ゆみなさんの映画レビュー・感想・評価

ゆみな

ゆみな

ラスト・シフト(2020年製作の映画)

3.0

意外と好きだった。定年間近まで信じて働いてきた職を、若者に引き継ぐ間に色々思うところが出てきて…。知らない方が良かった事もあるし、だからってやってはいけない事もある。ラストちょっとぼんやり考えちゃう感>>続きを読む

ハ―ド・ヒット 発信制限(2021年製作の映画)

3.0

なんか知ってるな…って思いつつ観てたらリメイクだった。

モービウス(2022年製作の映画)

3.0

あんまり評価高くないの知ってたので、どんなもんかな~って思いつつ観たけど普通だった。キャスト好きだし尺も短めなので良かった。

ソウル・バイブス(2022年製作の映画)

2.8

ユ・アイン大好きなので期待して観たけど、ちょっと中弛みした感があったし長かったな…。

マリー・ミー(2022年製作の映画)

3.3

ちょっと懐かしく感じるような王道ラブコメなんだけど、ジェニファー・ロペスならアリだな~って思っちゃった。自分も歳を重ねていたので尚更良かったのかも。

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

3.2

ちょっとテンポ悪いとこもあったけど、まあまあ面白かった。カレン・ギラン可愛かったですね。ボウリング映画だったし、大人のおば様方がカッコいい映画でもあった。

君が落とした青空(2022年製作の映画)

2.6

タイムリープもの好きなんだけど、いちいち映画にすることもないようなスケールの小さい話だったな。まあ、福本さんかわいいし、松田元太くんイケメンだし眼福ではあった。私はお友達役の板垣くんが好き。

君が最後の初恋(2021年製作の映画)

3.3

『傷だらけのふたり』のリメイクなのね。なんとなく観たことある気がしたのはそのせいか。何気にボウリング映画だった。ロイ・チウさんは他の映画でもいいな~って思っていた俳優さんだったので、この映画でまた観れ>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.0

ファンタジーとして観ればいい映画。それは有り得ないだろ…って考え出すと話に入り込めなくなるので、子供の頃に読んだ童話だと思って観ればいいと思う。

エニシング・イズ・ポッシブル(2022年製作の映画)

2.8

言いたい事や、やりたい事は何となくわかるけど、私にはあんまりハマらなかったですね。

僕が大人になる前に(2019年製作の映画)

3.0

思春期の頃ってどうして身近に居るちょっと悪い年上の人に惹かれちゃうんだろうね。憧れ…?傍から見るとロクでもない奴なのに、一度ハマると抜け出せない沼みたい。終わりは呆気なく…なんだか切ない。

ジョー・ベル ~心の旅~(2020年製作の映画)

3.0

自分の心の折り合いをつけるための旅だったのかな…?最後までキツい。

デイ・シフト(2022年製作の映画)

3.5

素直に面白かった!こういうデイヴ・フランコ好き。

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.4

好きな事に脇目もふらず一直線な人は、はたから見てると清々しくて応援したくなっちゃう。彼女を見ているうちに自分自身に変化が生じていく周りの人達もいいな~って素直に思えた。高校生にしては淡すぎる恋愛で、こ>>続きを読む

13人の命(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

さすがロン・ハワード監督。観応えめちゃくちゃあった!

ニュースで大々的に報道されてたので、もちろん記憶にもあったし、でもその背景までは知らなかったので、救出作戦がこんなものとは全く知らず。一歩間違え
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ミレパと中村佳穂さん目当てで観たけど、途中まではかなり好きだった。あと、幾田りらさん上手かったですね。結末がどうもな…って思っちゃって…救ってくれる人があんなに遠くから駆け付けないとダメな環境って…救>>続きを読む

靴ひも(2018年製作の映画)

3.0

やっぱりそうなっちゃうのか…って、切ない気持ちになったけど人生ってそんなもんなんだよな。素直にいい映画。

カーター(2022年製作の映画)

3.1

いきなりほぼ裸の戦闘(銭湯)シーンから始まって、ほぼずーっとアクション目白押し。ワンカットっぽく撮ってる感じで急に視点変わったり空撮入ったりするので、ガッタンガッタンアトラクションで映画館で観たら酔っ>>続きを読む

パープル・ハート(2022年製作の映画)

3.1

ちょっと長めのソフィア・カーソンのMVみたいな映画。ニコラス・ガリツィンがいつの間にかシュッとしてカッコよさ増してた。

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.0

なかなかのキャストだし時間がある時に観ればいいかと。

ヴォイジャー(2021年製作の映画)

2.9

初めて観る映画なのに、何となくどこかで観たことあるような印象だった。つまらなくもないけど面白くもないので、キャスト目当てで観るならいいかも。

アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド(2021年製作の映画)

3.1

若い時に観ていたらイマイチだったかもしれないけど、今観ると結構刺さる。

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

3.5

心が温まるいい映画だった。
最初はぶっきらぼうな偏屈ジジイ(失礼)だと思ってたけど、蓋開けてみたら物凄くいい人。まあ、優しくされたら相手にも優しさで返したい。お互いがお互いを思いやる気持ちが素敵だった
>>続きを読む

パパに教えられたこと(2022年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

「そっちか…」って、ちょっと声出ちゃった。

パパが唄うイギー・ポップの『The Passenger』が良かったよ。

グレイマン(2022年製作の映画)

3.3

ルッソ兄弟だー!って過剰に期待しすぎると肩透かしくらうけど、普通に楽しく見れました。

ライアン・ゴズリングよりアナ・デ・アルマスに持っていかれた。それだけでも観る価値あるかも。

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

家族でひとりだけ耳が聴こえないんじゃなくて、その逆の孤独って初めてかも。疎外感とも戦わなきゃだし、周りから頼られる重圧もあっただろうし…考えれば考えるほど辛い環境で。自分がいちばん打ち込める大好きな歌>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

これ面白かった!

ほんとにFukaseさんごめん…観る前ちょっと舐めてた。めちゃくちゃじっとり系の気持ち悪さがあってよかった。きっと演技勉強したんだろうな。

ラストの重なり合うとこすごく好き。

説得(2022年製作の映画)

2.8

ジェーン・オースティン好きなら観てもいいかも。個人的には回りくどくてじれったい。

Pure Japanese(2022年製作の映画)

2.8

観終わった後に「結局何だったんだろ…?」って思う様な映画です。すごくつまらなくはないけど、すごく面白くもないような。

今夜、世界からこの恋が消えても(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作既読。観る前からネガティブな情報が嫌でも耳に入ってきていて、推しが主演だからって微妙だった時に嘘つくのも嫌なので、実は観るのがちょっと怖かった。でも、そんな心配は皆無でした。贔屓目なしに丁寧に作ら>>続きを読む

声もなく(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

口のきけないテイン(ユ・アイン)と、相棒チャンボク(ユ・ジェミョン)は、卵の移動販売しつつ裏では死体処理のお仕事してるって設定がまずツボ。

序盤は淡々としつつもシュールでちょっと笑える部分もありつつ
>>続きを読む

>|