SPOTLIGHTさんの映画レビュー・感想・評価

SPOTLIGHT

SPOTLIGHT

映画(1067)
ドラマ(0)
アニメ(0)

さがす(2022年製作の映画)

3.0

ストーリーはしっかりしてる。けど、激重なテーマな上に猟奇殺人という内容が乗っかってきて超絶しんどいです。終わり方もモヤっとする……。軽い気持ちで観ると後悔します!

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.5

影と対比の物語でした。大事件は起こらないけど、音楽が素敵で観入ってしまう素晴らしい映画だと思います。あとトイレの清掃員には感謝したくなります。

ノック 終末の訪問者(2023年製作の映画)

3.0

ナイトシャラマンっぽい、観ていると訪問者側に感情移入してしまう不思議な映画でした。ハリーポッターのロン役のルパート・グリントが出ていてびっくりしました。

スピオーネ(1928年製作の映画)

3.5

中古でもプレミア価格になっていて頑張って購入して観ました。スパイ映画の元祖とする説もあるこの映画。コードネームで呼ばれるスパイ、美人スパイなど、後のスパイ映画に繋がる多くの要素が登場しています。192>>続きを読む

エージェント・マロリー(2011年製作の映画)

3.5

CIAの下請け企業というポイントが新しさを感じました。後半になると命を狙われる理由が分かってくるのですが、組織関係がゴチャっとしているので前半はちょっとしんどさがあります。

サスペリア PART2 完全版(1975年製作の映画)

3.5

タイトルは『サスペリア2』ですが『サスペリア』の続編ではありません。また『サスペリア』と同じくホラーかと思いましたが、サスペンスでした。ぬるっと始まってどんどんペースがアップしていきます。後半の音楽が>>続きを読む

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

4.0

はちゃめちゃでカオスすぎますが、ストーリーが進むにつれてカオスさに慣れてきてどんどん楽しめるようになります。何が何だか分からないけど凄いものを観た気がしますし、アカデミー賞を取ったというのが不思議な気>>続きを読む

マークスマン(2021年製作の映画)

4.5

大好きなリーアム・ニーソン主演ということでBlu-rayを購入しました。前半はちょっとダレますが後半はとても楽しく観ることができました。96時間のようなハードボイルド系ではありませんが、とても満足です>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

4.0

CIAが協力している映画で、実話を元にしたフィクション作品です。9.11から話がスタートするので全体通してめちゃ重いです。水責めやヘヴィメタを掛け続けるなどのリアルな拷問も見られます。リアリティがある>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

4.5

誰でも知ってる原作をベースにしています。マリオ系のゲームシリーズを知らない人も楽しめますし、知ってる人はもっと楽しめます。ピーチは面長であまり可愛くないけれど、観ているうちに慣れてきます。映画では時間>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.5

テンポが早くて、ダラダラとしたシーンが少なくて見やすいです。ダークな内容でグロい表現がある反面、全体が明るくそれが「ミッドサマー」のような不気味さを生み出しています。どこかナチュラル・ボーン・キラーズ>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.5

さすがジョーダンピール監督。ただのホラーにはならずに、予想外の展開と良い伏線回収。後半の展開が好きでした。

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

4.0

近未来SFホラーとして面白いです。ホラー表現が後半にギュッと詰め込まれているので、怖くなるまでがゆっくりなのですが、その分ストーリーがしっかりしています。

ソドムの市(2004年製作の映画)

1.5

すべての展開が唐突すぎる上に、わざとなのか元々なのか棒読みで自然さのない演技がツラいです。口と声がズレていて、小道具はハリボテ。10歳の子どもを34歳が演じてる時点でおかしい……。ホラーではなく、おそ>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.5

実際にあった事件を元に 監督が自費で製作し、全財産を失った映画です。異常なのにリアリティがあって、それを犯人視点で描かれているもんだからめちゃくちゃに気持ち悪いし、怖い。

SAW レイザー(2009年製作の映画)

2.5

現在は『ネクロメンティア』に改名されています。
スプラッター系かと思ったら、悪魔?と契約して人を蘇らせようとする話でした。スプラッターではないもののグロい要素もあるので、慣れない人にはツラいかも。時間
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.0

セリフと映像は詩や引用が多く、1965年の作品とは思えない不思議な雰囲気があります。詩や引用の直接的でないセリフが多いため、複雑に感じてしまい、得意不得意・好き嫌いが分かれそう……私はあまり得意ではあ>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.0

明るいグログロドロドロ映画。後半の血の海を見ると園子温監督だなーと感じます。

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

4.0

ホラーかと思ったら、個人的にはヒーローものでした。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.5

ジェシー・アイゼンバーグに、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーンと超豪華なゾンビ映画です。

フォーン・ブース(2002年製作の映画)

4.0

これ、コリン・ファレルだったんですね。爽やかすぎて気が付きませんでした。

キャリー(2013年製作の映画)

3.0

1976年のキャリーと続けて観てみました。現代版キャリー。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.5

つらい、長い、悲しい……。スピルバーグ監督の歴史映画は中々重いです。

(2023年製作の映画)

4.0

アウトレイジのような義理も人情もない「裏切り」が北野武監督らしさとして成立しつつ、エンタメとしてちゃんと楽しめました。迫力もあったし、大河ドラマ(R15)という感じ。

シン・仮面ライダー(2023年製作の映画)

3.5

頭は潰れるし血が出るし、ダークヒーローといった感じで良かったです。仮面のデザインもカッコよくてすごく好きでした。ですが、CGが安っぽく、アクションも画面の切り替えが多過ぎて編集感が出てしまい、ダイナミ>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

4.0

クリストファー・ノーラン監督のデビュー作です。メメント同様に時間軸がバラバラな上に、髪型と服装が似た2人がいるため慣れるまでは混乱します。結末は予想外な展開に……。

ミュンヘン(2005年製作の映画)

4.0

スピルバーグ監督のスパイ映画で実際にあったとされる物語です。フィクションのような派手さは少なく淡々と進んでいきますが、重く、ツラいです。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグが出演していてビックリし>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

4.0

『羊たちの沈黙』の現代ハッカー版という感じでした。思ってたよりも面白かったです。そしてタイトルは『フリーWi-Fiに繋いだだけなのに』が適切だと思いました。

間諜最後の日(1936年製作の映画)

3.5

ヒッチコックのスパイ映画。映像や演技に古さは感じるものの、内容は1936年の映画とは思えないくらい古びなくて、ちゃんと面白かったです。

暗殺者の家(1934年製作の映画)

3.0

シリアスな話ながら、ジョークを言うシーンが多くありました。古い作品で画質も良くないモノクロ映画な上、髪型が似ている人が何人かいて、最初は誰が誰か分かりませんでしたが、後半は少しずつ分かってきました。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

周りの友人から「観た方が良い」と言われ続けてやっと観ました。ジャケットデザインから「恋愛映画はあまり興味ないなー」と避けていましたが、なぜ今まで観なかったのかと後悔しています。タイムトラベルの設定が結>>続きを読む

>|