kmtksさんの映画レビュー・感想・評価

kmtks

kmtks

過去に観たものに関しては、チェックのみ。
これから劇場で観たものはなるべくレビューしていく所存。
特にこだわりのジャンルはないですが、バカみたいに世界観を突きつけてくる類いのモノを好む傾向ではあります。

映画(688)
ドラマ(0)

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.6

センスの塊みたいな映画。

日本からいい感じの要素を抽出して無駄なく外国映画にした感じ。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

出演者全員の演技が凄い。
脚本や演出、撮影も凄い。
全部が凄いと、こんなにもどっしりとした映画になる。

救いとかどうこうではなく、あくまでリアルな描き方がされていて鑑賞後に絶妙な後味を残す。

ご都
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.4

実際にこういう人がいたらめんどくせぇってなるので映画で楽しむには◎

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

パロディにいちいち笑えたし、アクションシーンもカッコいい。
こんなに笑えて楽しめるヒーロー映画はそうない。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

2.4

もっとこう、全体的にシュッとしてて欲しかったのだがとっちらかってた。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.5

サスペンスとしての緊迫感も、ミステリーとしての謎解き要素もSF的なぶっ飛び要素も今ひとつ足りない、物足りない。
あえて言うなら事件後のちょっと大人っぽくなった広瀬すずの雰囲気が◎

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

何年も何作も重ねに重ねた壮大なMCUの試みが見事に結実した超大作。

あらゆるキャラクターを共存させるためにストーリーはいたってシンプル且つ、劇中殆どがクライマックス級の戦闘シーン。
シリーズ中最強の
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.2

従来のSFで味わった映像美の美味しいところがふんだんに盛り込まれているといった感じ。
観ていて終始、画面の美しさに酔いしれてしまった。
ヒロイン役のカーラ・デルビーニュが素晴らしい。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.1

次世代レーザーIMAX3Dで鑑賞。
映像と登場キャラクターの豊かさは格別。
アニメやゲームだけでなく映画までそのまま取り込むとは。
娯楽度だけでいうと超弩級。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.3

冒険アクションモノかと思いきや意外と軸にあるのは「ブレックファーストクラブ」的な青春ドラマだった。

ハラハラする状況よりはケラケラ笑える状況を楽しむ映画でした。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

2.6

特に盛り上がりもなく、展開にハッとすることもなく気がつけば終わっていた。
かといって退屈することもなかった。
そんな映画。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

序盤は自転車レースなど、かなり迫力があって面白い。
中盤はややダレていく印象で後半も複数行動が多いので一人で黙々とミッションをこなして行くような話ではない。

リブート一作目としてはまずまずの出来だが
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

4.1

短編ながらも凄くスッキリとまとまったストーリーの構成力に映像の綺麗さ。

正直言って「アナと雪の女王」本編よりも好き。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

観ていて大抵の人は結末を予想出来ただろう、それでも凄まじい感動が押し寄せてくる。

ドキュメンタリーやリメイク作品で感動することと同様に見せ方って大事だなと痛感した。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.6

前回は前後編と同時製作だった事もあり、前編での掴みがバッチリだったのに対し後編で妙にボリュームダウンした感があった。

その分、今回は評判の良かった要素を詰め込んだ印象。

期待を裏切らない充分な締め
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

写真家が物語の中心にいるだけあって、画面が終始写真的な配色や構図の美しさ。
雪景や浜辺をはじめ、廃屋や工場夜景まで出てくる。
場面ごとに色づかいやコントラストの強弱もコントロールされていてとても丁寧に
>>続きを読む

>|