ゆみなさんの映画レビュー・感想・評価

ゆみな

ゆみな

備忘録。
誰かの為のものではなく、全ては自分への文章であり問いかけ。
日々、映画と共に。死ぬまで映画を楽しみたい。

映画(3253)
ドラマ(70)

人狼(2017年製作の映画)

3.4

全方向からモテるカン・ドンウォン

Netflixで観賞。原作未見なんですよね。
キム・ジウン監督作品ってことで、期待値ダダ上がりだったんですけど、面白かったけど大絶賛まではいかず…って感じかな。アク
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.2

モテすぎる女は生きづらい…

40年間もの間、精神病院に入院しているローズの過去を紐解く物語。
キャストが素晴らしく良いので、もうちょっと中身も伴ってくれば良かったのになぁ…って、少しだけ惜しい気持ち
>>続きを読む

狂人ドクター(2017年製作の映画)

1.8

ジェームズ・フランコ映画は当たり外れの振り幅が物凄い。で、これはぜんぜん面白くなーい。超ハズレ。

おっぱいだけは結構出てくるので、おっぱい見たい人はどうぞ。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.3

3年くらい前ならもっと好きだった。
映画って、観るタイミングで多分好き嫌いがだいぶ左右されると思うのね。この映画は、3年前くらいの私なら多分絶賛していたであろう映画なんですけど、今の私にはイマイチ響か
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

3.1

斬新な処刑器具に歓喜…!

まあ、歓喜とか書いてみたものの、前半はイマイチ乗り切れなくてね…。どんどん巻き返してきて最終的には意外と楽しく観れました。
観終わった後の感想が、あの処刑器具逆にめんどくさ
>>続きを読む

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.0

その記憶は本当に正しいものですか?

40年前の失恋の記憶を、自分の都合のいいように書き換えてしまったおじいちゃんのお話。

ジム・ブロードベント演じるトニーの、なんとなくめんどくさい嫌なおじいちゃん
>>続きを読む

Mad World(2016年製作の映画)

3.2

ただただ、苦しい

責任感が強く、真面目な人ほど心を病んでしまうのではないか…?
母親の介護を1人で請負い、その最中の事故で母親は死亡。ショックで双極性障害となってしまったタン(ショーン・ユー)。精神
>>続きを読む

セクシャリティー(2018年製作の映画)

2.5

サラ・ガドン目当てで観賞。

これ、苦手なやつでしたね。
唯一、ディミトリス・キトリスくんの存在を知れたのが良かったかな?

まあ、観なくてもよかった1本かも。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.3

その人が幸せかどうかなんて、他人がきめることではない


いやー、ぜんぜんハマらないと思っていたこの映画を意外と好きになってしまった自分にビックリですよ。
常識から考えると贔屓目にみたって立派な母親と
>>続きを読む

シドニー・ホールの失踪(2017年製作の映画)

4.1

彼の人生は、彼の描きたかった生と死の物語となった


ショーン・クリステンセン監督に吸い寄せられて観賞しましたけど、これ予想以上に良かった!好きなやつ!

冒頭に書いたように、シドニー・ホール(ローガ
>>続きを読む

プライベート・ライフ(2018年製作の映画)

3.5

グサグサグサグサ胸に突き刺さる

どうしても子供が欲しくて、不妊治療を続けている夫婦。なかなか上手くいかずに養子を迎えようと奮闘するも、そっちも頓挫。新しい選択肢として卵子提供を医師に勧められ…悩んで
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.5

『不汗党』やっとこさ観たよ。めちゃめちゃ期待値上げてたので、観終わってちょっと拍子抜けしてしまったんだけども……改めて恋愛映画として観てみると、なるほどこれは2人だけの世界なんだなぁ…って納得したよう>>続きを読む

オペレーション・フィナーレ(2018年製作の映画)

3.0

Netflixで観賞。
なかなか面白かったです。

アルゼンチンで逃亡生活を送っていたアドルフ・アイヒマンを見つけて捕まえ、イスラエルに連行して裁判にかけようぜ…!って感じのストーリーですね。

アド
>>続きを読む

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル(2016年製作の映画)

3.1

前半超面白かったんだけど、途中からどうも集中出来なくなってしまった。
タイカ・ワイティティ監督作品…実は相性悪いのかもしれないなぁ。

パパVS新しいパパ 2(2017年製作の映画)

3.3

前作より好きかも。

ウィル・フェレル&ジョン・リスゴー親子のベタベタした感じと、とマーク・ウォールバーグ&メル・ギブソン親子のギスギスした感じ…傍から見てるとどっちもどっちなんだけど、最終的には大団
>>続きを読む

ホールド・ザ・ダーク そこにある闇(2018年製作の映画)

3.1

Netflixで観賞。

途中のあのシーンでビックリしちゃってね。Netflixオリジナル映画のアレクサンダー・スカルスガルドとは、私あんまり相性良くないみたい(笑)

