onamiさんの映画レビュー・感想・評価

onami

onami

映画(227)
ドラマ(7)

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.6

お母さんのシーン号泣

1より今回はSF要素強め。
そしてたくさん笑いました。

最後w 絶望でしかない

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

これは面白い!!

殺されて生き返っての無限ループに絶望するけど、最後は救いがあってよかった。
後味スッキリで安心。

なんかこの時期に観ると、いろいろ考えさせられるな。

主人公がちゃんと戦うのも、
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.7

白鳥の湖リアル版
人間の欲とか毒っ気をもっと盛り込んだらこうなるって感じ。

ニナが役に呑まれてるのも、完全にオデット(白鳥)と同じ状況になってしまってるのも、プリンシパルなら少し分かるリアリティーさ
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.8

楽しいお話を語れるお父さん素敵。

親の偉大さとか子どもに対する愛を子どもが気づくのにはなかなか時間がかかるものよね。

最後はボロボロ泣いてしまった。
ティムバートンの映画は世界観が魅力的なのはもち
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.8

まさに悪カワ!
向こう見ずなハーレイが可愛く、しなやかで強い!

ジョーカーの狂い方とはまた違った、世間で言う普通な面を持ち合わせながらも楽しく狂った感じがめっちゃ良い!

男子が急所蹴られてぶっ倒れ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

なんか切なかった
ゴズの出演作にハズレ無し

色々考えさせられる
近未来な街並みと汚染された地球環境が暗ーいけど、とても惹かれた

アナデアルマス演じるJoiが魅力的

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.4

ワカンダよ永遠に!

マーティンフリーマン以外黒人のキャスト! めっちゃかっこいい!
衣装がクール

マイケル・B・ジョーダンに心奪われた

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

何やこれw
ちょっとB級感

悪魔になったトムクルーズが今後も何かモンスターと戦うのかな、、笑

アマネットの設定とデザインがとても好きです

16歳、戦火の恋(2018年製作の映画)

3.7

ナチスはユダヤ人だけでなく黒人、同胞までも差別して殺していたと、、
しんどすぎる。

ジョージマカイ、、悲しい
レイナとお腹の子ども、母親と弟が生きてただけでも救われた。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.4

聞いてた評判のわりには楽しめた!

アリータの動きや肌の質感が凄い。
そして強くて魅力的。

ただこれ2に続くのか?ザレムやアリータ誕生の詳細がイマイチ分からない。

キャラの殺され方がみんな残酷なの
>>続きを読む

おもひでぽろぽろ(1991年製作の映画)

3.3

音楽が良い

昔の自分がした嫌なこととか嫌だったこと、後悔って楽しいことは忘れちゃうのにそれだけはずっと心に引っかかるよね。

タエ子の家族が嫌すぎる。笑

雨の日と曇りの日と晴れ、どれが一番好き?

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.8

次郎と菜穂子のストーリーはロマンチックながらも、寂しさを感じた。

若い人こそ観るべき内容だよな。

ドイツ人の満洲国作る 忘れるの台詞はグサグサくる
日本には忘れてはいけない繰り返してはいけない歴史
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.4

ピーナッツバターとクッキーのシーンが可愛すぎるし笑った

ブラピ美しい〜

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.3

無事に体調悪くなりました。
こんなに鬱な気分になる映画初めて。

頭痛と目眩を引き起こしてます。

幻覚の描写がよく怖い夢で見るのと同じ描写とかあって怖すぎた。
アリアスター怖い。この監督人の恐怖やそ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

ライアンジョンソンやるな
なかなか面白かった

最初に容疑者わかったけどどうするんだ!って思ってたらまさかの!そういうことねと、、
ライアンジョンソンやるな。2回目(こういう何回それやらすねん言わすね
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

自分も戦場にいるかのような感覚に陥る。
爆発音や銃声、戦闘機のエンジン音に耳を塞ぎたくなる。

死体とか美術セットがかなりリアルで、恐ろしさの中にも美しさもあってサムメンデスやべぇってなった。

ジョ
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.3

これは、、
噂でよく聞く、一度インドに行くと気が付いたらまた来てたっていうあの現象か。笑

最初は向いている方向がバラバラな3兄弟が、異郷インドで絆を修復していく。
母も父の思い出も全てインドに放っぽ
>>続きを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.0

ノアバームバックの作る映画は音楽がどれも素敵だな。
使ってるフィルムも黄色味がかってて好き。

肉親同士の会話とか相手に対して思ってることって結構どこもあんな感じだよな。

みんなキレてる時に映像ブッ
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

2.8

設定とかは正直ありきたりな感じで特段ワクワクするわけでは無かったけど
アクションシーンがめっちゃ良い。

最後意味わからなかったの私だけ?

