すわんさんの映画レビュー・感想・評価

すわん

すわん

サスペンス、スリラー、鬱映画が好き

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.9

中学生かと思いきや高校生だった。
出てくる人みんなかわいらしい。特に弟くんが可愛すぎてもう。
ストーリーもだけど、音楽とかなんか雰囲気がすごい好きな映画だった。

パズル(2013年製作の映画)

3.5

血まみれの夏帆が超かわいい。
グロいんだけどポップ。
夏帆の不安定で壊れそうな感じから、いやそっち振り切れた!?感が良い。野村くんと夏帆の危うい関係も良いです。

恋空(2007年製作の映画)

3.2

最近の少女マンガ原作映画よりも振り切れている、あまり有り得ないありきたり設定。
小出くんがめちゃくちゃいい人役をやってました。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.5

終始腹立つ。
母親の愛が足りないだけで、人間って小さい頃からこんな風になるのかな...最後、ケヴィンは傷ついたようにも見えるけど、そこまで計算だったら本当にやべぇなこいつって思った。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.5

まんまと引っかかった。
キャストのイメージにつられた。
大泉洋と堺雅人が逆だったら、なんとなく結末が予想できたかもしれない。やられた。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.2

世界が衝撃。たしかに。
話の繋がりが見えなくて衝撃。
いろんなことの原因がわからない。伏線の意味が読めない。
ただこの女がやばいことだけはわかる。この女がやばすぎるだけで、引き込まれる感はある。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.6

いちゃいちゃ。ぽっ。っていやもうお互い好きでしょ。両片思いでしょ。早く付き合っちゃいなよ!
っていうかなり地味じれったい感じだけどそこがとても良い。なんかじわじわキュンとくる。じわキュンてやつですな。

斬撃 -ZANGEKI-(2009年製作の映画)

2.5

オヤジ、ゾンビ、という私の好きなものが詰め込まれてそうだなと思ったので観てみたら、なんとのんびりしたゾンビ映画。
ゾンビが進化していくっていう面白い展開なはずなのに、だからって何か起きるわけでもない。
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.4

予備知識なしで見たら、予想してたのと違う展開で驚いた!
なんて悲しいお話なんだ...
戸田恵梨香のキャラがしっくりこなくて違和感。

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)

3.2

ハンヒョジュが可愛かったことと、超泣けた気がするけど、ストーリーあんま覚えてないな。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.8

映像が暗いし、ぐちゃびしゃ描写だし、話も重いし、なにより母親の愛が激しく重い。
母親の愛を知らない主人公が、自分に向けられている愛じゃないのに愛を知っていく感じが、とても悲しいなと思った。

さんかく(2010年製作の映画)

3.6

パッケージからは想像つかない、非日常なサイコホラーのような、実はそのへんにいるカップルの日常のような、なんかへんな気持ちにさせられる気持ち悪い映画で、とてもいいと思います。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

武器というのは銃など物理的に人を傷つける悪いものだけではない。世界を1つにしたのは言語という武器。敵同士が味方になれるのは、共通の敵が存在する時。しかし今回攻撃せずに1つになれたのは言語のおかげ。つま>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.3

話題になってたから観に行ったけど、当時の私にはよくわからなかった。
飛行機に集中しすぎて、登場人物の心の動きがよく見えなかった。
解説読んでからもう一回観たい。

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.8

阿部寛ってすごい。
新参者ではあんなにキリッとしてるのに、結婚できない男やったりテルマエ作っちゃったり。

くだらないのに観る価値かなりある映画!

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.1

原作読んだ後に映画。
映像化するとちょっとクサい感じになるかなー。
こんなほっこりする話を書いている有川浩がすごいと思った。

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.6

純愛ですかね。
あれで恋に落ちる意味はわからないけど、放って置けない感じはわかるなー
時計見られた時、超ドキッとしただろうなー好きだもんなー
でもちょっとうるさいよなー

トイレ大事。おっぱい大事。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.9

Ⅵの後にⅦ。邪道ですみません。
突然画面がきれいに!

1ヶ所攻められるだけで滅びるのそろそろ学習したらいいと思うー

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

人種差別映画はたくさんあるが、この映画はただの差別じゃない...いい意味で差別してるけどやっぱり差別はよくない、ていうか頭がおかしい。

ナタリー(2011年製作の映画)

4.0

最後の庭のシーンが最高。
名前忘れたけど胸毛の濃いダサおじさんは最高にジェントル。

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

4.2

ゾンビが好きになる映画。
私もこんなイケゾンと恋に落ちたい。

もう一回見よう。

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.8

デッドコースターを先に観てしまったので、話も結末もわかっているけどおもしろかった。
次は誰か、というより、次はどんな死に方なんだろうとハラハラした。

エイリアンVS. プレデター(2004年製作の映画)

3.9

めっちゃ強いけどアホっぽいエイリアンと、そんな強くないけど頭が働くプレデターの戦い。
個人的にはエイリアンのほうが好きなので応援しながら観ていたけど、やっぱり人間&プレデター側が勝つようになってるんだ
>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

2.9

記憶にない...
けどもう一回観る必要はなさそうなのでネタバレ読もうと思う笑

呪怨(2002年製作の映画)

2.8

話が理解できなかった。
布団のシーンはトラウマ。

着信アリ(2004年製作の映画)

3.5

評価低めだけど、昔観た時はとても怖くて、面白かった気がしてた。
ホラーに慣れた今観たらどうなのかなー

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.9

当時中学生だった私が観れた一番怖かったホラー。今思えば全然怖くないし、温かいいい話。

強く生きていってくれたらいいなと思う!

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.4

スターウォーズ一気見しよう企画第二弾。

初ヨーダ。あんなキャラだったとは。笑
R2見れば見る程可愛くなってくる。

なんか倒しきれないし、攻めきれないし、フォース極めきれてないし、今回はダースベーダ
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.6

ただグロいだけじゃなくちゃんとしたサスペンス!
ハラハラの展開!
ラストに向けてコウメ太夫化するお医者さん!
みんなの膀胱のデカさに脱帽!

ルームメイト2(2005年製作の映画)

2.8

地味。ありがち。
背を向ける刑事さんが激しく使えない。
良い人が1人もいない映画。

レック2(2009年製作の映画)

3.1

ゾンビ感が少なくてちょっと物足りない。
暗闇の設定わくわく。
けど部屋の電気消すの怖くなる。

相変わらずうるさい!

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.2

多部ちゃんと綾野剛が好きで見始めたのに、松坂桃李に持ってかれた。

レック(2007年製作の映画)

3.6

顔のお肉を引きちぎるところが好きでした。
パブロが好きでした。
非常におっぱいでした。

ビロウ(2002年製作の映画)

3.5

密室しかも水中でハラハラした。
一緒に息止めてしまう感じ。

ホラーなのかサスペンスなのか...なんかコクソンみたいな感じだった。幽霊とか呪いとか、ないはずだって思ってるのに、数々の超常現象に、呪いな
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.7

スターウォーズ一気見しよう企画第一弾。

おじいちゃんが天の声になったの受け入れるの早いな笑
王女様お口が悪すぎます

>|