イベりなりさんの映画レビュー・感想・評価

イベりなり

イベりなり

映画(673)
ドラマ(50)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.8


非常に軽く、フラットに社会の隅々で生きる人々を描き出していく。
パステルカラーの映像、建物、人物の構図、街灯のショット、洋服の色彩、髪の毛までありとあらゆる色物が美しく、計算されて作られてるの感服し
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

1.7


ポスター、ジャケット写真がカッコ良くて観に行こうと思った作品。

冒頭から、カメラのアングルがぐるんぐるん回ってかなり酔う。
そこら辺のハンドカメラで撮った心霊映画よりカメラワークのブレが酷い。
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


クレメンタインの髪の色がメタファーになってるのが素敵だなと思った。
普通の人があの髪だと浮いちゃうけど、ケイト・ウィンスレットのキャラクターだから違和感なくみれた。

ジム・キャリー、コメディーの方
>>続きを読む

苦役列車(2012年製作の映画)

3.8


お話し自体は、大して盛り上がる訳でもないが森山未來さんの圧倒的演技力、存在感に圧巻な作品だった。

どんな映画の役をみてもその人にしか見えなくて、貫多のクズっぷりとか、陰キャ、コミュ障具合とか弁当食
>>続きを読む

ダーク・シャドウ(2012年製作の映画)

2.9


ベラ・ヒースコート、エヴァ・グリーン、クロエ・グレース・モレッツ。
女優陣みんな綺麗。

ヴァンパイアの情事どうなってんだ。
妖術使えるのに、打撃普通に食らうの笑う。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0


ランランランランランランランランランランランランランランランラン
2019/04/15

【スタジオジブリ特別ラインナップ】
やっぱ改めて観ると、テーマや描写の美しさに感動した。

森や王蟲の旋回す
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.7


松坂桃李さんの、孤独な感じとか、陰に生きてる感じ素敵だった。
涙流す姿も美しい。

年の差夫婦のとこ、演出謎で笑った。
性描写は生々しくて艶めかしいんだけど、声出すとシラケてしまうんだよなぁ

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.2


おっこちゃん本当にしっかりしてて、強くて最後の決断すごいなと思った。

ストーリーもしっかりしてて、映像も綺麗だったし面白かった。 いい話。


漫画の発売2006年とかだったのか!
今なら「若おか
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

4.7

テルーは守ってあげたくなる
テルーの唄きれいすぎる
手嶌葵さん、ここから聴き始めた
2019/04/18


【スタジオジブリ特別ラインナップ】

ゲド戦記改めて観て、とても素敵だった。
展開を知って
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.8


「The Big short」に対しての邦題が微妙だった。
華麗なる大逆転ではない。
頭のキレる人たちが、ポンポン稼いでくのかと思ったら、凄く複雑で混沌とした状態にいることが多くて、いい意味で予想と
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

4.3


人が亡くなった時の現実感。
温度感もそれぞれだし、飄々としてたり、虚無感だったり、生々しくリアルだった、

岸井ゆきのさん、こういう役似合うよなぁ。 気取ってない素朴な感じ、

車内での会話とか、喪
>>続きを読む

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

2.9


原作で丁寧に描かれてた、それぞれの家庭事情や過去などが、映画で短くなった分、薄くなってしまってて残念だった。

ユキさんは役ピッタリだった。
神童の電話感動した。

映画はうーんだったけど、原作小説
>>続きを読む

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

4.4


グッドボーイズと同じ、ジーン・スタプニツキーとリー・アイゼンバーグ監督作品。

キャメロン・ディアスの華やかさと演技でぶいぶい言わせてるPOPなコメディ。

テンポ感良くて頭使わずにみれた。

ラッ
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

4.7


ほんと、くだらなくてバカで愛おしかった。

冒頭から下ネタバチコリ連発なんだよなぁ
ソーセージパーティーの実写版と言っても過言ではないくらい笑

小6あたりの年齢ってほんとこんな感じだったし、変に正
>>続きを読む

あるあるティーン・ムービー(2001年製作の映画)

3.0


あるあるだけど、構成と演出がチープすぎてのめり込めなかった。
もっと面白くできそうなのに

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.6


コロナで公開延期になってたのをようやく観れた。 が、期待を下回った作品だった。
ただ、この豪華なキャスト陣を観れただけで価値は大いにあった。
原作〖若草物語〗や大まかなあらすじを知ってるか、知ってい
>>続きを読む

Anniversary アニバーサリー(2016年製作の映画)

1.5


生日快楽十分幸福は、100回観ても理解出来なさそう。
YouTubeであげた方がいい

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.4


アン・ハサウェイとメリル・ストリープのコンビってだけで2時間でも3時間でも映画作れてしまう。

ファッションのお洒落もルーツを辿ると奥深くて面白い。

ONE PIECE ワンピース 3D 麦わらチェイス(2011年製作の映画)

3.0


WiiのアンリミテッドクルーズみたいなゲームCG画。

30分のトリコと同時上映だからおまけみたいな感覚で

海王類いるところアツかったので、テーマパークの何かのアトラクションにしてほしい。

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

4.0


高校の頃のALTの先生の名前が
ジョーンズだった。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

4.1


学校サボりの達人。

賢いし、好奇心旺盛のフェリス、人気者だしお洒落だし勝ち組。
クラッシャーとお友達。

ジョン・ヒューズ監督さすがの、ホーム・アローンばりの仕掛けがあって面白かった。

最後の疾
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.7


頑固だけど、誠実なダニエルが良かった。
役所や、紙面での手続きの面倒さはコロナ影響下ですごい共感できた。

ぶっきらぼうだけどそれでも、パソコンと一生懸命格闘して人に尋ねるときとか「あーまたかー、、
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.1


趣里さんの顔にどこか既視感を常に感じていた。
仲里依紗さんがやすこを見る時の、何考えてるか分からない侮蔑も含まれてるような目がよかった。

電子レンジのおかげでなんかホッとする。

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.8


温かくて、粋なおじいちゃん。

「1つのドアが閉まれば 別のドアが開く」

>|