o

o

  • List view
  • Grid view

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

ガストンのシーンそんないる?

それよりベルが野獣を好きになっていく過程をもっと丁寧に入れて欲しかったな

あとCGがあまりにも過ぎる、景色とか綺麗やけどグリーンスクリーンが見えるんちゃうかってレベル
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

セッションが面白くなかったからどうやろーって思ってたけどよかった
正直内容自体はあんまり変わってなくて、もう音楽と配役
ほぼ全てがエマストーン
エマストーンありきの映画
1人でそこまで持っていくそこが
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

-

1年に何回か観たくなる
初めて観たときの衝撃はもう味わえないけど毎回発見があってその時に思うことも違う
オシャレに生きたい

セッション(2014年製作の映画)

-

まず始めに、この映画ほど、観る人によって見え方、感じ方が全く異なる映画も珍しいってくらい観る人による映画だと思います。
まさに自分がそうでした。

適切な例えが思いつきませんが、映画で例えるなら霊が見
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

-

手紙の内容がちょっとずつわかっていくのがよかった

映画観てやっぱり昔のことを掘り返してまた争うってのは良くない
当事者や家族からしたら昔のことではないって気持ちもわかるけど
ほんと憎しみは憎しみしか
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

-

セリフがないので音を聴いて映像を観て、いい意味で眠くなる

ただ一点その一点で全て台無しだったのですが、事ある度に出てきて主人公と対比させることで重要な役であった小さなカニ達

そのカニ達の動きがカメ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

冷蔵庫の水漏れを雨に例えて修理したら、晴れたら仲直りするってことか

また変な邦題

メッセージ(2016年製作の映画)

-

ジャンル的にはSF色が強いヒューマン映画かな?って感じです。
SFガチガチの映画ではないです。
しかしそれを期待してガッカリするってことも恐らくないでしょう。

2016年のベスト10には入る素晴らし
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

-

正直もう少し展開とかパンチが欲しかったけど、実際にあった事故をあまり脚色せずに、機長という裏側の人間の心境にフォーカスして、事故を忘れないためにも奇跡の裏にはこんなことがあったってのを忠実に再現して撮>>続きを読む

>|