gashiさんの映画レビュー・感想・評価

gashi

gashi

映画(415)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 415Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

2.0

この手の映画をあまり楽しめないのは自分の好みの問題かと思っていたが、そもそも宗教や黒人差別が身近でない日本人が強い関心をもつのは難しいということな気がしてきた。同じ感覚の人はけっこういそう。

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.0

3つのパートに分かれているため露骨に飽きることはないが、雰囲気が平坦すぎるのが自分にははまらなかった。評論家ウケしそうな要素が多いので賞レースに強いのはわかる。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.0

こういう何考えてるかわからん女ってけっこういるよね。見ながら早く終わんねえかなと思ってたが、男女で評価がはっきり分かれそうなのがちょっとおもろい。

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

2.0

大量の風船をつけた家は視覚的なインパクトは大きいが、話の内容を覚えていられる気がしない。

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

2.0

めっちゃ酔ってるときに見たので評価は怪しいが、面白くはなかった。ただ、アニメーションと実写を絡めてくる手法はあまり見ないので新鮮味は少しあった。

アラジン(1992年製作の映画)

3.0

断片的な情報はたくさん知っているのでフレッシュな気持ちで楽しめることはない。ただ、ランプの魔人がやけに陽気なキャラだったのは知らなかった。

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

3.0

原作が別にある作品の映画は見てる側に予備知識があるのが通常で、世界観に入りやすいという圧倒的なアドバンテージがあるため、甘い評価になりがちなのは注意。

ホーンテッドマンション(2003年製作の映画)

1.0

思っていたよりだいぶ面白くなかった。たぶんすぐ忘れる。眠かったせいかも。

マイ・エレメント(2023年製作の映画)

3.0

世界観は好きだが土と風の存在感がほぼないのが残念。

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こういうトラブルが億劫だから精神的な問題を抱えている人を身近に置きたくないと思ってしまうなあ…とか途中まで考えていたが、ちゃんとサスペンスとして(いちおう)成立してた。ただ、よく考えてみると(あるいは>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.0

ミュージカル+ロマンスなので自分の好みに合うわけがないと思いながら視聴したら案の定だった。悪役が露骨すぎる。ただ、映像は綺麗であるし世界観も嫌いではない。

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

2.0

カタカナ名詞が多くて全部覚えるのは諦めた。「ふしぎの国のアリス」と同じで世界観を楽しむべき作品なのだろう。

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

アリスインワンダーランドを見るために予習。ストーリーを楽しもうとするのは間違いであるのはわかったが、最後まで正しい楽しみ方を見つけられなかった。風邪ひいてるときにこんな夢見たことある。「不思議の国のア>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

4.0

映像はもちろんのことストーリーも無難に面白かったので長さをあまり感じなかった。ただ、感情移入ができるタイプの作品ではない。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

1.0

ただのファンムービー。有名なので見てみたがクイーンを全然知らないのでめちゃくちゃ時間が長く感じた。「人気だから人気である」の典型例だと思う。クイーンを知らない人に本作を勧めてくるやつはクソ。

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

2.0

映像で退屈することはないが、ストーリーが単純すぎてあまり楽しめなかった。

ホーム・アローン3(1997年製作の映画)

3.0

本作はケビンではなくアレックス。クオリティの低下は感じなかったが、1、2と見ているとさすがに飽きてくる。家壊しまくってるけどそれはいいのか。オウムが意思を持ちすぎ。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.0

悪ガキのシドは歯列矯正もされてちゃんと教育受けてそうなのにどうして素行が悪いのだろうか。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

ミュージカルは苦手だが、サーカスの演目という体で歌と踊りがなされるので本筋のテンポを害さないようになっている。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

現実に親の思想によって人生縛られた子どもってたくさんいるのでしょうね。ダンテがなぜ死者の国に行けたのかが判然としなかったが、気にするところではない。

ガリバー旅行記(2010年製作の映画)

2.0

ガリヴァー旅行記の世界観をかなり現代的にしてコメディ色を強くしているため、評価が分かれそう。個人的にはガリヴァー旅行記本来の良さは出ていないように感じた。原作とは別の作品だと思ったほうがよいかも。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

R指定が入っている点で他のアメコミと区別される。前半は時系列を交互に描くが混乱することはなさそう。

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

2.0

当時は面白かったのかもしれないが、今は普通。マレフィセントが王女を目の敵にする理由が弱かった。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

サウナのおっさんが付けてたタオルをくれたのがなぜかツボった

アナと雪の女王/エルサのサプライズ(2015年製作の映画)

2.0

クオリティは変わらないが、相当なファンでなければわざわざ見なくてもよさそう。ハンスの扱いが雑。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.0

いまさら視聴。ミュージカル色が強い。「ありの~ままの~」の人がアナだと思ってた。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映像に派手さはないが短い尺にいろいろ詰め込んでるので退屈しない。ただ、子どもの面前で喧嘩したり子どものチャレンジを土壇場でやめさせようとしたりする親は好きになれない。色弱がいまさら判明するってあるか?

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.0

正直ちょっと眠かった。芸術とかスポーツはお遊びみたいなものであって別になくても社会は困らないので、それについてのプレッシャーに苦悩する様子を描かれてもなんとも思わなかった。戦争とかがテーマだったらまだ>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

絵面は子供向けファンタジーではあるが、意外と堅いテーマも描かれる。

>|