シバキさんの映画レビュー・感想・評価

シバキ

シバキ

95' | 語彙力が欲しい

映画(231)
ドラマ(0)

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.0

ゆるくてどこか憎めない魅力的なキャラなのは松田龍平が演じるからこそだと思う。
知り合いにいたらちょっとイライラしそう(笑)

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

夜空と交差する森の映画祭行けずに
自宅で見たけど行けばよかったと後悔。。

高校生か中学生くらいに見た時よりも
社会人になった今の方が監督が伝えたい
ものが分かるようになった気がします。

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞。
鯨出るまでのストーリー構成が好き。
鯨以降はちょっと微妙なのでこの星数で。
家族に血の繋がりは関係ないと思う作品でした。

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)

3.5

素敵な映画だったのに未公開なのが
不思議でしかないです。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

5.0

久々に見たけどやはり良い。。。
これが30年前の作品だとは。。。
構成が上手すぎる。。。
私が生まれる前の作品やから
公開当時に観れた人たちが羨ましい。

スウィングガールズ(2004年製作の映画)

3.5

久しぶりに見たけどやはり良い。
この映画が私がジャズを知ったきっかけなので思い出の一本ですね。

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.0

実はちゃんと見たことがなかった映画です。
社会人になったからか無性に青春映画を見るとうやらましくなるこの頃です。

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.0

最初の15分くらいのセリフなしの
アニメーションが秀逸
その後は展開が読める感じだったので
最初が良いだけにもったいなかったです

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールの実際の映像で泣ける。
155はただの数字じゃないというセリフ、
心にぐっときました。

英雄や何か注目を浴びる人やモノがあると
必ず何か反論があるのは妬みなのかなと思ったり。
素直に喜ん
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映像美と詩的なセリフが印象的。

芸術映画やし難解な映画やなって思いながら見ていくと途中の演出でやられました。
ダミアンが天使をやめて人間になる演出で映像がモノクロからカラーに変わる瞬間が鳥肌モノでし
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

3.5

青い空に白い雲、新鮮な野菜、自然
田舎の夏休みのノスタルジー感に
無性に泣きそうになりました。
日本の田舎の夏ってやっぱり素敵。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

ジブリは子供の時に見るのと年を重ねてから見るので違った見方ができるし感想も変わるから深いなと思います。

美しさ=外見的なものだけでなく内面的なものも美しさの要素だということに気づけるようになったから
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです!!!
前情報なしで観た方が良い。

映像制作やったから分かる〜って
思いながらずっと笑ってました。

何か制作をやったことがある人は
すごくささる映画だと思うし、
そうでなくても面白い
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

ホームビデオ感を感じました
いろんな要素が散らばってて
まとまりがない印象です

子育てをしてる人とそうでない人で
感想が変わる映画なのかなと思います

パッセンジャー(2016年製作の映画)

2.5

ストーリー展開に目新しいものがなく
ちょっと物足りなかった
設定は好きだっただけに残念、、、

神のゆらぎ(2014年製作の映画)

3.5

邦題が素晴らしいと思う作品に久々に出会えた。

「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」この台詞、宗教感が根付いていない私からしたら違和感でしかなかった。

今自分がこうして生きているのは誰
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

4.0

雰囲気、音楽、映画の色味
この世界観が好きすぎた。

夏季休暇は私も地元の海で
たそがれに行こう。
ロケ地のヨロン島はいつか
絶対に行くと決めました。

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.0

子供の時に大好きやった映画です。
改めて見直したけど今見ても心踊る!

名作映画はいつまでも色褪せないとは
このことかと思いました。
スプーン一杯の砂糖を忘れずに仕事
頑張っていこう。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

邦画で久々に良い映画を観たなあ。

是枝監督の作品は今回が初めてだったので
圧倒されました。色々思うことがあるんやけども、それがうまく言葉にできないというか、もどかしい気持ちになりました。

構成・キ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

見ていてどことなくギフテッドを
思い出しました。

子育てに正解なんてないし、なんなら
社会に出たら正解なんてもっとない。

自分で考えて行動しなきゃダメだし
自分の非を認められるのは人としての
器が
>>続きを読む

幸せをつかむ歌(2015年製作の映画)

2.5

メリル・ストリープのロックンロールにしか魅力が感じれず、ダラダラと見続けた印象

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

静かなSF映画。
言語と時間の概念をどんどん深掘り
していってる映画で難解でした。
難解さやSFが好きな人はハマる
映画やと個人的に思います。

観終わった後にまた見返したくなる、
何度も観る度に新た
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

面白かったが湯浅ワールドに浸るなら
夜は短し歩けよ乙女の方が好みです。

カイが歌う「歌うたいのバラッド」が
良くて思わずうるっときた。

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.0

うーん、なぜかいまいち乗り切れず。

みんなでワイワイしてる感じのよりも
歌声でしっとりちょい切ない系の方が
個人的な好みなのかな〜

明るい役のメリル・ストリープが新鮮だった

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

全てのショット、全てのシーンを記憶してたいと思わずにはいられなかったです。映画館でこの空気感を味わえて良かった。

言葉にできないけど胸にじわじわくる感じ。なによりもティモシー・シャラメの泣く演技が良
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

最高すぎました!!!!!
観終わった後思わず拍手しながら立ち上がりそうになりました!これはもう映画館で観れてほんまに良かったです。

いろんなジャンルのオタクが興奮する映画。
わたしは序盤のアキラのバ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

沸きました。
かなり序盤から泣いてました。
こんな泣いた映画は久しぶり。

タイトル個人的にめっちゃ好きです。
ほんまに熱い映画だったな〜
ほとぼりが冷めたらもうちょっと
マシなレビューを書きたい(笑
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

さすがディズニー。
安定の映像美と素晴らしいサントラを
ありがとうございました!!

メメント(2000年製作の映画)

4.5

見てる側もレナードみたいな感じになる。
ノーラン監督は時系列を扱うのがほんまに上手いし頭の中どうなってるのか覗きたい。難しいけどすごい見応えのある映画。

ピアノ・レッスン(1993年製作の映画)

3.0

青が美しく印象的な映画。
艶っぽいというのでしょうか、
あの美しさは頭からしばらく
離れないんだろうなと思います。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

エンドロールが一番笑いましたわ〜

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

想像以上におもろかったです。
映像美に加えてデハーンがかっこいいからそれだけで私の評価はぶち上がりました(笑)

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これがみんな騒いでた平次の「殺すで」か!!
かっこよすぎて思わず巻き戻しました〜

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.0

見終わった後でもこの邦題には?でした。
今まで観た映画の中で同性愛への対応が一番リアルな感じがしました。だからこそか、観ていてすごく切なかったです。舞台はアメリカやけどもフランス映画っぽくゆったりとし
>>続きを読む

>|