MAさんの映画レビュー・感想・評価

MA

MA

ジャンル問わず。年間100本目標。1~1.9 残念 2~2.9 いまいち 3~3.4 それなりに
3.5~3.9 よかった 4~4.4 素晴らしい 4.5~ amazing!

映画(777)
ドラマ(0)

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.4

スプリットを観たので復習
子役の子ミスティックリバーにも出てたけどうまいなぁ
グラス楽しみ

スプリット(2017年製作の映画)

3.6

とにかくジェームズ・マカヴォイの演技が凄い
そして最後にあの映画とのクロスオーバーに驚き
続編もあるとのこと

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

これが実話とはすごすぎる
戦闘シーンがリアルで圧倒され続けだった
あと一人、あと一人だけ…

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

なかなかひきこまれた
携帯は危険、秘密はみんなあることをあらためて
最後はちょっとなぁ

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.3

世界観はいいかな
スカヨハさすが
たけし、存在感はあるけど何言ってるかわからずボリュームmaxに
桃井かおり、あってるけどなんで英語?
小佐の上司が課長っていうのは 笑

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.5

痛快なバディもの。
テンポよく、90分という時間もいいけど、全体通して既視感あり。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.2

えっ?結局…。
いまいち良さがわからないのは感性がないのかな。
兄貴のヴァンサン・カッセルがちょっとやかましい。
気の弱そうな控え目なマリオン・コティヤールよかった。

白い闇の女(2016年製作の映画)

3.3

で、結局なんなの?って感じかな。
なんでみんな馬の話させたかったのかな?
イヴォンヌ色っぽかった。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

この二人なら鉄板。
面白かった~。
こういう映画の娘役っていつも素晴らしいなぁ。

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.9

かなり面白かった。
途中から何かがひっかかっていたけど、そういうことかって最後に納得。
良質なサスペンス。

エージェント・ハミルトン 祖国を愛した男(2012年製作の映画)

3.3

アクションも渋さもいいんだけど、なんかもったいない感じ。
恋人の死は必要なのかな?

ヘッドハンター(2012年製作の映画)

3.8

期待以上に面白かった。
ラストもよかった。
犬と格闘してる時にどこに行ってたのかとか色々つっこみどころはあるけど。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.1

独特の世界観。
エル・ファニング、モデルの中に入ると圧倒的な自然美。
キアヌ・リーブス。笑
オープニングとエンディングがよかった。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.7

そんなに期待してなかったわりに面白かった。
いかれたケビン・コスナーよかった。
最後はいい人だったけど。
ライアン・レイノルズの使いかた贅沢。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.8

色々矛盾はあるけど泣いた、ラスト。
名優競演、すごい。
何この邦題?笑

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

2049の前に復習。
やっぱり名作。
世界観がいい。
レプリカント切ない。
ルトガー・ハウアー凄すぎる。

スノーデン(2016年製作の映画)

3.7

スノーデンすごいことをしたんだな。
ある意味アメリカもすごい。

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

3.1

ジェニファー・ローレンスを観るためだけに借りてきたけど、う~ん。
炎の女ってそういう意味か~。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

映画館で観るべきだったかな。
ラストシーンよかった。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.2

う~ん、いつのまにかアクション映画になってるんだなぁ。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.7

スパイ映画ではあるが、ひたすらシャーリーズ・セロンのアクション。
長回しのアクションシーンと80年代の音楽がいい!

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

主人公含め登場人物の誰にも共感できない。
ただの変態。
レベッカの最後の一言は衝撃的。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.8

怒りや無力感、光と陰、とても引き込まれ、2時間超を感じさせない。
ラストの戦慄…。
どこをとっても邦画に勝ち目なし。

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

3.7

素晴らしい。
船を降りることができないから人生を降りる。
重くてせつない。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.7

新聞社が教会の闇を暴く実話で引き込まれた。
スポットライトのキャストもいい。

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.2

怪しげで狂気な役柄をやらせたら右に出る者がいない二人。
さすがにすごい。
でも共感はできないし、面白くもなかった。
しかし、この時のフィリップ・シーモア・ホフマン、40台前半。
とても見えない。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.3

なかなか楽しめた。
前半と後半で違うジャンルの作品。
さすがジョン・グッドマン、いい奴なのか悪い奴なのか不気味。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

乗り越えられないっていう重さがドキュメンタリーみたいにリアル。
ケイシー・アフレックはまってる。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.3

法廷に真実と正義はないのか。
悪くはないけど、パンチが足りない。
それよりレニー・ゼルウィガーの老けっぷりに衝撃。
途中までわからんかった。
杉本彩みたいだった。

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.5

深刻な場面でもユーモアのあるやりとりとか自然な友情がいい。
ほんとに箪笥に寝かしてるし。笑
二人の演技が素晴らしい。

>|