たけださんの映画レビュー・感想・評価

たけだ

たけだ

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

not for meだったけど、音楽とアクションが劇的にマッチしてて爽快な映画でした。

ガタカ(1997年製作の映画)

4.2

前時代からみた近未来のような舞台の作り方が、主演3人の正統派な美しさと相まって完成度を上げている。

差別へ立ち向かう男の話。今作では遺伝子上だけれども、階級や人種でも同じなので、不変的なテーマになっ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

2.7

ステレオタイプの描き方がイマイチ乗り切れない……。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.7

人を愛するという事を、繊細なタッチで描いていて素晴らしかった。

どれだけ鎧をつけたとしても、特別な相手の前ではあの頃の自分に戻ってしまうんだ。切ない。

グッド・バッド・ウィアード(2008年製作の映画)

3.7

良悪変ってか、冷酷自由狂気じゃないですか……?アクションのバリエーションに富んでいて楽しい!


あとで知ったけど、元ネタは『続・夕陽のガンマン(The Good, the Bad and the U
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.5

娘を取り戻すために文字通りあらゆる手段を使う父親。頼もしいけどこ敵にしたら怖すぎる……。

非道なくらい障害をなぎ倒していかく様は爽快!

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.3

ゆるいゾンビ恋愛物語。ゾンビ物でこういった完全なハッピーエンドは珍しい気がする。

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.5

記録用。後日編集。

ストーリーの主題が何本は平行して進んでいるので、他のエドガーライト作品より複雑になっている。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.7

正統派ラブロマンスにゾンビを上乗せ。主役2人は格好良く、姉カップルは可愛い。

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

4.0

甘い人生を観た後だと、ビョンホンが幸せになってくれて嬉しいよ……。

支配的でホモソーシャルな社会に立ち向かう話。観賞後スッキリした!笑

甘い人生(2005年製作の映画)

3.8

苦味99%の人生だからこそ、1%の甘味が引き立つ。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

アニメ版原作に忠実だけど、ちゃんと価値観や見せ方のアップデートがされていたので、かなり満足。

ガストンが最悪のヴィラン(しかしリアル)の描写や、ベルの聡明に加え勇敢さなど、以前より強まっていて説得力
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

2.9

映画自体は大味だけど、浅野忠信の活躍ぶりがかなり良かった。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.0

ツッコミ所もあるけどSFスリラーとしては良かったかな。映像も美しい。

ラストはエヴァ視点になる事によって、実は彼女の物語だった事に気づかされた。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

前編より完成度が高かった!

原作から改編した部分も、整合性が取れてかつ分かりやすくなっていた。あと、やっぱり伊藤英明と豊川悦司がすごく良かった!

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.9

ゾンビ映画として秀逸かつ、人間関係(家族、夫婦、姉妹、友人)のドラマでもある。

展開も次々変わって飽きずにずっと楽しめた。(寓話的な部分もあるので、ストーリー自体は正統派な印象)ちなみに号泣した。

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.0

ジェレミーの可愛さと格好良さが爆発!

しかし、魔女の扱い(黒魔女、白魔女どちらも)酷くない??

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

4.0

アメリカ版シャーロック・ホームズ。

さすがにガイ・リッチー作品といった独特のスタイリッシュ&アクションが楽しい!

主人公2人もチャーミングで、監督本人もインタビューで『(聖典ではむしろトリッキーな
>>続きを読む

>|