tkmさんの映画レビュー・感想・評価

tkm

tkm

映画(167)
ドラマ(0)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.0

ワンカット風の劇中背景によりリアルな緊迫感を感じられた気がする。
余計な台詞回しやストーリーがなく戦争背景は理解しやすいが、その分人物の感情表現が僕にはあまり読み取れなかった。
技術力は高いのかもしれ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.1

取り調べシーンは圧巻
終わり方があまり好きじゃない

ラストレター(2020年製作の映画)

4.2

映像の美しさに圧倒
広瀬すず森七菜の透明感も美しい
特に校舎で雨の中2人に出逢うシーンは鳥肌が立った
ゆっくりと流れる時間もあったけどつまらないと感じる事はなく心地良い感じ

バクマン。(2015年製作の映画)

3.2

映像が凄い
漫画での現実的ではない恋愛が欲しかったなー

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.3

あまり今の心情とマッチしなかったのか入り込めなかった

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.2

熱量が半端ない
役者陣の演技のぶつかり合い、撮り方ドキドキハラハラさせられた
気づかない内に力が入っていて見終わった後の疲労感が凄い
邦画のキラキラした恋愛映画より確実に好みやなー
エンドロールの写真
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

脳内妄想ストーリー
ほぼ共感は出来なかった
コメディ的には良かったと思うけど恋愛要素はあまりかな

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

その時代のカルチャーも感じられ、タランティーノらしい小ネタも多く笑えて楽しめた作品やった
シャロンテート事件の下調べは重要
ダラダラと過ぎる場面もあったけどポランスキー作品を見ていたりなどその時代の予
>>続きを読む