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

2.9

確かに美しく残酷にぶっ殺してた。

痛くてグロい描写が容赦なくて途中笑ってしまった
追いかけっことd**kのモザイクはしんどい

主人公と根性焼きがかっこいい

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.0

これを見た後夕飯の支度をしたんだけど、
匂いで吐きそうになった。

これは世の中にベジタリアンを増やそうとする魂胆か?笑

姉妹の容姿が美しいのが逆に狂気。
あと喧嘩シーンの獣っぽさは間違ってないなと
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.8

いろんな意味で呪われた作品

ドン・キホーテという物語自体が恐ろしいもののように感じてきた。

アダムドライバーがテリーギリアムでもあったのか…
どこからどこまでが妄想で、どこからどこまでが現実なのか
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

ボロ泣きだった

戦争がいかに馬鹿げたものかという考えを押し付けるのではなく、ジョジョ、観客自らに考えさせるものだった。

コミカルだけど決してホロコーストを軽視してるのでは無い。コミカルでリズミカル
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.5

アマンダが夜中に泣いてしまったり、ウィンブルドンで母との会話を思い出して涙するあたりが本当に胸が引き裂かれる思いになった。

母の物を捨てないで欲しい気持ちも凄く分かるし、もうとにかく切なすぎた。
>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.4

空の美しさと恐ろしさ

高所恐怖症の人はあかんやつかも、、

エディとフェリシティの演技には毎回やられる。
本格的に空で撮影してたとは、、フェリシティはまさにアクションスターでもあるな。

最後の傍観
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.7

怖っ、、

AIと人間の関係がいつかこの映画と同じことになりそう。

アリシアが美しい。

エンドロールのテンションがミスマッチすぎでは?笑

ザ・レポート(2019年製作の映画)

4.0

これが事実を基にした話って、、やばいな。
ここまでの物があるかは分からないけど、日本も隠蔽してるものが腐るほどありそうだなと思った。

悲惨な歴史を繰り返すのは、1度で学ばないから。
そして最後のジョ
>>続きを読む

ラブリーボーン(2009年製作の映画)

-

久しぶりにこんな泣かされる映画観た。

ただ最後すっきりしないし、警察が無能すぎる。

憎しみから解放されて幸せになることを選ぶのって、そう簡単に出来ることじゃない。

シアーシャ・ローナン可愛すぎる
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1997年製作の映画)

4.0

ジョジョラビットを観る前に。

息子のために楽しい嘘をつき続けるお父さん。それが逆に切なかった。

めっちゃ笑えるんだけど、悲しすぎるのでもう観れない。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

多感すぎる、思春期の痛々しさが可愛く思えた。

高校生までのあの狭い社会で人間関係を築くのって難しいよな。

母と娘ってなんであんな衝突の仕方になっちゃうんだろう。私もあんなだったわ。
無視しないでよ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

私はSWの世界観が大好きだ。

よく考えたら、スターウォーズって戦争映画でもあるんだよなと思い出させられるシーンが割とはじめの方にあって泣きそうになった。
ハンソロも元はファミリーネームが無いのも泣い
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.7

18世紀イギリスの階級社会とか常識みたいなのに、おぇーって思いつつもなかなかロマンチックで嫌いではなかったです。
素敵な小説を読んでるような気分だった。

相手の最初の印象が悪い方が、後々良いところと
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.3

変な映画だったな。笑

これから好きな事をしようとしてる身としてはなかなかグサグサ刺さる内容だった。

ドーナルグリーソンはヘタレな感じの役柄多くない?

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

どう言葉にしたらいいのか分からない。
めちゃくちゃ強烈、そしてテンポが良い。

日本の貧富の差ってまだここまでではないかもしれないけど、だんだん他人事ではなくなってきてるかもね。

正直ソンガンホ先輩
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

レオ様とブラピというだけでもう100点よ

と言いつつ、世間の評判ほど私はそんなにハマりはしなかったかなぁ。

事実は小説より奇なりってか、、
怖かったー!

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.5

日本への大きい愛を感じるのと共に、ちょっと馬鹿にしてるのが面白い。

日本の陰のある捉え方が結構的を射てる気がする。

動物・児童虐待、環境問題などの問題提起もされてて見る価値あり。

犬と暮らした事
>>続きを読む

>|