えめっとさんの映画レビュー・感想・評価

えめっと

えめっと

えいがでできてる

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.3

見逃してたぁ。
完全に出遅れてたぁ。

映画好きな友人誰に聞いてもみな同じ反応…とっくに観てるし。なんなら面白いからみてみーておすすめしたし。
うーん、なるほど!!!
全く記憶にない!!

いやでもこ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

一瞬ね、一瞬だけ、
戦場にコスプレイヤーが迷い込んだようにみえました😂

わたしが映画を見るのが遅かったせいで、わんさか出てくるワンダーウーマンのコスに見慣れすぎたせいで、逆に仮装感が出てちょっともじ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.6

こういう答えの出ない、
本人も彷徨ってるような映画が好きだし、
間違いだらけな方が人間らしくていい。

ジェイクの真っ黒に微睡んだ瞳は昔からすごい。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.7

なんともいえない、すごくよかった。

乗り越えることができなくてもいい、
明るく振る舞う必要も、
新しい恋へ向かう必要もない。
誰かに指示されることなんてない。
しなければならないこともない。
悲しみ
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

こじらせてるー、
こじらせてるよー。
すきっー!

ちょっとなんか言われただけで、
ギャーギャー噛みついちゃう。
猛反発してしまうのは、
まあ、、自分に自信がないから…
狭い殻の中からなかなか出れなく
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.6

小学生の頃、
ニヤつく父親に観させられた記憶。

初めはわけもわからずただ、
恐ろしい展開にガタガタさせられ
最後膝から崩れ落ちる2度と忘れられない盛大などんでん返し(当時は)

ものすごいトラウマだ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.8


誰しもが、今の場所に息苦しさを感じて
どこかに行きたいけれど、どこにも行けないなんて思ったことがあるだろう

そんな風に狭い町で引っかかったように暮らし、どこか老いたようにあきらめ、暗い目で苛立ちを
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

白黒の写真でみる戦争
人が死ぬ戦争
戦闘機、戦艦、上陸、爆撃、墜落
人が焼けて残った影。残骸。

戦争の映画が昔から嫌いだ。
悲しいに決まっているからだ。
虚しい。救いがない。灰色の遠い世界。

実際
>>続きを読む

オーバー・ザ・トップ(1987年製作の映画)

3.8


腕相撲でそんなに盛り上がるの?って
半笑いで観たら面白くて泣いた😂

スプリット(2017年製作の映画)

4.6

頼むからネタバレしないで、、
って思うのと同時に、
自分は激しくネタバレしたい衝動に駆られる、
シャマラン大好き系の、
シャマランリスペクト系映画です。
面白かった〜

ラストは、いろんな意味で期待で
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

地元にこっそり帰って、
元彼にばったり会うんじゃないかとか、
すごく嫌な奴だった先輩が地元のさびれたスーパーでパートしてるの見つけちゃったりするのと似てるこの懐かしくてドキドキする感じ!!

みんな、
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.8

穏やかで、悲しみと家族愛に溢れた告白シーン期待してた?

怒ったり、怒鳴ったり、
話遮ったり、バカにしたり、
昔話ばかりしたり、
怖いんだ、。ってアントワーヌが言って、
家族の気持ち全てを語ってた。
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.4


サイモン・ペッグ見てると、安心する。
アホみたいに笑いながら観れる映画です。

ロビン・ウィリアムズが吹き替えしてるっていうのもまた好感度高め。

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.7

こうあるべきっていう牢獄に
自分で入り鍵をかけてしまうタイプの映画

少しづつのボタンのかけ違いで、
ここまでおかしなことになってしまうんだ

そして、誰しもがこうなってもおかしくないっていうのがいち
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.8

アダム・ドライバーと、
アンドリュー・ガーフィールドが更に痩せて、それだけで涙が出てくる映画でございます。

なぜこんな苦しみがあるのか、
問うてみても、神はずっと沈黙したまま

今ではしっかり日本に
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.1

画面から溢れ出てきそうなLEGO!

このパーツうちにもある!
なんていう地味な興奮から、
こ、こんなロードオブザリングの、
サウロン、サウロンまでLEGOになっちゃうの?!
っていう激しめな興奮まで
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.2

はじまりはすべて!


スーパーパワーがない。
あるのはお金。
それからとても忠実なアルフレッド。

人への懐疑心や、悲しみと憎しみを拭えないままスーツを着ているので、
決して、清らかな心ではない。
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.4

また観ちゃったな〜
今日は雨、絶好のミスト日和🤗
🕸🕸🕸🕸🕸🕸🕸🕸🕸

かなりキテるモンスターたちと、
胸糞ラストは知っているので、
今回は人間ドラマに注目。

ヒーロー来ない。
冴えてる提案、奇跡な
>>続きを読む

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

3.4

うん。このストーリー、好き!
(よくあるやつかもしれないが)

お化け屋敷みたいなおうちに引っ越すことになって
前の住人には大いなる秘密と謎!
のんびりクッキーとか食べながら観たらいいと思います。
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.3

記憶があやふやだったので再度。

わたしは戦争を知らない。
映画を見てもよく解らない。

大儀の旗の裏に、何かを隠しているような気がして、
名誉を飾って目をそらされているような気がしてならない。

>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.5


愛と時間と死という、
「もの」にあてて手紙を書くと、
それらが人のかたちで会いにくる。
それぞれが手紙への回答と、意見を引き連れて。
(実際彼らは存在したのか、どうなのでしょう)

中でも、個人的に
>>続きを読む

海辺の家(2001年製作の映画)

3.8

ハリボテから本物の家にするまでの工程が楽しい。
一つ一つ組み立て、補修していく。

やっぱりお父さんって、
最初から最後までエゴな存在ですよ。

なんで勝手に癌になってやがんだよ。
勝手に余命告知され
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

4.7

あんまり高くに行きすぎた
きみが最後に見るものを僕は知らない
きみと友達になる夢を見た
夢の中では上手くやれてた
口に出さなくても想いは届く
今度こそは上手く行く気がする

まぶしい人/ハンバートハン
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.2

あるベジタリアンの子が、
「私は肉を食べない。
肉の味は、殺される時に動物が出す恐怖心の味だから」
と言っていた。
🌿🌿🌿🌿🌿

当たり前のように食べている裏側には
殺戮と無慈悲な暴力がある。

クリ
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

5.0

何回も観てしまう〜


記憶を消しても好きになるのは同じ人
やり直してもリセットしても、
求め合うのは同じ人。
🌿🌿🌿🌿🌿


ジョエルの記憶の中を、
クレメンタインのヘアカラーが彩る。

彼は抗う
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.1

備忘録

アホ学生時代、
暑苦しさ全開の友人に映画館にひきずられるようにして強制的に見させられた記憶がある。
大丈夫、大丈夫だからっつって。
(同時期に見た東京ゾンビの浅野忠信のツルツル頭がちらつく)
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.6

よくもこの本を実写化したな
という恨み心から見てみたら、
言うほどひどくないじゃないか。

船長のヒゲの感じとか、
CGすごいなぁ。
あの双子もマヌケのままだし。
絵本のまんまのキャラクターがみんな膨
>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

4.0

彼女が歌うシーンに全てが濃縮されている。
母親としての、女性としての
苦悩と喜び。

>|