よさんの映画レビュー・感想・評価

よ

個人的感想。世間の評価とずれてる事もしばしば。ジャンルは問わず観ます。感想が追いつきません。。

映画(283)
ドラマ(0)

マレフィセント2(2019年製作の映画)

4.5

憎しみを糧に生きている人間の恐ろしさときたら、、おぞましい。やり方が惨すぎやしないか。マレフィセントの母としての深い愛に何度涙してしまっただろう。エルファニングの安定の可愛さとアンジーのたまにみせる笑>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.6

緊張感が半端ない。気づけばアレックスと同じ間隔の呼吸になってた。肩で息しないと体に酸素が入ってこないレベルで観入っちゃう。寿命を全うしようとは思わないの?と言う質問に対して、即答で思わない。信念を貫く>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.1

大体火星に行くのって似てたりするから、ストーリーはちょっと想像ついたりしちゃうんですけど、これ、、ラストが衝撃すぎて(笑)ええ〜!でした。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

こんなにもやさしく温かな気持ちと深い愛情を感じる映画は中々ない。ゲイに対する世間の仕打ちが耐え難いもので、こんなの誰も幸せにならない。とことん貶めてやろうというあの気持ちがなんて惨めなんだろうか。結局>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.3

1つずつ謎は解決してくれるので誰でもわかるような話かなと。最初から最後まで暗めですけど普通に面白い。ただキャストの豪華さはすごいです!

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.5

最後の最後でこんなにウッディを惨めな気持ちにしないでもいいのに。。。新しい道を選んだと言えばそれはそれで自由な生き方で良かったかもしれないけど。ウッディの本当の気持ちは大切なおもちゃとしてたくさん遊ん>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.8

どうしても昔に比べると、当たり前だけど、顔のしわは増えちゃってるし、体型もやっぱり変わってるしで、そういう所が今回の役にぴったりだなあと思って、レオ様のおちぶれた役者感がとってもリアルでした。ハリウッ>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

2.9

ちょっと想像とちがって、早い段階で、ん?これは、、、。という感じですね。観終わっても、んんー。という。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

どこを切り取っても美しい。服装から音楽から全てにおいてお洒落。いつもどこか物足りなさそうで少し冷めた表情のエリオが恋だと気付いてからの我慢できない思いをぶつけてくる感じのあのなんとも言えない仔犬感が可>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

今回めちゃくちゃいい!前はトニーに支配され気味だったけど、トニー亡き今、ピーターの葛藤と成長を思う存分楽しめます!もちろんアイアンマンがいないのは辛いけど、スパイダーマンがちゃんとメインって感じでスパ>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.5

シリーズを終わらせにかかってきてるのがひしひしと伝わるような仕上がりとでもいいましょうか。それでもやっぱりキャストがいいですよね、X-MEN。それだけでもだいぶ楽しめますね。ただレイブンは報われないな>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.4

ちょっと期待しすぎてた感はあるかも。普通に面白いけど、やはりウィルスミスとトミーリージョーンズのと比べちゃうと劣るかなあ。ただ、ポーニィが可愛いすぎ!めちゃくちゃ可愛くて釘付け。

アラジン(2019年製作の映画)

3.4

青いウィルスミス、、?という正直なめた気持ちで観に行ったのですが、めちゃくちゃしっくりでした。アニメ版の国王の陽気さが好きなので実写版の国王に少し物足りなさを感じてしまいました。

マイ・ブラザー(2009年製作の映画)

3.6

戦地から帰還後のトビーマグワイアの演技が凄すぎて、観ているこちらまで恐怖を感じる。ジェイクギレンホールのあのなんとも言えないぎこちなさと、ナタリーポートマンの壊れていく夫をなんとか救おうとしているのに>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.4

建物から衣装から白で統一されていて、どこかひんやりとした、余計なものは寄せつけないっていう雰囲気が、感情を消されている世界観にしっくり来てたなと思う。クリステンスチュワートとニコラスホルトが妙にハマっ>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.7

情けも優しさのカケラもない残酷な世界。優しかった息子の変わり果てた姿。それでも諦めない父。金が全て、他人はどうでもいい、そんなはずの密売人の心をも動かすソロモンの芯の強さ。ダイヤさえ手に入ればいいんだ>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

