summerさんの映画レビュー・感想・評価

summer

summer

アンビュランス(2022年製作の映画)

2.5

こういう絵が見たいでしょ?な、派手なカメラワーク。車の衝突、横転、爆発、銃撃、人殺しに人質に、犬。変な恋愛要素はナシ。

エイザ・ゴンザレス、こういう表情もできるんだ。新発見。好きです。

あ、犬は無
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなにいい映画、どうしてもっと早く見なかったんだろう。

トニーは口も態度も頭も悪く、すぐ暴力に訴える。ことあるごとに、「だからそれが差別なんだってば!」ってことばっかり言う。デリカシーもリテラシー
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2024年映画はじめは、3回目の鑑賞のワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド。通称ワンハリ。
最初は映画館で、2回目も2019年2020年あたりだったので、3回目にしておよそ4年ぶり。当時ちゃん
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人生最大の推し、マーティン主演作。
マーティンの芝居が良いのは言わずもがな、ゾンビ映画としては、冬眠のために地面に穴を掘って頭を埋めるとか、暗いトンネルの中で壁に頭を引っ付けてるとか、何気に新しい設定
>>続きを読む

忌怪島/きかいじま(2023年製作の映画)

1.0

え、それはもしかして関西弁を話しているつもりなの…?っていうエセ(にもほどがある)関西弁の人いたね。
主演はなにわ男子らしいから、そっちに関西弁話させればよかったのに。ていうか別に彼が関西弁であること
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

2.5

予備知識ゼロ、アニメ慣れしていない状態で鑑賞。

アクションシーンがすごかった。モーションキャプチャで描いたみたいだった。ぬるぬる動いて見てて感動した。
あと、アクションがわりと脳筋でよかった。

>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

・最初のシーンで流れてる音楽は、「来たれ友よ」かな。クリスマス礼拝で歌う歌だったので、今の季節との偶然のリンクを感じた。

・「お兄ちゃんが死んで良かったと思うとる、いがんどるのはうちだ」、歪んでるの
>>続きを読む

サボタージュ(2014年製作の映画)

2.5

丁寧につくられた映画とは思わないけど、荒っぽいながら悪くない。
緻密なストーリーラインとか、大どんでん返しとかを望んでいたら残念だろうな。私は基本的にシュワルツェネッガーの"強さ"を見られれば満足なの
>>続きを読む

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

4.0

初鑑賞は2017年、その次が2018年、2回も見てたんだ。すっかり忘れてた。
で、2023年に3回目を見ました。レビュー書き直し、スコアも3.5から4.0に。

今回は女友達とお酒飲みながら鑑賞したん
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.0

RRR見たら、シータとナオミ・スコットって似た系統の顔じゃない?ってなって鑑賞。

ハイヒールで暴れ回るの強い。私は先日久々に7cmくらいのヒール履いて出かけたら足がどえらいボロボロになったよ。あれか
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.5

先日、歌舞伎版RRRと名高い(かは分からないけど)「極付印度伝 マハーバーラタ戦記」を見て、それはもうどハマりしたので、そういやずっと見てなかったRRRもこの機会に見るかあとなって鑑賞。奇しくも(?)>>続きを読む

私がやりました(2023年製作の映画)

3.5

・混沌としてるけど、整理されていて見やすい。軽妙なテンポでくどくない。

・ポーリーヌの意味深かつ切ない視線、、

・イザベル・ユペールは登場した途端場の全てを持っていく。彼女はどんな役やっててもまる
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

クサイ芝居に乗り切れず、ゴジラの咆哮とゴジラといえばのあのテーマのみ楽しんだ。あと学者の顔が好きです。
これは朝ドラゴジラという新ジャンルなんだろうか。とりあえず邦画は感動してほしいシーンで感動してほ
>>続きを読む

西部戦線異状なし: 制作の舞台裏(2022年製作の映画)

4.0

本編を見たあとこれを見て少し安心した。
この映画はフィクションだと分かったから。
実際に起こった戦争で実際に起こった犠牲で、もしかしたらそれらは映画よりもっと悲惨だったろうけど、でも少なくともあの映画
>>続きを読む

西部戦線異状なし(2022年製作の映画)

