YAMASYUさんの映画レビュー・感想・評価

YAMASYU

YAMASYU

フォロー大歓迎!!これからもオールジャンル素晴らしい映画に出会い何かを感じていきたいです。評価は基本甘め
全国の映画館巡りも好きです。

嘘八百(2017年製作の映画)

2.9

静かな笑いと中井貴一さん

The優等生映画(可もなく不可もなく)

森川葵さんなかなかイイね!

女の一生(2016年製作の映画)

2.5

観ているときは退屈します。

偉人と呼ばれる人を除いては、人の人生って意外とこんなものなのか。
自叙伝とは違う、その時の感情を何処と無く表現

観賞後振り返り自分の人生を映像にするともっと薄っぺらいな
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.5

大森さんが『さおり~』と叫んだ瞬間笑った!

地方都市の嫌な部分が息苦しくこれでもかと炙り出されていた!!
最後はこうなればもっと面白いのになと思いがあった分、悔しい!

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

2.0

この人は本当にメンヘラなのではないかと思わせる自然体な演技力

サダヲさんどうしても笑ってしまう。
愛を与えるしかできない。利用されているとわかっていてもそれでも愛されたいから。
このようなアッシー体
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

4.9

体感型映画 恐怖のジェフミルズ

悪意がある!観客のメンタルブレイク(精神崩壊)を狙った欲望のテクノカット割

人が人ざるものだった頃からおそらく恐怖に感じることを的確に突いてくる!

キャストはこの
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.5

芸術はクセがすごい。

闇深いキャラといえば、ジェイクギレンホールの瞼とアヒル口は天性です。

お洒落映画なのに嫌味がない。
エイミー・アダムスの愛の揺らぎがわかりやすく描かれている。

筆は剣より強
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

不協和音・・・

黒人に対する会話と視線。

何かが起きる。。
何かが起きる。。
何かが起きる。。

身構えれば身構える程、勝手にドキドキする。
このような感想でいかがでしょう。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

彼女のバイタリティーは・・・・
勝利に憑りつかれ勝利を渇望する。
勝利のみが彼女の存在意義


人としての生活を捨てたかと思いきや・・・やることはやってます!
ムラムラします。

観終わった後に邦題の
>>続きを読む

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.5

前作を凌ぐ迫力とミステリー

大泉さんの漢気とお決まりパターンは安心しますね!

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.0

サスペンスとしては迫力と構成が良いですね。
ススキを舞台面白い。

ただ小雪さんの美しさを理解できなかったため楽しめませんでした。

犬神家の一族(1976年製作の映画)

4.8

今の映画に伝えたい「人間味があるほうが絶対に面白い!」
過剰演出なくてもこれだけの怖さ暗さ。

サスペンスとしても満足

映像、音楽も満足

俳優陣の演技も満足

故に大満足

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011年製作の映画)

4.1

娯楽!これぞ映画では

子どもの頃、Mr.ビーン何が面白いのか理解できなかったが、今これ観るをコミカルな演技、表情が素晴らしい。
ロザムンド・パイクさんが相変わらず美しい。
最後のババァは大丈夫か。。
>>続きを読む

渇き(2009年製作の映画)

4.0

殺したいほどの欲望

顔デカい世の男性に勇気を与え続けるガンホさん

今回更にイケてます!

このメンヘラちっくなヒロインに全てをぶつけます!

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.1

飽和した映画の枠から1歩はみ出てる

笑わせたいのか、何を伝えたいのか。
何かを感じ取りたい人はそれでいい。
そういわんばかりのサヨナラの微笑み

深く考えたい人は考えればいい。
考えなくていい人は考
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.1

復讐が生きる力(逆恨み)


刺激的なシーンを交えながら観客をクライマックスへ誘導する

最後の「オジさん」は・・・・・・・・

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.9

個性的な登場人物
未解決事件ににもかかわらず、この納得のまとめ感は素晴らしいのではないでしょうか。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観客を悩ませるシーン多数により・・・
最終的な自分の答えは3人全員グル説です。

鬼、悪魔、人

田舎の暗い雰囲気が気を滅入らせます。

見ごたえアリ!

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

美人は隠せない!
特撮風SFとコメディの融合でドB級感がたまりませぬ!

ビジネス・ウォーズ(2015年製作の映画)

2.8

パンケーキのニヤニヤしたポンコツ具合にニヤニヤしてしまう!

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.0

Googleを知ると同時に昭和世代の良いところを余すとこなく楽しませてくれました。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.4

終始ヒリヒリした。(キャスト迫真の演技により精神不安定)最後にはムヒを塗られてスッキリした。

ストーリーは塗り絵の枠だけ渡され色は自分で付けてください。
ただこの枠が重要で、この家族の愛に比べれば自
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

妙なリアリティーとあり得ない感が絶妙

愛が娘にしっかり受け継がれている描写が嬉しい‼
感動と笑いの交互の波が映画をあっという間に感じさせる!

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.8

道徳倫理を問うグループディスカッションと決定できない上司ども!!

非日常の様で現実。この憎しみの回廊から抜け出せる日は?

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

4.0

赤と青が交わる日

北緯38度で、なぜもこんなに違う思想と人間性?日本人にはわかりかねる。
相手を探れば探るほど溝は深まる蟻地獄を観た!

最後は行き場を失い網に捕まった魚

ブラック・ファイル 野心の代償(2016年製作の映画)

3.0

衝撃のラスト?中盤ビョンホンさんが教えてくれてたし、当の本人が匂わせてまくってたような...

小物が大きなものにカブリついたくらいでサスペンス要素はなかった!

元カノがもっと美人なら映画も変わって
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

4.3

一見すると闇深、瞑想、カオス系かと思われるが、この方意外としっかりされてるのです(笑)
絶望的環境なんだけど、いやらしいこと期待しちゃうんです。

狂気のダンス

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-(2008年製作の映画)

2.5

ジョンCがポンコツ過ぎる。(コメディアンとして最強)
容赦ない。。。

>|