kmtksさんの映画レビュー・感想・評価

kmtks

kmtks

過去に観たものに関しては、チェックのみ。
これから劇場で観たものはなるべくレビューしていく所存。
特にこだわりのジャンルはないですが、バカみたいに世界観を突きつけてくる類いのモノを好む傾向ではあります。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.3

ヒトと猿の分布勢力に比例するように物語の主軸がほとんど猿に傾いた今作、序盤の猿だけだとちょっとシンドい放浪パートに幼女を放り込むだけで凄い絶妙なバランス感に。

成人ほど人間らしさが曖昧で成熟しきって
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

これはIMAXで観るかどうかによっても、面白さが変わりそう。

ノンフィクションであうが時間軸の構成によって伏線を生み出し回収するような魅せ方は流石ノーラン。超人的な構成力。
映像の迫力に埋もれがちな
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

こういう事が実際にあるかどうかは知らないが、こういう事が可能なんだなぁという意味では新鮮味を感じた。

犯人による三度目の犯行がなんともいえない後味を残す。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.4

言ってしまえば、所謂SFブラックコメディ。
要所に散りばめられた面白おかしい要素があって、それでいて大事な部分ではきちんと人間の人間性とは何かを意識させる。

長澤まさみの「あぁもう〜ヤんなっちゃうな
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

ストーリー、演技、カメラワークと見所満載で前半はなかなか欧米のホラーでは味わえないような息を飲むシーンがある。

それにしても吉高由里子は娼婦役の時だけ異様に魅力的に見える...。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

2.6

プロメテウスの続きを普通にやっちゃった感じ。
まぁこんなもんやろなと思ってた予想を越えない内容。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.2

本当に単純に古き良きゾンビものを電車でやってみましたって感じなんだけど、それを充分に魅せる演出。
しっかりしたゾンビものって人間ドラマが重要になってくるのだけどそこもちゃんと造られていて◎。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.3

終始、音楽にテンションが高めで保たれつつイカしたワルとカワイイお姉ちゃんが取り巻いてて楽しい映画でした。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

2.8

ちょっとわかりにくい場面展開とご都合主義。
ジキル博士とかで若干ワクワクはするものの...。
ちょっと今後の展開が心配な内容。
こういうユニバース系作品ってもうちょっと何かを振り切った方がいいよな。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.4

お前らスパイダーマンの起源くらいもう知ってんだろと言わんばかりに出自がカットされてピーター少年の孤軍奮闘ぷりがほろ苦い青春テイストで描かれる。
アクションシーンもストーリーのガツンとくるあの部分も平均
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

ガル・ガドット大好き人間にはたまらないガル・ガドット映画だった。
キュートさもカッコよさも含めてダイアナを魅力いっぱいに掘り下げている。
これで今後のJLにも一筋に希望が...。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.8

都合のいい時間に吹き替え版しかやってなかったので吹き替えで観たのだが、その影響かあらゆる場面でコメディタッチな会話劇が展開されていてそこは面白かった。
従来のトランスフォーマーと比べるとワクワク感がさ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.4

数多のバリエーションが氾濫してしまっているSFホラー映画だが、まだこんなのあるのかと感心しつつも、鑑賞中は割とハラハラしながら観れていた。

近年のSFホラー決定版とまではいかないだろうが、駄作という
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.1

妙に最初から最後まで淡々としすぎているのはこの映画の渋さと取ればいいのか。

画面はかなり綺麗で純粋にアクションを楽しむには申し分なしなし。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

特にこれといった事もなく、いつものパイレーツ・オブ・カリビアンといった感じ。

ただヒロインがめちゃくちゃ美人なのとギロチンの下りはかなり新鮮で笑った。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.2

内容自体は2時間ドラマのアタリ回程度に感じたが、入江監督による魅せ方がとても良かった。

ただこの手のサスペンス映画は終盤で妙に緊張感が解けてしまうのが多い。僕の集中力の問題か?

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

誰でも永遠のように感じた"あの日々"というものがあると思う。
こういう映画をみると自分の年齢など気にせずにまた永遠のような"あの日々"を感じたいなと思ったりもする。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.7

従来のX-MEN作品と比較すると一風変わったテイストながらもキレのあるアクション、時折挟まれるコミカルな演出に人情味あふれるキャラクターの関係性などバランスがとても良い。

スピンオフの映画としてはか
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

ジェイムス・マカヴォイとヒロインの表情をとても魅力的に引き出すカメラワークだけで見応え充分。ストーリーも最後まで観ていくと中々の満足感。

シャマラン映画特有のリアリティある世界感にほのかに含まれる異
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

SFではあるが決して王道ではない。
エイミー・アダムスとジェレミー・レナーという配役の程よさは良し。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

音楽から映像から黒人の美しさに満ち溢れている。

カメラワークも素晴らしく、ググッと一気に画面に気持ちが引き込まれてしまう。

マイノリティを扱いつつも制作側の非常に清潔で洗練された画面作りによって、
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

1.9

うーん...何なんだろうか...音楽にも魅力を感じれなかったし(トクマルシューゴは大好きなんだけど...)ストーリーも掴みどころがなかった。

こういった音楽を軸に置いた映画で得れる感情の高揚もなく夢
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.0

ユニークさとイカした音楽が良かったが、話自体にそこまで深みを感じれず。

やはり宇宙モノはスターウォーズかな。

とりあえずアベンジャーズに期待。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

チームのメンバーが減ってシリーズを追って観てきた人間にとっては多少の不安はあったのだが冒頭のキューバのレースでその不安も消え去った。
あのレースのシーンだけでヴィン・ディーゼル扮するドミニクの魅力が余
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

2.7

序盤から中盤にかかっているフィルターの醸し出す古めかしさとテンションの高い暑苦しいやり取りとの対比が非常に滑稽で楽しい。

全体を通すと可もなく不可もなくで腹七分目くらいの満腹度。

ただ、誰もが首を
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.4

一般的なアニメーション作品で時折、挿入される不可思議な妄想シーンやトリップシーンが終始続くといった感じか。
それらに対して疲労感を感じるどころか異様な高揚感が持続し、芯からポカポカとあったまる。

>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

2.4

対局のスリリングさも前作で慣れたのか、ドラマティックな展開が少し薄味だったのか、可もなく不可もなくといった感じ。

前後編をぶっ続けで観ると間違いなくダレると思う。そういう意味では分けて正解。長尺の後
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.9

日常の繰り返しから徐々に積み重ねられていく主人公の不安定な心模様。

青春の煌めきと崩壊。

ギリギリの社会で暮らす子供達の心のギリギリ感。

あくまで非日常ではなくその街の日常を突きつけられ、4時間
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.3

普段、漫画を見ないので原作は未読で鑑賞。
各人の掘り下げ具合や人間関係のバックグラウンドなど色々と端折ったのだろうという部分もあるがその分、重視したであろうシーンはかなり役者の演技力に委ねている。
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.6

SF特有のエンタテインメントも楽しませつつ人間の内なる心の脆さも若干シリアスに見せる。中々いい按配の映画だった。

重力表現も面白いし、幾つかの重複して出てくるシーン演出も良い。

ツッコミどころもこ
>>続きを読む

>|