MAさんの映画レビュー・感想・評価

MA

MA

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

3.8

ラストに向けて伏線が回収されていき
面白かった
原作日本だけど、邦画でここまでの
クオリティは厳しそう

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.7

チャドウィック・ボーズマンの遺作
やっぱ痩せてる、鬼気迫る?
せつなくなった…

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.8

かなりグロいけど、スピード感あって、
楽しめた
解せない点もあるが、まぁよし
インゴルフ、何者?ただのいいやつなだけ?
リンダ、スゲーわ
で、どこの国にもヤバイ奴の役やらせたら
凄い俳優いるんやな

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.3

うーん、微妙…
モヤモヤする〜
ジャレット・レト、さすが

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

3.5

宗教やLGBTというテーマはさておき、
二人のレイチェル見たさに鑑賞
その点では申し分なかった

特にレイチェル・マクアダムスの
作り笑いや自分を押し殺した表情から
感情が溢れ出てきて、そしてまた苦悩
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.5

何これ〜
世にも奇妙な的な
不気味で不快感たっぷり
社会風刺的な解釈あるけど、
よくわからん

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

ちょっと無理〜
グロイ
宗教的というか、社会の構造風刺というか、
よくわからないけど…

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.4

とにかくニコール・キッドマンが凄い
特殊メイクっていうのもあるけど、
正気のない目とやさぐれ感ハンパない
ストーリー的には物足りなさあるけど
まぁそれなりかな

ザ・スクワッド(2015年製作の映画)

3.3

移動の時間潰しにはいい映画
ジャン・レノ、渋いが歳とったなぁ

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.3

いらんエピソードが多くて無駄に長い
音楽もなんかなぁ
文鎮しつこい

さんま、どこに…?

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.8

超豪華なキャスト
オムニバス形式で進んで、
みんなつながる
とてもいい

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.9

すごいもの観た
映像、色使いもすごく好み、
飲み込み、そしてエンドロールが
出す場所であるトイレというのが素晴らしい

そして、ハンター演じるヘイリー・
ベネットの美しく危なげな演技が秀逸
特に飲み込
>>続きを読む

ロックダウン(2021年製作の映画)

3.3

かなり評価が低かったけど、
それなりに楽しめた
アン・ハサウェイ、長ゼリフ含め
何をやっても魅力的

君の誕生日(2018年製作の映画)

3.5

誕生日会のシーンはそりゃ泣くよ
ソル・ギョングとチョン・ドヨンが素晴らしい

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

3.8

くそかっこいい
無双すぎる
引き金を引くまでの緊迫感すごい
これが実話ベースなんだなぁ
こんな勇敢な先生ほんまいるの?

サスペクト 薄氷の狂気(2019年製作の映画)

3.5

オチはどうかと思うが、
緊迫した展開て
魅力的なキャストで楽しめた
犯人役の演技スゲ〜

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

素晴らしい、そして美しい
実話なんだなぁ
家族愛と思春期の少年の成長、
すべていい

アンストッパブル(2019年製作の映画)

3.6

クソやばいストーカーと思いきや
子供たちの表情に泣けた

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.7

ベティ・ギルピンつえー
エマ・ロバーツまさかの…

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.8

署長がクソすぎて、
見ているこっちも犯人に共感してしまった
ご主人がかわいそう

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.7

静かで重いけど、いい作品
ピザ屋の女性の使い方が
重すぎなくしていていい

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

3.6

緊迫感あって楽しめたけど、
犯人がどうやって監視してたのかとか
突っ込みどころは満載

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.5

キット・ハリントンの寂しげな笑顔が印象的

ナタリー・ポートマンが母親役なんだな

しかし、演技派ばかり揃えたなぁ

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.9

死にたいが生きたいに
シュールな中にホッコリする感じ
とてもよかった
女優の人がとても魅力的で、
死から最も遠い感じがするアンバランス感
がよかった

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

3.5

中国には住みたくないなぁ
グイ・ルンメイの透明感だけが異質
観覧車のシーンの横顔に惹きつけられた

世界の涯ての鼓動(2017年製作の映画)

3.2

うーん、最後はどっちなの?
個人的にはバッドエンドなのかと思ったら、
ネタバレ見たら助かったみたいな…
わからんし、無駄に長いし
なんにしてもアリシア綺麗
で海も綺麗

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

音声だけなので想像力がふくらみ、
そして思わぬ方向に
イーベンもすごいけど、
子役の子の声の演技、ハンパないうまさ
最後の電話は奥さん?

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.4

マジかー
超胸糞
ハラハラしたけどこの結末
だからすごいんだろうけど
俺なら飲まん

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.7

渋い、そして味がある
90年代を描いた小説を50年代に
ということだけど、たしかに時代
設定はその方がしっくりする

イフ!が癖になる…

>|