shuh8さんの映画レビュー・感想・評価

shuh8

shuh8

映画(786)
ドラマ(3)
アニメ(0)

ペイン・ハスラーズ(2023年製作の映画)

3.4

たしかに高コミッション系の営業って信じられないくらい出自の悪い人もいるんだが、ライザみたいに経歴詐称しちゃえば万事OK!そんな勇気が出る映画。みんなやってることだからね。

劇場版 殺意の道程(2021年製作の映画)

3.8

殺人がテーマなのに人畜無害で楽しめる。連続するコントとして観ても面白い。

彼方に(2023年製作の映画)

3.7

悲しみの厄介なところは、ただ悲しみ抜く段階を超えあとに、自分の悲しみと向き合うっていう段階が訪れること。そこが長くて、辛いんだよね。

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.5

大切な女性を突然失った男が異世界から出てきた穢れと遭遇し、誘い込まれるように地底に潜り、すったもんだあって… ってこれは村上春樹の常套手段でもあるね。ヨネケンのエンディング歌詞「この道が続くのは続けと>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.2

冒頭からフェミニストを激怒させそうなジェンダーステレオタイプな主婦像が描かれる。男たちは「内助の功」に支えられて労働に励み出世を目指し…って今でも日本のトヨタとか日立で成り立ってる地域をデフォルメした>>続きを読む

静寂の彼方に: アイスダイビングの世界(2022年製作の映画)

3.6

氷点下の海でのアイススイミングに誘われたため、イメトレとして鑑賞。実際、水中にいるのは30秒が限界だった。冷たさ自体よりもパニックに陥るのが怖いのだ…。そういう意味では人間のメンタルの限界に挑戦した記>>続きを読む

Fair Play/フェアプレー(2023年製作の映画)

3.7

序盤のデューデリで数字とファクトを基に提案する彼女さんに対して、主観と予測でしか語れない彼氏さんのシーンからすでに暗雲立ち込めてた。どんなピカピカに見える会社でもいるんだわ、これが。トホホ。

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

3.6

Netflix製作陣はGAFAが大嫌いと見えて、アホのくせして他人のアイデア横取りし続けて金持ちになった仮想ジョブズや仮想ザッカーバーグを登場させるのが大好き。
玉ねぎの中心には真実があるんじゃなくて
>>続きを読む

ホステル2(2007年製作の映画)

3.4

東欧=売春の風評被害に遭いそうなスロバキア、美しい古都の映像でフォローされてる感。実際行きたくなった。
ハイスペおじさん=売春は合ってるんでフォローなしでいいです、はい。

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.3

孤独のグルメ殺し屋版。主人公は仕事はできてもセックスが足りてなさそうだから、もうちょっと007見習ってナンパするところから始めてほしい。

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.5

「可愛い動物たちを殺しやがって、このブタ野郎!!」笑

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.1

神風ブラック職場から、危険だけど家には帰れて高給ホワイトな職場に転職した神木くんを試練が襲う。いや俺やっぱり一線でバリバリ勝負したいです!そのベンチャーのオファー受けます!…

命とプライドどっちを
>>続きを読む

雪山の絆(2023年製作の映画)

3.6

北欧に生きてマイナス20℃の辛さを肌で知るワイ、驚愕。アルトゥーロの新しい神の話とおっさんが愛を見つける話は胸を打たれる。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.6

これがいまレコメンドされるのは松本人志の件があるからだろうな。余談ではスタイリストがすごい。暗い話とやけにビビッドなカラートーンの対比が。

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.4

子供叱るな来た道だもの。年寄り叱るな逝く道だもの…っていうか父ちゃん、徘徊老人ってレベルじゃねーぞ!!

