夜明けさんの映画レビュー・感想・評価

夜明け

夜明け

映画(107)
ドラマ(9)
アニメ(0)

FALL/フォール(2022年製作の映画)

3.6

いくらなんでも軽装が過ぎる!こわい!
せめて長袖を着てて欲しい。谷間見せてる場合ちゃうよ。
いや、そもそもそんな所に登らないでお嬢さんたち。こわい!

小さめのテレビ画面で見てよかったな。
それでもヒ
>>続きを読む

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

3.2

ムトゥ!
とにもかくにも隙あらば歌と躍り。
衣装やメイクが華やかでかわいい。
人も馬車も無限にわいてくるんだろか。
タオル使いを真似てみたい。シュッシュッ

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.3

ずーっとヘンテコな夢を見てるみたいだった。
女性の自立やら解放やら、他にも深い何かが込められているかもしれんけども、不思議な世界にふわふわと圧倒され続けるのは結構良かった。音楽も好き。

ダンスシーン
>>続きを読む

ゴジラ-1.0/C(2023年製作の映画)

4.4

一層、不気味。

モノクロ+轟音上映にて。
冒頭の夜の場面では恐ろしさが倍増したようだった。最高。
時代設定的にも、モノクロがしっくりくるのかも。
熱線も際立ってる。あんなの遭遇したくない。
あとゴジ
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.8

わからんよ。わからんなりに好き。
それにジブリ大集合な気がしてなんだか嬉しかった。
おばあちゃんたちかわいい。
ワラワラかわいい。
インコの鼻息。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.5

ごつい体でヒゲもじゃで武器はハンマーなホアキン・フェニックス良いなあ。妙に色気ある。
最初はタクシードライバー風味かと思ったけど、これはまた別だな。

セリフ少なめ。説明めいたものは無い。
ジョーのト
>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

4.0

あったかい、優しい気持ちになれるお話。
ロボットに拒否感を示す人はいるものの、基本的に悪い人は出てこない。
ロビン・ウィリアムズ顔のロボットかわいい。フフってなる。
アンドリューとリトルミスの連弾のと
>>続きを読む

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

4.2

ティモシー・シャラメのCome with me~♪の破壊力よ。すぐ行きます!
ウィリーが本当にピュア。好青年。あの帽子いいな。コートも似合ってる。
ウンパルンパがシュッとしてる。
程よいミュージカル具
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

原作を読んでたので、堤真一が石神役…?かっこよすぎでは?と心配してたが、そこはさすが。すごい。おかげで感情移入しすぎる。
美人で幸薄そうなお隣さんは確かに松雪泰子が正解です。
今回ばかりは湯浅先生が憎
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.0

普段大人しめのヴィーが、度胸試しを繰り返す内にハイになっていくのわかる。
映像と音楽も相俟って、前半は特にテンポが良い。ちょい尻すぼみ気味。
パンダパンツで思わずにっこり。
イアンかっこいい。
トミー
>>続きを読む

アルゼンチンババア(2007年製作の映画)

2.8

鈴木京香をババア呼ばわりする贅沢な映画。
タイトルが一番インパクトある。
全体的にはなんだかふわふわ、不思議な感じ。

アルゼンチンババアの暮らしぶり結構好き。
みつこはよく頑張ったなあ。
父は知らん
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.7

赤い屋根の小さいおうち素敵。シルバニアファミリーみたい。
奥様の松たか子が上品で良い。艶っぽい。
黒木華はもう完全にタキちゃん。ぴったり。かわいい。
タキちゃんは本当に奥様が大好きだったんだな。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.0

主人公は純粋ではあるものの、何かが欠如しすぎてる。
そこに天賦の嗅覚、好きな香りへの探求心、執着心が合わさると、ものすごい狂気の変態が出来上がる。
ど、どういうことなんだ…って、ずっとちょっと引いてた
>>続きを読む

紀元前1万年(2008年製作の映画)

2.9

時代考証など無粋。
これはきっと「紀元前1万年」という名前の、どこかにある世界なんだ。ファンタジー!
風景は壮大だし映像が綺麗。
マンモスとかピラミッドに迫力あって良かった。
牙は話のわかるやつ。

エデンの東(1954年製作の映画)

3.5

ジェームスディーンの拗ねてる弟感すごい。
父親から愛されたい話なのに、母性本能をくすぐりにくすぐってくる。

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.0

これは映画館の大きいスクリーンで見てみたい。
でっかいキラキラのUFOワクワクする。
音で交信を試みてるうちにセッションみたいになるの平和。
主人公が未知と遭遇して魅入られちゃって、家族が不憫だった。
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.8

夜に見てはいけない。嗚咽して次の朝まで目が腫れまくる。なんなら思い出し泣きもくらう。
公開当時、まずタイトルに感心した。こういう表現の仕方があるんだなって。
主演2人ともタイプすぎる。

