Laut01さんの映画レビュー・感想・評価

Laut01

Laut01

映画(673)
ドラマ(2)

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

4.0

『クセになる気持ち悪さと斬新すぎるアイデアを知りたいあなたへ』
「なんだこれ?」と思ったらもう遅い、この映画の虜です。
斬新、の一言で尽きる。2分後が映されるモニターって、日常にあられる唐突な壮大さが
>>続きを読む

劇場版 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)-A wakening of the Trailblazer-(2010年製作の映画)

4.5

『2020年でさらに価値が上がるガンダムを見たいあなたへ』
4DX上映ということで、劇場では公開時以来2回目?の鑑賞。
何度か4DXを見ているけど、過去イチ4DX感を味わえた気がする。いい意味で、映像
>>続きを読む

ムーラン(1998年製作の映画)

3.6

『ディズニーらしくないディズニー映画を見たいあなたへ』
ジェンダーの壁を真正面から感じるストーリー、ディズニーらしくないと思いながらもちゃんとエンターテイメントに仕上げるところはやっぱりディズニー映画
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

『めちゃくちゃ質の高い朝ドラ総集編が好きなあなたへ』
エマ・ワトソン目当てで見に行ったら、シアーシャ・ローナンにやられた!! ショートカットのジョー最強じゃないですかー。

若草物語自体全くの知識無し
>>続きを読む

悪の偶像(2017年製作の映画)

3.3

『謎多すぎてミステリーの枠を超えたミステリーを見たいあなたへ』

見る前から難解だということは知っていたけど、前半は分かりやすく韓国産の見たかったサスペンスだ!全然難解じゃないよ、と思っていたら後半一
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

『説明描写皆無なのにひしひしと感情が伝わってくる人間ドラマを見たいあなたへ』
ナレもなし、モノローグもなし、それでもこんなに心情表現は映画で可能なんだ!と驚かされるほど素晴らしいドラマだった。
女子中
>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

3.0

『メッセージの強さにエンタメ性が霞むミュージカルを見たいあなたへ』
性別、人種、職業、大人と子ども、いろんな対立や差別が描かれ、残念なのは今見てもリアルであること。
正直、愛がすべてという展開は感情移
>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

3.7

『コロナ禍で評価があがる映画を観たいあなたへ』
営業開始後、一発目にこの映画を選んでよかった!
色んな立場の人間、国の人間が乗った船が突然迷い込んでしまうというストーリーが、今の急激に変わるコロナ禍と
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.5

『二日酔いのテンションで見たいあなたへ』
「2」がよくできすぎていたせいか、めちゃくちゃ物足りない完結編。結末にまっすぐ進むキャラたちに違和感。アクションも控えめで映像的な面白さも薄い。
理詰めすぎず
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.0

『ワイスピを彷彿させる熱いドラマ&アクションが好きなあなたへ』
YouTube無料公開ということで、「1」は見たけどドラマは未鑑賞。

ようやくわかった、ハイローは日本のワイスピだ!!とにかく熱い!!
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR(2020年製作の映画)

4.3

『観たい!と思ってたことを全て観せてほしいあなたへ』
観たいものが期待以上に観れるって幸せだ…!ついに3完結。
サイコパスとは思えないいわばダイハード的なアクションで魅せつつ、伏線回収し、ちゃんとドラ
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

3.5

『60分ワンカット3Dに酔いしれたいあなたへ』
繰り返しになりますが、なんと言っても60分ワンカット3D!ワンカットだけでも臨場感凄いのに、それを3Dでやっちゃうもんだから没入感も抜群。

「1917
>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.0

『「同期のサクラ」の没案を知りたいあなたへ』
30年間を描くということで嫌な予感はしていたけど、やっぱり薄っぺらいドラマだった…。

3月だけを描くという構成、桜というキーワードなど「同期のサクラ」と
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

『悪いことしても謝りたくないあなたへ』
やっぱりキュートな悪党ですクイン!とことん悪い男をぶっ倒す女たちはかっこいい!スカッとしたい娯楽映画を求めるのであれば十分。でも、よくも悪くもそれだけの映画。
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.0

『9年前から日本で暮らしているあなたへ』
知らないことばかりだった。あの時、こんなことが起きていたなんて。何と無く記憶に残っていた「ヘリが放水している姿」が、今になって鮮明に見えてくる。あんな奇跡のよ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.5

『朝鮮戦争についてよく知らないあなたへ』
いや…辛い。サニーの監督が作ったダンス映画ということで、観に行ったが戦争の暗部に心がやられた。圧倒的な悲しさ。
中盤は「ジョジョ・ラビット」の朝鮮戦争版かなと
>>続きを読む

星屑の町(2020年製作の映画)

3.2

『あまちゃんが好きだったあなたへ』
能年ちゃんの「〜けろ」が聞ける!あまちゃんのまんま!笑
キャストもちょい被ってるし、歌手を目指したいという展開もちょい被っているしあまちゃんの並行世界ということで良
>>続きを読む

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル(2019年製作の映画)

