safiさんの映画レビュー・感想・評価

safi

safi

映画(112)
ドラマ(0)
アニメ(0)

マリア・ブラウンの結婚(1978年製作の映画)

4.2

何もかが美しい。

ひまわり、と続けてみて同じような話かと思ったら全然違って素晴らしく面白かった。

K.G.F:CHAPTER 2(2022年製作の映画)

4.0

ラストカッコ良すぎるだろ。。
兄貴が全てを持ち去ったわ

香港ファミリー(2022年製作の映画)

4.1

よかった。

生きてる人には会える、という強くて切実なメッセージ。

銀河鉄道の父(2023年製作の映画)

3.9

予想以上に良かった。
役者さんの演技がとにかく素晴らしくて、
最初から最後まで御伽噺見たいだけど、しっかりメッセージ性のある映画に出来上がっていた。

賢治の父に褒められたい、認められたい。

という
>>続きを読む

AIR/エア(2023年製作の映画)

3.9

軽妙な会話がとにかく見てて気持ちが良くて、くすくす笑いが止まらないけど圧倒的にスタイリッシュ。

ぎゅぎゅっと洋画のいいところを詰め込んだような映画だった。

生きる(1952年製作の映画)

5.0

名作。
色褪せない。
生きるlivingを見たくてその予習で見たけど見れて本当に良かった。

若き仕立屋の恋 Long version(2004年製作の映画)

3.8

ウォンカーウァイの世界はあいも変わらず美しい。

落ちぶれていく彼女が仕立て屋の男には最後まで淑女に見えて輝いていたのが伝わってきて、それもまた胸に込み上げてくる。

トリとロキタ(2022年製作の映画)

3.7

現代版火垂るの墓、とでもいうべきか。
息もつかせぬテンポそして展開でありながら、最後はなんとも救われない。

ロキタのうだつの上がらないボケットしたところに、イライラするときもあるけど、これこそがリア
>>続きを読む

オットーという男(2022年製作の映画)

3.9

楽しかった!

どんな人にでも「いい映画だよー」っておすすめできる安心感がある。

オットーが車の運転を教えるシーンで、
「君は馬鹿じゃないだろう?」
というセリフ好きだったな。

シンデレラ/3つの願い(2021年製作の映画)

3.8

普通のシンデレラ。
ヨーロッパの極寒の街の景色が綺麗。

主人公も美しい。

何にも考えないでふわりと見れる。

特にひねりはないけど退屈しないし、何回も言うけど映画の中の世界が美しくてみててそれだけ
>>続きを読む

マネーボーイズ(2021年製作の映画)

3.7

映像の美しさ、瞬間瞬間の画に息を呑むけれど、ストーリーとしてはううん…という感じ。
同郷の後輩の感情がわからなかった。

ただ、多分この映画のテーマの、「人のために生きる」という姿は主人公が最後まで貫
>>続きを読む

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

3.8

面白かった。

いろいろ派手なところはありながらも根底を貫いてるのは夫婦愛家族愛。


中国系の移民の米国での奮闘。
そしてその子孫たちの価値観。

そういうものを丁寧に丁寧に底に詰めてるから空中分解
>>続きを読む

黒の教育(2022年製作の映画)

3.9

大阪アジアン映画祭にて。

凄まじいイケメン三人出てきて何すんのかなあと思ってたら、

おいおい「黒」の教育ってそういうことかよー!

中国語で極道って黒道なんだけど、黒は黒でもそっちの黒か…。

>>続きを読む

過去負う者(2023年製作の映画)

3.9

大阪アジアン映画祭にて。

途中まで、どうしようもないクズだった轢き逃げをしてしまった男がどんどん心の中を見せて泣き崩れるシーンで私の感情も崩壊。

いやー、軽い気持ちで見に行ったけど考えさせられる映
>>続きを読む

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

4.0

「スピルバーグだし、アカデミー賞ノミネートだし。映画好きなら見とかないとなあ」くらいの温度感で見に行ったんだけど、

いや、本当に素晴らしかった。

あー、こんな経験したからこんな映画撮ったのか。
>>続きを読む

子どもの瞳をみつめて(2022年製作の映画)

-

大阪アジアン映画祭にて

NHKのドキュメンタリーみたいなのを想像して見に行ったけど、
これはやっぱりドキュメンタリーである前に映画。

「子どもの瞳を見つめて」

というタイトル通り、子供の瞳と向き
>>続きを読む

>|