アキノさんの映画レビュー・感想・評価

アキノ

アキノ

映画(192)
ドラマ(0)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

-

曲と伊藤沙莉と仲本工事さん良い。
観るなら横川シネマでって思ってたけど凄く丁度良い時間があった。片桐はいりさんがもぎりをしているという映画館。シネツイン新天地や鷹野橋時代のサロンシネマを思い出す感じ。
>>続きを読む

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

-

清野菜名のパンチラ最高ー!
もろもろ吹替じゃないよね...?やっぱ凄いわ、この女優さん。
大東俊介のラップもっと聞きたい。
うひー最高でした。

RANMARU 神の舌を持つ男(2016年製作の映画)

-

クイズ。クイズ懐かしい。本当好きだったあのドラマ。

脚本がトリックと同じ人ならもうちょっと違ってたかなと思う。

トリック、継続、IWGP、Stand up、ごろの当時のリアルな人間の不気味さ演出、
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

-

良かった。
女優さんの表情が見応えあり。
オシャレなエンドロール。

ハイボール飲みたい。

しかし、チラシビジュアル明るく優しく爽やかに見えるのはあえてなんかな。
自分に正直に生きている、そうあろう
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

映画はアイデア納得。
ホラーのジェットコースター乗れました。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

-

出演者、奥貫薫さん以外、誰一人知らなかったけど、アイドルなの?劇場入った瞬間、ほぼ男性客で会場間違えたかと思った。

なかなか良かった。

先生と母親がポンコツな気がしたよ。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

メモ 2018年鑑賞100本目

この映画もっとヒットしていいと思うのー!ハマる世代は、働き盛りか子育て世代で映画見に行かないからか?

凄い人いっぱい出てるよ。みんなよいよ。

兎に角懐かしいよ。
>>続きを読む

愛を語れば変態ですか(2015年製作の映画)

-

ずっと見たかったんだが。
なんだろう。演劇だと面白いのかな。映画だと笑えないのかな。
タイトルめちゃ良い。

少女邂逅(2017年製作の映画)

-

『少女邂逅』かいこうって読むんですねこれ... 思いがけなく出あうこと。偶然の出あい。めぐりあい。スリリングで美しかったです。月刊根本宗子「紛れもなく、私が真ん中の日」に出演してた近藤笑菜さんが出てた>>続きを読む

RED SHADOW 赤影(2001年製作の映画)

-

再鑑賞。当時好きだったんよね〜ずっともう一回観たかったけど機会がなくて。
みんな若いぞ。なんてバブリーなキャスティング!レビュー低ぅ。荒唐無稽でゆるくて。安藤政信と村上淳、好きすぎる。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

騒がれてたのそーゆーこと、って納得。もの創りの大変さ楽しさ。面白いか面白くないかは人それぞれだと思うけど、ただただ凄い。
ワンカットが話題になってるけど、それならアイスと雨音のワンカットがもっと話題に
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

-

本当にずっと見ていられる...。
改めて見たらキャストが凄い。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

-

ツライ...それでもやっぱりこの映画はスバラシイスバラシイ。
この時代に13歳から15歳だった1人です。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

-

3時間強の時間を感じさせない内容。
ナレーションが私にとっては神の声。笑

伝染歌(2007年製作の映画)

-

コメディってことでいいのかな?
AKBの成長記のはずだったのか?

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

なんとゆうか...後半コント?前半の作りは(あの前半の演出全体的に苦手)後半を盛り上げる為わざとなのか?全員早口で1.5倍速で見てる感じ、原作ボリュームあるのか?内容重厚そうだもんね。スピード感あって>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

-

いやぁ、やっぱ良かったわー。伊藤沙莉と須賀健太好きすぎる2人。冨手さんヤンキー似合いすぎて分からんかったわぁ、検索して謎解き。水澤紳吾さん居たよね?舞台、鳥の名前で見たヤクザとシンクロしてたよ。こわい>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

-

再鑑賞。今見ても足元グラグラさせられる映画。当時、いつも映画一緒に観に行っていた幼馴染と何かすごい映画観ちゃったねと話しながら帰宅したこと思い出した(今考えたら当時中学生だった事に慄くわぁ)

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

-

インディージョーンズの冷蔵庫。ウルヴァリンの井戸。
うーん。やっぱりこうゆう映画は色々無視して楽しんで見るべきなんか...楽しむのん難しい。ローガンは硬派であってほしいよ。笑。
戦場で国を越えて交流し
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

-

まさか自分が映画館に仮面ライダーを観に来る日がくるとは☆
グリスー!グリスが生きてるよぉ〜。

アーユーレーディ?「だめです!」っていうバンジョウが暫く忘れられない。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(2018年製作の映画)

-

仮面ライダーと同時上映だけど、レビュー別々に書けるんじゃステキ。
まだ夏休みだけど映画館貸切だった。ヒャッホー。
特典のカードも凄いしっかりしてて嬉しい。

銀魂(2017年製作の映画)

-

原作知らないけど面白かった。ここまで振り切れてたら漫画実写も楽しいのかも☆
幕末うんぬんが下敷きになってて世界観は好き。でも私は一回観たらよいかな。ファンは何回も映画館に足を運んだらしい。

凶気の桜(2002年製作の映画)

-

懐かしいなぁ...
あの頃に色々置いて来た気がする...。面白い映画いっぱいあったな。

美しい桜と音楽といい役者と。

アンダーワールド ブラッド・ウォーズ(2016年製作の映画)

-

人間どこいった?
シリーズでこれが一番映画としてちゃんとしてた気はする...。

BLEACH(2018年製作の映画)

-

福士蒼汰と早乙女太一が殺陣って、髑髏城じゃん☆と思って鑑賞。

ブレイド(1998年製作の映画)

-

アンダーワールド観てモヤモヤして、懐かしいの観たくなって再鑑賞。

前半のカメラワーク最高。

アンダーワールド 覚醒(2012年製作の映画)

-

面白いけど、やっぱこんがらがる。
どことなく漂うバイオハザード感。

アンダーワールド:ビギンズ(2009年製作の映画)

-

アンダーワールド、アンダーワールドエボリューションと見てきて、これが今のところ一番面白い。最初の2作の監督が好みに合わないのか。。。どうなのか。自然と扇動していくルシアンのカリスマ性とか、それを冷静に>>続きを読む

>|