最後にふさわしい作品。こんなにもすっきりと違和感なく終われるだなんて、、一作前のあの不快感と敗北感と絶望感(それだけのめり込める作品でした)は何処に、、!といった感じでした。キャップのラストが良かった>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.2

中身が14歳の子供でやってる事が低レベルすぎて、もう可笑しくて可笑しくて。口先だけじゃないあのお腹の底から声出てる笑い方がツボすぎてついつられて笑っちゃう。友情あり成長ありでちゃんとしたヒーローもので>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.9

映像のこだわりがすごい!時折挟むコミック調なところがめっちゃいい。いつものmarvel作品とは全然違う感じでこういうのもありですね。沢山スパイダーマンいるけど、やっぱりノーマルが好きだなあ。

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.7

バンブルビーの可愛さときたら!お茶目で優しくて、殴られてるシーンなんて可哀想すぎてみてられない。人間味溢れてて、戦闘シーンはさておき、穏やかな気持ちで観ちゃいました。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

まじで最強、1番強いんじゃね?ですね!アベンジャーズが盛り上がっているこのタイミングで新しいヒーローぶっ込んで来てどう繋げんの?って思う気持ちあったんですけど、なるほどなるほど!なんてナチュラル。とに>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

人種差別が結構きつく、そこまでしないといけないの?ということばかりで辛い部分が多い。でもトニーのお気楽さには笑わされる。初めはトニー自身も差別してたのにどんどん考え方が変わってきて、ボディーガードとし>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

なんて厳しいんだ、、国の制度と貧困問題。みてて辛くなる部分が多いんですがそれでもこれは観てよかったなと。誰もがひとりの人間であるということ、そして、お金じゃない大切なもの、それは愛情だということ。困っ>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

原作は知らないのですが、全然問題なくみれて面白かった!映像がとても細かく綺麗です!あっという間で続きがとても気になります

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

キャスト豪華!内容も良いです。が、、音楽の主張が所々激しすぎてちょっと惜しい。。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

無音のシーン、足跡がつくシーン、ブレスレットを手放すシーン。息するの忘れちゃいそうでした。。死と隣り合わせの仕事で月へ行くまでの仲間の死、家族の覚悟など、様々な犠牲あっての成果という事を忘れてはならな>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.7

エイズの少年が越してきた。気になるけど母親に一切の接触を禁止されている。でも塀一枚で向こうに行けちゃう、、空気感染しない?しないよ。遂に塀を乗り越えて対面する。そこから始まる2人の少年のかけがえのない>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.6

笑った!クイーンの曲に合わせてるとこ気に入りすぎてずっと頭から離れない。てか最後のんき過ぎん?って感じでさすがコメディーだなと(笑)

ガタカ(1997年製作の映画)

4.7

遺伝子で適正不適正が決められてしまうというなんともシビアな世界。不適正者として生まれながらも大きな夢を諦めずに人一倍の努力を続けた者の運命。ただ単におめでとう!ではなく、契約といえども自分の人生を譲っ>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.3

溢れ出る涙止まらず。女優としてのレディガガはとっても良かった。ブラッドリークーパーが良いです、良いです、泣かせてくれます。歌めっちゃ上手い!上り詰めていく彼女と堕落していく自分、悩み苦しんだ結果が涙で>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

3.0

ただただ自由気ままなマリリンモンローを描いた作品って感じかなあ。彼女にも色々苦悩もあるんだよっていうのは伝わる。とりあえずエマワトソンがちょい役で出ててめっちゃ可愛い。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.4

エルファニングはとっても可愛いのはわかるんやけど、私が1番感出し過ぎ。そしてみんな異常者すぎ、色々おかしい。絶対この監督変態よね(笑)

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.3

お互いを求め合っているのに、、。世間の目もあるし、家庭もあるし、すごく複雑。もっと早く素直になれてたら。とはいえそうもいかないんですよね。寂しい。2人のシーンは素敵でした。これは泣けます。奥が深い!

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.6

レクターの全てを見透かしたような目が恐ろしい。頭が良すぎて怖い。ハンニバルシリーズ観たつもりで実はまだ観てなかったので鑑賞。よくできた作品だと思う。えぐいけど面白い。

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

4.1

テッサの名前を街中に刻んだ辺りから涙腺バカになっちゃう。17歳という若さにして死と向き合姿に胸が詰まる。アダムの優しさ、父の抑えきれない思いが溢れた時には涙が止まらなかった。

>|