昆布さんの映画レビュー・感想・評価

昆布

昆布

映画(183)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.3

予告でラスト五分の衝撃までいっちゃってたから主人公はss隊員だろうと思ってみてたら、ホテルのバスタブの中でシャワーヘッドを眺めるシーンが、収容所のガス室のシャワーを暗喩していてやっぱりユダヤ人なのか?>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.1

イかれた男が好きになった女を監禁して欲望のままに暴れるというイカしたR18映画だと思ったら全然違ったw
サイコパス同士の歪な愛の形を見た。
かもなく不可もなくまぁグロいからいいかって言う程度の作品

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.4

西宮がずっとかわいい映画。
川井が終始報いを受けず反省しないのが腹立つがそれが人それぞれ感があってよかった。
耳が聞こえるかは関係ない。家族であろうと恋人であろうと所詮他人100%理解し合えないからこ
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.4

初見だと思ってたら二度目だったから忘れないように記録。
病気を通して友情、恋愛、家族愛というテーマで進んでく作品だが、1時間半程度なので一つ一つがいまいち浅い。でも1時間半と考えると及第点。
カウンセ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.4

エミリアクラークとエドシーラン と映像美にだいぶ引っ張られて3.4って感じの作品。
物語としては金持ちの病人に気に入られた貧乏人が金持ちにいろんなこと教えてもらったら、7年付き合った彼氏より好きになっ
>>続きを読む

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015年製作の映画)

3.5

ハングオーバー!と名付けてるだけでクソ映画だろうと思って見たけど全然そんなことなかった。
三者三様の今があるけど友達は何があっても友達であって本当の友達は切りたくてもきれないものなんだなって改めて思
>>続きを読む

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

3.4

病気系はお涙頂戴感がすごいから好きじゃないけど、これは他の作品に比べるとそこまでお涙頂戴感がなかった気がした。
自分の余命が短くなって行く中、恋を知って愛を知ってセックスを知る。余命がある分自分とは違
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.3

自分の面倒を見られない限り人の面倒は見られないってのが響いた。
それぞれのキャラクターもたってるし、ちょいちょい笑えるんだけどハマるタイプの映画じゃなかった。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.4

4:6ぐらいな割合のラブコメディ

内容的には高校生から付き合って結婚した2人が、お互い遊んだ結果やっぱりお互いが好きって感じ。いやわかるんだよこの感情でも、息子と両親を同じスケールで語ってるところに
>>続きを読む

モテ女キ(2012年製作の映画)

2.0

いや由愛可奈使うならエッチなシーンがもっと必要だろ…
パロディにしても酷いせめて乳首みせえや…

モテキ(2011年製作の映画)

4.0

映画館でも見たし、レンタルでも借りて何度も見たけどレビューしてなかったため、改めて見て書いた。
この映画に出てくる恋に関する感情は恋愛したことあるイケてない男子全てに理解されるはず(イケイケの男には理
>>続きを読む

>|