3.8

『将来の夢を探しているあなたへ』
ウルトラマンとして町の平和を守ってきたけど、町が平和になったら何やればいいの…? この疑問に行き着いたヒーローの成長物語。
テーマは夢。それをウルトラマンならではの展
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.8

『生きる気力をもらいたいあなたへ』
任侠映画という枠に収まらないエンタメ性!そして唯一無二。ただ、言えるのは生きる気力に溢れてる。三池さんもこんな映画作れるですね…。

陰のある役やらせたらピカイチだ
>>続きを読む

劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!(2018年製作の映画)

3.3

『ヒーローものの定番が好きなあなたへ』
全てがどこかで見たことのあるような絵。けして、駄作ではないものの普通の域を出ない感じ。もっとジードらしく、ベリアルがらみとか彼だから描けた物語があったはず、と思
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.5

『熱いハ・ジョンウに身を預けたいあなたへ』
「テロ,ライブ」が好きで今回も鑑賞。
今回もただの脱出アクションにさせない工夫がたくさんあって新鮮な作品になってた。近未来のアジアの情勢とかアメリカの選挙と
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.7

『古き良きディズニーアニメ映画が好きなあなたへ』
お堅い昔の冒険映画かと思ったら、ファンタジックでユーモアに溢れた楽しい映画じゃないか!!
冒険小説の実写化というより、冒険小説のアニメ化した作品の実写
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.6

『全てのカットに意味がある映画はあなたへ』
アリ・アスター監督作品、初体験。
”思考を停止させられる快感”という表現が良いのかどうかさえ分からないけど、凄まじい体験だったのは確か。
正直、祝祭が始まる
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.6

『海外のニュース番組が好きなあなたへ』
多分意図的に、映画自体ニュース番組っぽい。ズームの感じとか、説明シークエンスとか。史実系の映画にしては、テンポがめちゃくちゃ良くあっという間の2時間。
ただ、そ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.3

『警察が無能すぎても我慢できるあなたへ』
「1」も見たので一応鑑賞。細かい点に目を瞑りミステリー要素だけを抜き出せば面白かったと言える。
だけど、余計なことが多くて濁りすぎ。前作の伏線回収でもある千葉
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.2

『想像力を広げる映画体験が好きなあなたへ』
障害者ものって差別とかお涙頂戴とかジメジメした感じが嫌いだったけど、この映画は全く別だった。ホント、見て良かった!
ポップでポジティブなムードで、知らない世
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.8

『ワンカットの定義を考えたいあなたへ』
2時間だったら劇中もきっかり2時間で終わるのがワンカット、と思う僕にとっては消化不良が残る。
どうやって夕方になったいくのかと期待してたのに、あの時間いじりは雑
>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.3

『映画からメッセージ性グッバイ!と思うあなたへ』
橋本愛、大泉洋目当てで鑑賞したのである程度の満足度はあるものの、一切心に残らなかったなぁ…。
独特のムードで中盤まではテンポ良く、意外な方向に物語が転
>>続きを読む

侍の名のもとに 野球日本代表 侍ジャパンの800日(2020年製作の映画)

3.8

『プロ野球が好きなあなたへ』
・緊張を隠しきれない山本由伸くん
・想像以上に天然だった鈴木誠也
・想像以上にムードを盛り上げていたマッチ
・浅村を気にかける秋山
・浅村を任される田口
・チームを一番に
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.3

『ヲタクにとっての安心材料が欲しいあなたへ』
平凡さが嫌いな私にとっては、最低限楽しめた。天下の東宝がこんな映画作っちゃったってことはちょっと感激。。
無理やりミュージカルをブッコムのも悪くない。久々
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.3

『サスペンスになりきれていないサスペンスが好きなあなたへ』
AIをモチーフにした作品は、直近に仮面ライダーゼロワンがある。正直ゼロワンの方がAIとドラマを融合させるのが上手いと思う。本作は、回想を入れ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

『ミステリーの面白さをフルに味わいたいあなたへ』
ミステリーの王道さと裏メニューをどっちも堪能してお腹いっぱい!って感じです。
前半少々地味さはあるものの、後半に連れての展開が凄まじい。そして、その裏
>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.3

『ジャンルミックスはやっぱり難しいと教えて欲しいあなたへ』
音楽、青春、ファンタジー、ちょっとだけコメディといった様々な要素が入った映画。かなりの意欲作ではあると思うけど、どんな映画かを最後まで掴めな
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.8

『ドラマがなくても楽しめるあなたへ』
猫ビジュアルはそこまで辛くはなく、むしろ脚本が酷だった…。

感情移入できないのはビジュアルの問題よりも結局猫たちは何をしたいのがさっぱりわからない影響が大きい。
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.5

『「あなたの番です」が参考にした映画を見たいあなたへ』
なんだが凄く「あなたの番です」が思い浮かんだ。
・犯人が猟奇的
・サスペンスとラブストーリーのバランス
・田中圭主人公&演じるキャラクター類似
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.5

『東京オリンピックに向けて危機意識をあげたいあなたへ』
相変わらず、淡々とした描写から生み出される臨場感は素晴らしい。しかも、本作はアトランタオリンピックを絡めているだけに、人ごとではいられない。ここ
>>続きを読む

>|