

長澤茉里奈さん目当てに鑑賞。

アカギの神がかった打ち筋ほど興奮するものでは無いが、鉄壁も爆岡も現実味のある打ち方で良かった。宝燈美(まりちゅう)ちゃんは作中で九蓮成就するシーンがあるとと勝手に思って
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.2

スコットラングが娘のキャシーの為に頑張る姿がかっこよかった!

泥棒仲間のルイスの演技が好きでお気に入り😍

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.6


『彼女の家、何かがおかしい。』

この映画はとても考えさせられるものだ。私の思ったことを書こう。

故意的に選ばれ、誘拐、催眠、移植、奴隷

彼女の家の管理人や家政婦は、皆黒人だ。
19世紀にあった
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.7

狂気に充ちた一家が、何故 人を殺すのか?
彼らの目的は何なのか?後のシリーズに向けていくつか謎を残している。

序盤に観客をドン引きさせる、ヒッチハイカーの狂った演技は見所。
レザーフェイスの立場の低
>>続きを読む

13日の金曜日(2009年製作の映画)

3.8

普通に良かったです。
13金はこれが初めての作品だったが、多少予備知識があったのでより楽しめたのではないか。

ウエットニーを生かしておいたのは、母の遺品を見せて鎮静させたのか、あるいはウエットニーが
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

登場人物のキャラが立ってて面白かった。
27年周期で活動再開という設定の元、27年後にリメイク版を上映するのは粋だなぁと思った。
ペニーワイズ役はビル・スカルスガルド。

2019に続きがある様です、
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

興行収入がヤバいって聞きまして、5週目ぐらいに観に行きました。自分はQUEENのなんの知識も無く行ったが、そんな人にも分かるような作り込みでしたね。普通に良かったです。

今、QUEENブームが凄いみ
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

2.7

いざとなったら女が強い

ピアノ線最強ゲー。 ┴─┴ 

シャイニング(1980年製作の映画)

4.6

原作スティーブン・キングですね。

王道ホラーって感じで良かった。
日に日に狂気する演技がね。

男の子と黒人の男性が使える、予知能力が気になるが考察する程でも無いかなぁ。

エスター(2009年製作の映画)

3.3

当方ロリコンが入っているので、なんですかね、個人的にいけると思いました()

しかし、中身は30過ぎのおばさんだったなんて、化粧って女の子の魔法なんですね👸

糞ガキを懲らしめてくれたのでスカッとしま
>>続きを読む

レポゼッション・メン(2010年製作の映画)

2.8

内容としては、近い未来、世の中は臓器移植を求めた人々で溢れかえるが、ドナーが足らない。 そこで、人工臓器を高額の利子をつけて貸し出す様な企業現る。完全な独占状態ですね。支払い滞納している人の人工臓器を>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。
介護という仕事を通してしか交わらなかったであろう趣味も性格も正反対な二人が、良い相棒になっ
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

-

鑑賞記録

そういえば、画面暗すぎて途中で寝たわ

アドレナリン(1989年製作の映画)

2.8

一言にぶっとんだ映画でした。

主人公は合成毒を打たれ、毒が回るのを遅らせるためにアドレナリンを出し続けなければならないというものでした。
彼は自分の生の為に街で暴れ回り何人も殺す訳だ。正直、一人の殺
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.4

ヒトラーの演説は威勢があり一言に重みがあるので、大衆が惹き込まれてゆく姿が恐ろしく感じた。彼の持つ演説力というのは、現代にも通用する天武の才だと上手く表現出来ていた。

本作はタイトル通り、ヒトラーが
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.7

オーレンペリ監督の一作目だという。

本編は同棲しているケイティとミカのホームビデオのようなPOV作品である。初めは本当に撮られた映像のように見えた。

キャストは4人しか出てこなく、それぞれ本名が使
>>続きを読む

>|