4.0

美しい朝焼け、照明弾、煤けたステンドグラス、泥だらけの顔から覗く青い目、「それが何だ、みんな永眠したが俺たちは生きてる」。

残りたった15分で、プライドをかけることと命をかけること。僅か数秒の差で。

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

公開初日!
ながい〜〜〜ながすぎる!
進む→狙われる→ドンパチ→進む→狙われる→ドンパチのくりかえし。でもそれがいい。ジョン・ウィック、強い!防弾スーツ、すごい!ってなる。あとキアヌ・リーブス、コンパ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

誰が誰か分からなくなることが多々。
台詞はほとんどない。
「生き残っただけだ」「充分だ」
印象に残った台詞。
あの目の見えないまま毛布?を配っていた老人は、前に戦争に行って負傷した元兵士なのかもしれな
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

猿?猿なんて1回も出てきてないじゃん!いるの?猿!
って思ってたら、やっぱりね…

壮絶。気が滅入るどころの話じゃない。
あんな若い子もあんな目に。
年齢関係なく悲惨といえばそうだけど…

ホラーなら
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.0

息子…

ステイサムは愛する者を守るor愛する者の仇討ちで無双するのが似合うね。
私もステイサムになりたい。

グレイマン(2022年製作の映画)

4.5

そうそう、私は一生こういうスパイ映画を求めてるんだよ〜ってかんじだった。

ライアン・ゴズリングもアナ・デ・アルマスも好きな俳優なので、より見応えあり。
なんでそれで生きてられんねんってシーンはスパイ
>>続きを読む

カルト(2012年製作の映画)

2.0

10本アニメ♪

これいつ続編あるんですか?
ネオの復活をみんなが待ってます。

MEG ザ・モンスターズ2(2023年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

・🦈🐙「大暴れだぜ〜〜〜!」

・叔父さん、途中でしんじゃうんじゃないかと思ってたけど最後まで生きてた。よかった。まじで映る度今度こそしぬかと心配した。叔父さんステイサムの次にかっこよくて惚れた。
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.0

・🦈「まだまだ食べ足りないぜ〜〜〜」

・ジョナスとスーインの年齢が6つしか違わないことにかなり衝撃を受けた

・ウォールの死に方、一番ショッキングだった…あんなふざけたタイミングで不意打ちでやられる
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

「私のせいじゃない」
誰のせい、なんのせいなんだろうね。
生まれた環境のせい?周りの大人のせい?それとも運命のせい?
私はけっこうトーニャに同情的に見てしまった。
幼少期を幼少期らしく過ごせないと、大
>>続きを読む

エンジェル・オブ・アウシュビッツ(2019年製作の映画)

2.5

英語が聞き取りにくくて、字幕の問題なのか物語の構成の問題なのか分からなかったけど、全体的に抽象的というか、ファジーな作りだった。
元の歴史や、彼女がどう生きどう抗いどう貫いたかをもともと知ってる人でな
>>続きを読む

何がジェーンに起ったか?(1962年製作の映画)

4.0

ベティ・デイヴィスってベティ・デイヴィスってかんじの顔してるし、ジョーン・クロフォードってジョーン・クロフォードってかんじの顔してるよね。絶対逆じゃないもんね。

Pearl パール(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

パールちゃんはいつかスターになることを夢見る美少女。
厳しいけど信心深く献身的なママと、今は病気で不自由だけど娘を愛する物静かで優しいパパと、農場で暮らしてるわ。本当は世界で一番大好きな夫のハワードも
>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画としての出来とかに関してはすごくちゃんと書いてる人がいてそれに共感したので主にマーティン(エヴェレット・ロス)の感想しか書きません。

・号泣→マーティン好きだあ〜→号泣
(始まってすぐティチャラ
>>続きを読む

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

2.5

・児童の保護に対する意識や、子どもから親に対してであっても、手を上げることのタブー感が出ていて興味深かった。

・犬が死ぬ映画。犬が起こす事件事故は完全に飼い主がコントロールできていないのが悪いと思っ
>>続きを読む

THE WITCH/魔女 —増殖—(2022年製作の映画)

3.5

・パラサイト、コンジアム、前作、今作で韓国映画を見るの4回目にして、ようやく「はい」は韓国語で「ネ」と言うらしいことが分かった。字幕ではいって言ってるときに耳でネって聞こえたのが何度かあったから。赤ち>>続きを読む

>|