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.7

イーサンホークとジュリアロバーツの2人のほうれい線が躍動する。たびたび登場する「フレンズ」がNetflixでは観れないってところにNetflixの余裕を感じさせる。

アキラとあきら(2022年製作の映画)

3.7

半沢直樹のマルチバース。紳士服のCMにすぐ出れるくらい容姿に恵まれた2人がその容姿に甘えず融資のハンコ調整に奮闘する。

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.5

ごく自然に「捜査資料を見せてくれ」と言える一般人湯川と、怖いカオしてるくせにサラッと従う草なぎ刑事のドタバタ謎解き劇。言うほどみんな沈黙してない。

ザ・ホエール(2022年製作の映画)

4.0

贖罪がテーマな気がするけど、これもキリスト教の知識があるとさらに楽しめる映画のひとつでしょうね。
7つの大罪: 傲慢 強欲 嫉妬 憤怒 色欲 暴食 怠惰

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.3

とりあえずWi-Fi繋がってるならもっとリモート診療取り入れて外部と連携するとか、カルテも電子化してクラウド管理するとか、ロートルの医者にワンオペ激務20年続けさせる前にやれることあったろ?

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.8

人の育ちをどうこう言うことが一番育ちが悪い行為じゃないんですかねぇ。あとスマホにロックかけてなくて浮気相手のLINE見られるってどんなリテラシーなんだ!そこを一番に躾けてやってくれよ、名家なら!

オールド(2021年製作の映画)

3.4

ビーチで歳取る若者ねぇ... ナイトシャラマンさん、アンタ浦島太郎にインスパイアされたな?正直に言いなさい!

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.5

なんで相手がわかってて夜に襲撃するのかね。イッヌの寝返りの早さに救われるホームアローンおじさん。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.5

こち亀の両さんと中川の残酷版かつ韓国版みたいのが駆けずり回るも...。とりあえず殴っておけば黒ひげ危機一髪みたいに犯人が出てくると思ってたのかな?

母なる証明(2009年製作の映画)

3.7

容疑者Xの母の献身!韓国の貧困層を描かせたら天下一品のポンジュノワールド。観光ではまず行かなそうな田舎の韓国が見れる。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.6

右手を出せば恐竜がフリーズする超能力者オーウェンとその他シルバー人材が終わらぬ青春を追いかけ大冒険。アメリカの最大公約数にウケればいいので相変わらずGAFAが悪者で強欲でゲイ、黒人はいいヤツでアジア人>>続きを読む

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

3.8

「彼が銀行強盗をしたとしても、特徴を言えない」冴えないおじさんが実はスパイ。
ゴリゴリの違法取引でも接待やら製品カタログやらキチンとしててビジネスライクなのがまたリアル。元英国諜報機関のおばさんも雰囲
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

2.9

早稲田や明治の文系学部を出て広告代理店を志望したもののDNPの総務に就職となりモヤる男が経験豊富な女に慰められる話。「どや!ここ!くすぐったいだろう!」とピントを外した部位を責められている感覚。

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.7

これでもかというベタ展開!常に次のカットが予想つくベタonベタのミルフィーユ構造。だがそれが良い!たけしさん長生きしてくれ。

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

3.7

一貫した不協和音のBGM、長いシーン割り、目の奥の表情、生々しいカメラワーク... これは仄めかしの芸術だ!
カンバーバッチの体臭まで匂わせる演技すばらしい。キルスティンダンストは相変わらず泣きながら
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.1

人生で喪った人の数が多いほど、より深く観入ることのできる映画。
岡田将生がんばってる。やはりイケメンには暴力が似合う。唐突にアクサダイレクトのCMが始まるところは笑えた。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

そんなビッグビジネスになるほど面白い小説でかつ同時翻訳を売りにするなら完全オープンソースでオークション形式にしたら良かったんちゃうかね。NFT使ってさ。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.4

原作の暑苦しさがうまいこと表現されてると思う。勝手な想像だけど製作陣が必要以上に深夜残業してそう。携帯を肩に挟んで怒鳴ってそう。

我らの罪を赦したまえ(2022年製作の映画)

3.7

実質10分間の超ショートフィルムだが... 全世界の映画館、国際線の機内映画、国営放送で流してほしいと思う。
Inakzeptable, versteckte Tatsache. Der Prüfst
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.6

裏ガタカ。イーサンホークのおでこの皺がかつてない説得力を持つ。凡庸なあらすじを本編の超展開でいい方向に裏切っている。

>|