ロスト・フライト(2022年製作の映画)

3.7

もう初っ端から嫌な予感しか無いし、とっととそっちに転がっていく。めっちゃテンポ良い。
衝撃に備えろと言うからちょっと身を縮めた。映画館だよ。恥ずかしい。
銃撃戦の迫力すごい。
機長をはじめとするクルー
>>続きを読む

センセイの鞄(2003年製作の映画)

3.7

キョンキョンかわいい。
ちょい猫なで声もかわいい。煙草吸っててもかわいい。
子供の頃に見て、居酒屋でチビチビに憧れた。ゆっくりとした雰囲気やクスッと笑えるところもあり好きな作品ではあった。ただ、2人の
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

面白かった。
岡田准一のアクションかっこいい。
強烈だったのは柳楽優弥。
絶対に知り合いたくないような奴なのに、謎の可愛げがある。恐ろしい。

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

3.5

ほんわかした。あっさりと短くて良い。

役作りの視察に訪れたスーパーで、かつての映画スターがレジ係のスカーレットと出会い、なんやかんやで1日を共にする話。
ラテン系(ヒスパニック?)が多い土地柄、劇中
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.3

好き好きめっちゃ好き!!というわけでもないけど、定期的に必要になる作品。
3回は見た。そのうちまた見ると思う。コーヒー飲みつつ、あとで絶対おにぎり食べようと思いながら。
ぽへーっとしたい時にちょうど良
>>続きを読む

フローズン・グラウンド(2013年製作の映画)

3.2

こんな事件が本当にあったなんて。いたたまれない。
ジョン・キューザック怖い。一見まともそうな感じが怖い。
シンディの行動にだいぶハラハラした。

大河への道(2022年製作の映画)

3.5

伊能忠敬が取り組んだ大偉業と、それを支え、完成させた弟子たちの話。
お披露目のところで泣かされる。

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.5

倉庫に持ち物全部預ける。1日1つ取り出す。
冬にやるのはかなりのチャレンジャーだなぁ。
おばあちゃんの言葉が沁みた。

私も一人暮らしを始めるにあたって、これに近いことをした。さすがに全裸スタートの部
>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.7

目の保養すぎる。水の都ヴェネチアの美しい街並みに、美男美女。
ジョニー・デップは冴えない部分もかわいいに変換される。かっこいい。
アンジーはもちろん美しい上になんとも優雅。あの瞳に見つめられて普通に会
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

直前に見た作品がショッキングだったので、ジム・キャリーに救いを求めてこちらを鑑賞。
さすがだ。一気に元気出た。YES!!
カールがアリソンを運ぶとこ好き。アリソンは手荷物。

白鳥(2023年製作の映画)

-

こういう表現があるんだなーって、まるでおとぎ話の世界のような、見ててそんな感覚だった。
ただ内容が胸糞悪い。
語り手の正体にホッとはするものの、これがいじめで片付けられてたまるか。

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

4.0

割りとコミカルな要素もある、エグい復讐劇。
イ・ヨンエだからこそのクムジャさんだと思う。美しく、演技というかとりわけ表情が素晴らしい。
積年の恨みを果たせたとしても、奪われたもの、戻らないものが大きく
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.8

色々振り切ってる。
音楽が最高だし車めちゃくちゃで面白い。
なーんも考えずに見るのが良い。
今改めて考えたらめっちゃ豪華すぎる。レジェンドばっかり。

エデンより彼方に(2002年製作の映画)

3.8

50sの雰囲気たっぷり。
紅葉の赤や黄色、緑などの色彩が美しい。
ファッションや室内の装飾も素敵。
ジュリアン・ムーア綺麗だなー。表情がまた良い。苦悩する上品な奥様役が似合いすぎる。

好きな作品だけ
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

4.3

子供の頃、この作品でロバート・デ・ニーロに惚れてしまった。たまたまテレビで見たんだったかな。
オールバック、刺青だらけでムキムキな体、葉巻、執念深さ、もうめっちゃ怖かった。これなに?本当にこういう人な
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.3

派手さはない。そこが良い。重厚感と哀愁。

フランクの困り顔好き。
晩年はつい気の毒に思えてしまう。
それだけの事をしてきたんだけど。
ジミーと一緒にアイス食べたい。
ラッセルが一番怖い。近寄りがたい
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

4.2

ふらっと入って、何か美味しいもの作ってもらって、端っこの席で、もそもそ食べたい。

憧れを超えた侍たち 世界一への記録(2023年製作の映画)

4.0

WBCの感動再び。映画館で見れたのは良かった。
舞台裏での選手はもちろん、栗山監督たちのミーティング風景も垣間見れて面白い。監督は穏やかながら、めちゃくちゃ熱い人なんだな。

普段プロ野球はほぼ見ない
>>続きを読む

>|