きっと完全に理解できないくらい
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.0

キャラ萌え。

映画自体はそこまで面白いとは思えなかったんだけど、とにかく世界観とキャラ萌えで楽しく観れちゃう感じでした。

こんなに男っぽいデハーンなかなか見た事ないなぁ…って、それだけで評価上がっ
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.4

観終わった後、このタイトルに胸が熱くなる。

彼を取り囲む人達は、何だかんだ言ってもみんな温かい。彼の生きる世界は優しい。
嘘くさいと思う人も居るかもしれないけど、私はめちゃくちゃ肯定派ですね。ずっと
>>続きを読む

ファイナル・アワーズ(2013年製作の映画)

2.8

アンガーリー・ライスちゃん目当てで観賞しましたけど、こういう映画は数多くあるので…埋もれてしまいそうな作品に思えました。

花咲く恋(2016年製作の映画)

3.1

Netflixで観賞。
未成年更生施設で出会った2人の不器用な恋のお話って感じかな。

退屈かと思いきや、意外と物語に入り込みまして…なんかリアルさを感じるなぁって思ってたら役者さんではない2人が主要
>>続きを読む

ダークネス(2016年製作の映画)

2.5

なんとなく観賞したけど、別に観なくてもよかったかな…。印象に残るシーンもあまりなく…たぶんすぐに忘れる。

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.1

1日1日を違う人に乗り移って生きる霊体Aと恋に落ちる高校生リアノン(アンガーリー・ライス)の恋愛映画ですね。
この映画観て思い出すのはやっぱり『ビューティー・インサイド』なんだけど、個人的にはあっちの
>>続きを読む

パラダイス 愛(2012年製作の映画)

3.3

美しいのか醜いのかわからなくなった

自分の人間性と向き合う作品なのかもしれない。オープニングシーンで既に試されている感があり…さらに物語が進むにつれ追い打ちをかけるように残酷な現実がこれでもか…って
>>続きを読む

マインドホーン(2016年製作の映画)

3.0

別につまらなくはない。普通に観れる。でも、あんまり記憶に残らないコメディ。
『このサイテーな世界の終わり』のジェシカ・バーデンちゃんが出てきて、ちょっと得した気分にはなりました。

コネチカットにさよならを(2018年製作の映画)

3.8

ここ数年でいちばん忙しくて精神的にも肉体的にも追い込まれていました。それが一応一段落。そんな中、この映画は3回くらい観たのかな?好きなやつ。
Netflixで観賞。邦題『コネチカットにさよならを』です
>>続きを読む

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ(2010年製作の映画)

3.2

髭モジャの良きマシュー・グード。

王道ラブコメでストーリー的にはありきたりなんだけど、キャスト2人のおかげで最後まで楽しく観れましたね。
ラスト、ちゃんと跪いてプロポーズするくだりが良かった。それを
>>続きを読む

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

3.0

変な映画。
それでも退屈せずに最後まで観れちゃう不思議。何故か頭に残る膝枕とビンタ。

シエラ・バージェスはルーザー(2018年製作の映画)

3.2

ノア・センティネオくん目当てで観賞。

途中まで相当面白くて惹き込まれつつ観てたんですけど、後半のシエラの行動にドン引き…!いじめられっ子だったはずのシエラが、あんなことしちゃうのはどうなのよ?って考
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.5

パク・ソジュン目当てで観賞。
もっともっとぶっ飛んだバディ物かと想像してましたが、意外とマトモな印象。警察官ではなく警察大学の学生って立ち位置なので、とにかく正面からぶつかって玉砕しつつ、それでも諦め
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

映画館で観といたら良かったやーつ。
特に感想はありません。

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.3

ちょっと期待しすぎた感がありましたけど、面白かったです。

前半の成り上がっていく感じが好きで、ダンスシーンが最高潮。後半は展開的に仕方ないとは思うんですけど、ちょっとトーンダウンしまして…それでも巻
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

意外にもマーク・ウェブ監督作品の中では上位で好きになってしまった…!

こういう、これから先の未来をどう生きていくんだろう…って迷っているような若者の話が好きでね。たぶん自分がその分岐点で、ことごとく
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.0

デ・ニーロおじいちゃん何でもやるな(笑)
普通に面白かったですけど、突き抜ける程ではなかったかな?

ゾーイ・ドゥイッチちゃん目当てで観たけど、見事にオーブリー・プラザが美味しいとこ持ってった!なんだ
>>続きを読む

愛の嵐(1973年製作の映画)

3.3

シャーロット・ランプリングの美しさにやられた。ダンスシーン最高すぎた。と、同時に…あの体型と三白眼に美少年っぽい匂いも感じたりして。

あと、ゲイのバレエダンサーが踊るシーンも何気に見所かと!めっちゃ
>>続きを読む

>|