8Iさんの映画レビュー・感想・評価

8I

8I

2017 - 389
2018 -

映画(506)
ドラマ(17)
  • List view
  • Grid view

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~(2016年製作の映画)

3.1

評価悪くて見れてなかった全2作
始まりから見ることになったけどこれが最高傑作か

エンドロールが覗いてるみたいに
てことは最後に… と思ったけど

レフト・ビハインド(2014年製作の映画)

2.0

もう安売りしなくても懐暖かいんじゃないのかなこの人(笑)

チャドが出てるから見た
あのCGのせいでC級になりそう

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

3.9

一番面白くない3作目
このシリーズは人形遣いVS人形みたいな感じでゲームはメインではないからこうなっても仕方ない

壊されてくピータが凄い

ブラッディ・バレンタイン 3D(2009年製作の映画)

1.5

シャベルで顔真っ二つになって滑るシーンがピーク
あとは特になにもない
ジェンセンが出てるからこの評価

レストストップ2 ドント・ルック・バック(2008年製作の映画)

2.0

解明される謎と新たな謎でスッキリはしない
案外まともなのはスコッティ
もう1つのエンディングはハッキリしすぎてるからやめたのかな

パーフェクト・トラップ(2012年製作の映画)

2.5

初っ端の殺戮嫌いじゃない
とにかく2人は頭がよくてちゃんと動いてくれてる(笑)

トラップかコレクション、メインはどっちなのって感じよ

30デイズ・ナイト(2007年製作の映画)

2.8

ヴァンパイア=美しい
って印象がある今じゃ微妙なのかな
ラストが潔くて結構好き何回も見てる

2は微妙もう見ない

GANTZ: PERFECT ANSWER(2011年製作の映画)

3.0

本当に邦画なのに珍しく見応えがある(笑)
電車と最後の部屋のシーンは凄いよね

まんてんなによめにゅーなによって気になるけど要はくろのがやりたかったことやってハッピーエンドってことで終わらしたのね

アウェイクニング(2011年製作の映画)

3.0

どんでん返し系?
落ち着いた映像と淡々と進む中に抑揚が
結構好きだった

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

2.0

のんびりだらだら見たいときに

Blakeが主演って言うのと知ってる人がたくさんいてやっと見れた

GANTZ(2010年製作の映画)

3.0

日本にしては珍しくよくできた実写化映画

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.5

馴染みある感じ
しっかり作られてるから見応えあるし迫力も凄い
少しでも興味を持って見たら普通に楽しめる

前にも見てるけど怪獣、ロボットには興味がなく菊地凛子活躍してるな〜ぐらいだったのに続編にスコッ
>>続きを読む

ストンプ・ザ・ヤード(2006年製作の映画)

2.7

冒頭に出てるHarry Shum Jr.

ラストの迫力は凄いしカメラワークの抑揚の感じも面白くてでも見るのが好きでダンスには詳しくないから「凄い動きなんや〜」って感じ
ストンプもこれ見て知ったし
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

2.9

今の時代に生まれて幸運だと思うけどまだまだこれからなんだなって思わせられた作品

もういい加減普通は人それぞれだって気づかないといけない
生きてるなら進化する世界を受け入れないといけないし過去から学ん
>>続きを読む

人狼ゲーム マッドランド(2017年製作の映画)

1.9

一番ダメなやつ来たか

狂人村は新鮮やけど結局は変わらないので面白みは無し
そこでジェンダーぶっこんだのは腹立たしい

最後の方の展開もシリーズよく見てたら申し訳ないけど初っ端からの違和感で大体フラグ
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

2.6

II しか見たことなかったからやっと見れた感じ

ちらほら映画で見てた今ではTWDのノーマン

宗教と愛と銃と正義

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

2.0

もっとちゃんと見るべきだったなと後悔

よく分からんことが多すぎたけど2人がお互いを愛する気持ちと思いやりが素晴らしかったなと

帝一の國(2017年製作の映画)

1.8

菅田将暉に期待して見たけど
"あれ帝一用"がピークかな
唯一笑った

ファンは本当に面白く見れるんだろうね
私にははまらずささらず

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.2

爆発と飛ぶ
これだけ

服部平次が一番好き
京都弁と大阪弁ちょっと聞いてて気色悪い

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1(2011年製作の映画)

5.0

幸せの絶頂から暗転

今回は諦めて必要ならジェイコブと子供を作ればいいってその考えにも至るぐらいエドワードは追い詰められてた

アンチベラも多いけどトワイライトは全てに意味がある
自己中心的に見えるの
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

4.0

パーカーに見せるなよからのニットで顔隠すとこで泣く
極限状態の感じもよい

3人の演技がいいのかな?結構好き

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.5

たらればなんて考えず素直に見て清太よく頑張ったねと思う

原作者の人は「ぼくはこんなにやさしくなかった」って言ってるその後悔から生まれた感動的な作品

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

死の秘宝の物語のところみたいな絵が好きでこれもかなり良い

最初は期待してなくて思わず、びーえふじぃー?と言いそうになってたけど引き込まれて見てしまった。

>|