たぬきんぐ

たぬきんぐ

  • List view
  • Grid view

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

3.6

ユーモアに溢れて楽しそうなシーンもあるかと思えば現実を思い知らされて苦しくなる

ポジティブに生きようとするこの家族が愛おしい

甘き人生(2016年製作の映画)

5.0

内容自体は大した事ないはずなのにどうしてこうも胸に引っかかるんだろう

小さい頃の記憶ってふとした時に鮮明に蘇るんだよね

家族の肖像(1974年製作の映画)

1.6

難しくて分からなかった
何年か後に見れば理解できるのだろうか

母親の眉の細さはその時代に流行ってたのかな

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

4.0

ジョジョ大好きで三池崇史監督が実写化するって聞いた時は絶望したけど意外と良かった
一回絶望したから楽しめたのかな

コスプレ感は消えないし
全員筋肉足りないとか
色々あるけど、個人的には楽しめた

>>続きを読む

人類遺産(2016年製作の映画)

3.5

廃墟好きだと思って見たら思ってた廃墟と違うのがたくさん出てきた
マニアの映画だ...
廃墟好きだなんてもう一生言えない

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.6

主役の人が聖人だと思い込んで見に行ったもんだから予想外に人間らしく男前で驚いた
迷いながらもひたむきに修道女達を救う姿が美しかった

ローサは密告された(2016年製作の映画)

2.2

フィリピン怖いぞ

ドキュメンタリーみたいで余計に現実感があって怖かった

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

5.0

服装がみんな可愛すぎる

ファニーは周りの子と比べて冷静だっただけで甘えられる相手さえいれば泣き叫んでいたんだろうな

ラストの手紙の演出は胸が苦しくなる

海辺の生と死 (2017年製作の映画)

3.6

間が長いですが無駄な間ではありませんでした

狂おしいほどに誰かを愛せたら幸せだろうな

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.6

変身するまでひたすら長い
戦隊モノとしてじゃなくて青春モノとして見れば面白いです

ブラックは俺だろってくだりはユーモア抜群ですね

ゴーゴーパワーレンジャーって曲が流れた時はちょっとワクワクした

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち(2016年製作の映画)

1.7

眠かった

バレエは好きだけど物凄く詳しく知りたい!というわけじゃないから余計に辛かった
舞台裏が見られたのは面白かったけど、兎に角地味

コンテンポラリーの良さが分からないので辛かった

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.0

ベタベタなコメディでした

ご都合主義な展開ですがみんなハッピーで良かったです

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

4.2

前半部分は正直退屈だったけど後半でがらりと印象が変わった

気づけば2人の絆がとても愛おしく感じる

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.3

定期的にこういうおバカ物見とかないと精神的にダメだなと思った

そんな事ある訳ないだろ!な展開が次から次へと
おバカ過ぎてイラっとしない事もない

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.4

美しくて危うい
そういうのが1番綺麗だと感じますね

バレエの知識全くありませんが、セルゲイがずば抜けているのが素人から見ても分かる

天才はいつも孤独ですね

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

1.9

初のパイレーツ鑑賞

やっぱりシリーズ通して見るべきなんだろうな
いろんな事が分からなかった
ジョニデは脇役なの?

ふと、ローンレンジャー思い出して見たくなった

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.2

主演の方が綺麗だった
体当たりな演技してますね
なのにパッとしないのなんでだろう

最後まで見終わった後に意見が分かれそうな内容でした

彼女の人生は理解できないけれど間違いではないな、と思った

>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

2.7

セールスマンの死を知っていれば他に何か気づけたのかも
いろいろ考えさせられる内容だった

後味もあまりよろしいものではない

銀魂(2017年製作の映画)

3.2

銀魂に関してはクオリティ高かろうが低かろうがノリとテンションさえ保てれば及第点と思ってたので、まあ満足です
自分の好きなキャラが出てなかったという点も大きいかも

銀魂特有のノリが寒いと感じる人は最初
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

1.2

エレン達が巨人になった時に中の人の顔写すことによってロボ感出てた

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.3

圧倒的に足りない原作愛

何も原作に忠実にストーリーをなぞれというわけではなく、ね

ミカサにマフラーをあんな軽い感じで渡してほしくなかったし
ミカサがエレン愛なさすぎ

全キャラクター達の戦う動機が
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

最後の本人インタビューで涙が止まらなくなった

神に守られていたとしか思えない
その後奥さんと穏やかに過ごしてて本当に良かった

戦争の恐ろしさを改めて感じた
日本兵怖かった...

最初の訓練辺りは
>>続きを読む

アイアムアヒーロー はじまりの日(2016年製作の映画)

1.1

役者陣が下手すぎないですか?
言うぞ!ここでセリフ言うぞ!というのが伝わっちゃう

やりたい事はなんとなく分かるんだけど、本編と違ってエンターテイメントな部分がない
dtvちょいちょい気になる作品の番
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.1

悪魔が喋った瞬間何故か笑いの神が降りてきて楽しかったです

天使の羽が美しかった

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.7

邦題で損してる
ジーサンズってダサそうなタイトルだけど音楽もじじい達もオシャレ

実際こんな強盗事件あったら即逮捕だろうけど(笑)

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

5.0

映画館でも見たけど最高!ヒャッハアー!って気持ちになったのでレンタル

ギャグとホラーの塩梅が気持ちいい
彼女と陸上ゾンビ怖いね、いいね!

これ見てから有村架純がめちゃめちゃ好き
猫缶もっと食べさせ
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

4.2

こんな友人がいたら最高に幸せな人生なんだろうなと思える

トルーマン役の犬が撮影後に亡くなってしまったという話をきいてから見たもんだから始まってからずっと込み上げるものがあった

死をテーマにした作品
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.1

主人公が頭いい設定はあってもなくてもどっちでもいいですね
ゾンビの設定も面白くて好きだけど
何か物足りない

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.3

世界観は大好きでした

ダークファンタジーの綺麗な世界は良かったけど終わり方が微妙
完全に好みの問題だけど落ちる所まで落ちてもいいのかなと思ったりして

昼顔(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます。

最後に唐突な死を迎える話はあまり好きじゃない
積み上げてきたものを一気に壊される感ハンパない
いいオチが見つからないから殺したのかな?と思ってしまう

指輪も主人公に見つけて欲しかった
あんだけあの場
>>続きを読む

海辺のリア(2017年製作の映画)

2.0

仲代さんと阿部さんのコントに見えてしまってから笑いを堪えるのに必死だった
リア王知ってたら面白いのかな

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

2.7

何を伝えたいんだろう?

最後の綾野剛がかっこよかった

残像(2016年製作の映画)

3.1

影の主役は娘
女学生はもうちょっと娘に対して優しくして欲しかった

こどもつかい(2017年製作の映画)

1.0

何故この映画を見ようと思ってしまったんだろう

有岡くんが左腕ぶらぶらさせてるのがきになった

>|