U子さんの映画レビュー・感想・評価

U子

U子

映画(1116)
ドラマ(0)

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.5

自身のセクシュアルマイノリティを後発的に気付く人は沢山いると思いますが
このお話は、そういったことでは無く
人間の愛の結び付きを伝えたかったのかな🤔

成田凌さんが待っていたピンクの猫の絵のジッポは、
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

3.0

ワンちゃんの所がいかん
ビーバーも何も悪くない🦫
次はゾンビーが襲うんかな

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)

3.5

ちゃんと面白かった。
ポメちゃんのシーンが1番ハラハラした

脳男(2013年製作の映画)

2.0

2回目、観てる途中で気付く
つまらなさ過ぎて記憶から抹消してた
松雪泰子さんは白鳥麗子の時から全然変わってないなぁ、いつも眉間に皺を寄せているイメージ

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

4.5

2021年はじめての映画

俊足ゾンビは絶対怖い
ドンウォンがかっこいい
あんなぶっ壊れた道でドリフト
キメまくってバーストしない
戦闘ファミリーカーを操る女の子
姉妹がとても可愛い

映画の面白要素
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.0

窪田正孝さんの痛がる顔が、大変にいやらしくて良い
真矢みきさんの男役の雰囲気を味わえたのが、嬉しい
ワンちゃんが可愛い
蜷川極彩色祭りは、やはり苦手

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

漫画が面白すぎたけど、映画としてちゃんと面白かった

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃアメコミ感だし、理屈無視で純粋に楽しめた
綺麗だし格好いいし泣けるし笑えるし
好き

トリプルX(2002年製作の映画)

3.0

雪山のとこで気付いた、多分3回目
胸筋に挟まれたい

ブロンド・ライフ(2002年製作の映画)

2.8

大分前に観て忘れていた。
内容よりもアンジェを拝む映画

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.5

うろ覚えだったので、アマプラで再見。
旦那の言動一つ一つに感情が揺さぶられるメリルの移り変わる表情が
凄い胸に沁みた

恋するベーカリー(2009年製作の映画)

3.8

メリル・ストリープが可愛い
大人の王道ラブストーリー
邦題が酷い

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

強い女の子はたまらん
ねっとりした蛇みたいな顔も大好物

星の子(2020年製作の映画)

3.8

集会とか妙に生々しくて
心象描写が切なかった
せんこーがクソ

獣道(2017年製作の映画)

4.0

伊藤沙莉さんが本当に素敵
どんな役も上手にハマって本当に凄い
母から面白いと勧められて観ました
親子共々こうゆうのが好き

湿地(2006年製作の映画)

3.0

暗い映画は大変好きだけど
あまりハマりませんでした
スリランカで羊の脳味噌食ったけど
とても美味しかった

鉄男 TETSUO(1989年製作の映画)

3.8

中学の時に観た、大変思い出深い映画
ガチガチのギュインギュインの
訳わからんけどすごい
トモロヲさんを好きになった映画

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.0

キアヌだから余計よかった
男だもの
さがには抗えん

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

4.0

とってもよかった
面白かった
寺島しのぶさんの艶っぽい
色白の体はほんと興奮する

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

2.5

ホラーかな?
映画も現実もいかん事まるけの非人道的なお2人ですが、並んだ姿はとってもお似合いでした。

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.5

何も考えずにみれて嫌な気持ちの残らない内容
少しうろ

オープン・ウォーター(2004年製作の映画)

3.8

随分前にみた、スキューバーはじめた頃だから覚えてる。
海外のボートダイブはスポット迄が遠いからほんと置いてかれたらって思うと怖かった。
日照りキツイ、喉乾く、夜寒い、サメ怖い。たまらん

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

4.0

2回目。小さい時に観て内容あやふやだった。最後は皆がハッピーがやっぱり1番。

やはりタミル映画のが好き。
顔も体型も南のが好み。

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.2

これ大分前にクロエちゃん目的で観てた

ギリギリまでずっとモヤモヤもどかしかった。

(2020年製作の映画)

3.0

ギリギリまで観ようか悩んだけど
思った通りの気持ちになりました。

ファイトの方が主題のようでした。

詰め込みすぎて登場人物の背景があまり分からなかったけど
内容はFilmarksのあらすじの記述通
>>続きを読む

>|