ちゃきさんの映画レビュー・感想・評価

ちゃき

ちゃき

映画(186)
ドラマ(1)

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

青ジャケおじさん……!!

主人公と子供だけではなく、周りの人間にもスポットが当たるのがゾンビ映画らしい。

胸糞おじさんはかつて自分勝手だった自分自身であり、最後には娘との思い出を胸に飛び込む場面が
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公と蟻に対する愛着が湧いてくる。

小さい身体で闘うので戦闘が派手でもスペースを使わないので面白い世界が観れた。

コミカルなシーンも多くて見やすいが、敵の死に方がエグい。

ヒロインがあまり可愛
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ああ〜〜下ネタ加減とパフォーマンス最高だった


ペンタトニックスが出演してて興奮した

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

筋肉ついたイケメンバカがとても可愛いのだ。

初代のオマージュシーンやキャストが出演していてニヤニヤした。

今回は女性ゴーストバスターだけど、アクションや下ネタもあって面白かった。

カーゴ(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

短編版を観てから鑑賞。
可もなく不可もなくで、ゾンビのビジュアル、感染が進行し耐える父親はなかなかカッコいい。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

いや〜〜〜〜よかった。
人間味あふれる。

綺麗な作画と対照的で登場人物の心情や表現が生々しく、等しくいい意味でイラつきを覚える。

障害を持ってる子との純愛青春ラブストーリーとか思ってたら、思った数
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

凄く好きな作品になった。

ホモ目当てな邪な気持ちで見ていた2時間前の自分が恥ずかしくなった。

マルコも2人と同じように居場所がなく、受け入れてくれる人もなかったのに、やっと受け入れてくれた家族がゲ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ハリポタよりサスペンスな雰囲気が強く、ラブロマンスも濃くなっているため大人向けな印象。

雨のシーンは切ない。

期待してたより魔法や魔法生物について楽しむ要素が少ない。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

やっっっと見た。

途中で何度か停止ボタンを押そうかと思うくらい辛かったけど、セルマにかかる厄災と空想の緩急がつけられているので、最後まで観れた。

意外にもそこまで胸糞にはならなかった。

セルマの
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ライチ光クラブでビビってたら、全く路線が違う作品で白かった。

原作をだいぶカットしてるらしく、サブキャラ達がただ画面にいるだけのこともあった。読まねば。

ホモい。

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

5分に1回くらいにご機嫌なミュージカルなんだけど、人種差別をこんなに明るく否定して、さらにそれを変えていこうとするトレイシー達がカッコいい!

ナチュラルに差別が出てきて、悲しくなったり歌で元気になっ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

天使にラブソングをといい、バーレスクといい……これだからやめられねぇ!って感じ

あと、不憫なキャラが報われるってのは心から嬉しくなる!

ただ、バスボイスが努力とかではなく結節を取ったため覚醒には少
>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こういう類の映画を万年に一度観る。

ギャグシーン、桐谷美玲の顔芸やライバルの裏表ある性格を楽しんだ。

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーは特にこれといってないけど、アクションやCGのゴリ押しは迫力があって良かった。

スマホで見ると何が映ってどうなってるのかイマイチわかりにくいので、大画面で観る用。

ギリシャ神話の素人でも
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく美術が綺麗。そこがポイント高い。

あそこから奥村先輩とくっついたツカサはやり手。

ライオン・キング3 ハクナ・マタタ(2004年製作の映画)

4.5

3部作で1番軽い気持ちで観れる。

1より前の、ティモンの過去に焦点が当てられている。1のあの場面が伏線だったとは……!と楽しめる部分も沢山あり、笑える。

ライオンキングのスピンオフ作品。

ライオン・キング2 シンバズ・プライド(1999年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

内容が前作よりも生き死に関わる場面が増えて重い。

コブがキアラと同年代と考えると、スカーの本編には描かれていない部分を想像したり、歳の割に頑張ったなとか考えたり。

ライオン一族の派閥争いが完結する
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

文句なし。

アフリカ!って感じの音楽が心を湧き上がらせる。

ムファサの威厳が凄い。こんな兄がいたらスカーおじさんの性格が捻じ曲がっても頷けるし、それを正すのが息子のシンバというのも運命。

王座を
>>続きを読む

ガフールの伝説(2010年製作の映画)

4.1

滅茶苦茶かっこいいガチのフクロウ映画。

よくあるお子様向けのアニマル映画か〜とか思って観ると、いつの間にかロードオブザリングの世界に心が狩り出されてる。

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.4

お菓子食べたくなる。

ゲームの中の交通手段や世界観、懐かしい日本のゲームが出てくるのが見てて楽しかった。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

すごく怖かったし、血の海と波のシーンは気味の悪さに具合が悪くなりそうだった。

映像と音が怖い。父親の狂気が怖い。ホテルに住む霊?も怖い。

自分がたまに見ていた怖い夢を見てるようで、できれば二度と見
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.7

普通にいいラブストーリーだと思う。

2人の間に溝が出来てからがすごく面白い。

実話系の中でもお気に入り。

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

玉城ティナ以外の演技も上手ければもっと楽しめた。

真面目にふざけて誰も救われないのイイね。

登場人物全員にイラつく楽しい映画。友達と見たかった。

96時間(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

娘を思う父親の力!!強い!!渋い!!

冒頭の娘がさらわれるシーンが電話越しで、怒りを増幅させるいいシーンだと思う。

自殺サークル(2002年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前に鑑賞。自分には合わない。

自殺シーンのグロさのみの点数。

内容については、意味も何も感じられなかった。終盤のいろいろ質問されてるシーンも一欠片も理解できないどころかイライラした。

西遊記(1960年製作の映画)

4.1

祖父からVHSで貰った。

この年代でこのクオリティは、今思うと凄いとしか。

幼児時代に初めて観たけど、三蔵法師の美形が怖かった。

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ライバルのリーダーが良い声なんだよなぁ……。

サリーとマイクの過去が知れてよかった。

最終戦は、振り向いたらそこにいる彼が一番怖いよ。

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

5.0

昔観てから、しばらく自分の家の押入れの向こう側に対する妄想に拍車が掛かった。

キャラクターがみんないい!

天敵だと思っていた人間の子供に歩み寄っていくサリーにほっこり。

マイクを演じる爆笑問題の
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本当に上司がヒドイので、スッキリした気持ちで観れる。

下ネタを挟みつつ、ピタゴラスイッチみたいに話が展開していくので、あっという間に終わる。

主にパワハラ上司のおかげ。3人とも適度に抜けてて仲良く
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.2

1%でも今後の生き方の参考にしようと思えればお得な、笑える楽しい映画。

起承転結がしっかりしてて観るのに疲れない、リフレッシュ。

ジムキャリーのコメディ観ておけば間違いない。

着信アリ2(2005年製作の映画)

2.7

漠然としか覚えていないけど、シリーズ一面白くなかった気がする。

見直そう。

着信アリFinal(2006年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

写真の歪み顔が一番怖い。

死因がもはやコメディ。邦画ホラーに良くある元凶を哀れんで情に訴える要素もあり。メールを人に送りつけて助かる蹴落とし合いを観るのも、まあまあ楽しい。

堀北真希がいじめられっ
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

3.3

楽観的なミュージカルでフランスの景色がより綺麗に見えた。

ストーリーに集中することもないので、フランス語の練習によさそう。

某店のこれをイメージしたカクテルが美味しかった。

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.3

ベイマックスに癒されたし、分かってはいたけど泣かされた。

一回観ればもう十分かな。また観たいってほとではなかった。

>|