degさんの映画レビュー・感想・評価

deg

deg

22番VS人間の世界(2021年製作の映画)

-

22番の悪巧みしてる顔めっちゃ可愛いです。

育休から仕事復帰して時間が全然ないぃぃぃ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

クリス・プラットかっこいいぃぃぃ!ジュラシック・ワールドの時は割りとクールな感じでしたがこちらはお茶目でした。
随所に面白要素が入ってくるのでクスクス笑いながら観れました。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

-

前作よりも好みでした。
終盤のバンバン景色が変わる戦闘シーンは圧巻ですね。予算があるって素晴らしい。

兄弟のやりとりが辛辣で面白くて好きです。
ラストでより次作への期待も高まりました。おかん強すぎ。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

-

B級インディー・ジョーンズかと思いきや、事実を基にした結構大真面目な映画でした。
こういった映画あるあるだと思うのですが、シーンが急に変わったり、人物描写があまりなかったりで、いまいち映画のなかに入り
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

-

コート凄すぎです。コート一枚あれば外出もできるし、寝る時のブランケット代わりにもなるし、シャワー後のタオルの代わりにも。試みは面白いと思います。
部屋の掃除します。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「ティエリーは映画監督じゃない。精神に問題があるカメラオタクだ」とバンクシーが語るところで爆笑し、その後の展開がかなり面白かったです。

ティエリー、いやMBWも滑稽ですが、どこか見覚えのあるデザイン
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.6

なかなか見応えのあるサスペンスでした。
勝手に信じて勝手に見捨てられたと思い込む人間にそろそろ神様は辟易されてるんじゃ無いですかね…いるならですが。

シリーズ1、2作目を鑑賞せずにいきなり当作品を鑑
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

-

あれ?こんなんだっけ?っておもいながら再鑑賞しました。
マイティ・ソー見た後だとちゃんと繋がりがわかるんですね笑
アベンジャーズにおけるソーがこんなに重要だとは思ってなかったです。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

-

ストーリーは昔と同じですね。
面白かったのはプンブァが囮になるシーン、美女と野獣のひとりぼっちの晩餐会の冒頭をマネしてました。

声優陣はほぼ入れ替わったのだと思いますが、ムファサがそのまま大和田さん
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.9

「いたずら」って言葉、良くないですよね。犯罪ですから。

宗教はよくわからないですが、神とほぼ等しく信仰している教会の目を覆いたくなるような犯罪を批判や圧力を恐れず、よく記事にしたと思います。

新聞
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

-

因果応報ってやつですね。面白かったです。
ラストはインパクトは弱いかもしれませんが、当事者は耐え難いと思います。まぁ、自業自得ですが。

飼育(1961年製作の映画)

-

第二次世界大戦の終わりごろ、獣用の罠にかかった黒人アメリカ兵を憲兵に引き渡すまで村で「飼育」する話でした。
劇中にもありますが「この世は地獄」って感じでした。
始終、暗いし不穏だし理不尽だし…人間の本
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

-

モーゼっぽいシーンで笑いそうになりました。
アナベルに出てきた神父がちらっと出てきますね。これは嬉しかったです。

正直、演出や展開はよくある感じのように思います。

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.9

地上波で放送されてたのを今更ながら鑑賞しました。
事実を基にした物語、ということでどこまで忠実に再現されているのかは分かりませんが、少なくともエンターテイメントとしては興味深く観ることができました。
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

-

人形の顔は怖すぎるけど、人形自体はさほど怖くない悪魔モノでした。(悪魔の顔より人形の顔の方が怖い)

得体の知れない怖さではないのでちょっと物足りない感じがしてしまいました。また終盤まで盛り上がりがイ
>>続きを読む

ホーンテッドマンション(2003年製作の映画)

-

エディ・マーフィーの顔芸が楽しかったです。
あの水晶どうするんだろうか。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

-

フレンチ、いいやつで好きです。でっかい十字架持って歩いてるのちょっとかわいい。

一瞬、バイオハザードかと思いました。
あと、攻撃はやっぱり物理系ですね。

水爆と深海の怪物(1955年製作の映画)

3.0

この映画の見所はストップモーション(たぶん)と実写の合成部分だと思います。工夫された演出と緻密なミニチュアで楽しめました。
特にタコと橋のシーンはなかなか好きです。
ストーリーはロマンス重視なのであま
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

-

面白かったです。
音楽大きくて音にびっくりしました。
全部支配したい束縛男の飼い犬の名前「ゼウス」なのちょっと笑いました。

ホラーというよりスリラーって感じでした。

疑惑の男 ドリュー・ピーターソン(2012年製作の映画)

2.1

警官ってそんなに儲かるんですかね…🤔
奥さんと子供が寝てる家に連れ込んでイチャイチャするのは生理的に無理…。

この映画を見終わった直後の感想は正直に述べると、「で?」です。
(物語として成り立ってる
>>続きを読む

レッスン!(2006年製作の映画)

4.0

普段、あまり見ないジャンルなのですがアマプラの終了間近にあったので鑑賞しました。とてもよかったです。

ダンスを通じて相手と自分を信じることを教え、子供たちを更生へ導く、素敵な映画でした。

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

-

治験で魚人間になってしまった青年をきっかけに韓国の社会問題を浮き彫りにする作りになっていました。

魚人間になった彼を置いてけぼりにして周りが大騒ぎしてるのが印象的でした。

「1人の人権のために技術
>>続きを読む

リターンド・ソルジャー 正義執行人/沈黙の執行人(2014年製作の映画)

-

時間も短め100分ほど、軽めのアクション映画です。

セガールのアクション楽しみにして観たのですが、メインのアクションは別の若めの方でした。まぁ、イケメンでしたけども。
セガールも美味しいところはしっ
>>続きを読む

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

3.0

運が良いんだか悪いんだか…ラスト「え?そんなことある?」ってなりました。もはやコメディ。(ジャンルはコメディ・ドラマなので間違ってないですね。すみません)

作中にも描写がありますが主人公が大きな子供
>>続きを読む

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

-

歌と踊りたっぷり、コメディ、ラブストーリー、サスペンス色々詰め込んだ約3時間、とても面白かったです。

SE音が面白いですね!ストールを首にかけたり取ったりするだけで風を切るような音がしてそれだけでち
>>続きを読む

ハウ・トゥ・エスケイプ?(2012年製作の映画)

-

青シャツが爽やかなイケメンビジネスマンが車ごと土砂崩れに巻き込まれて生き埋めになるお話。

車内にある色々なものを駆使してなんとかしようとするので、「なるほどー」と思いながら観てました。

ジャッジメント・フライ(2013年製作の映画)

-

途中までは結構好みの映画でした。
ハラハラドキドキ、どうなるどうなる!?

途中までは良かったんです…😭

DEMON デーモン(2015年製作の映画)

-

保安官仕事しろって思いました。

田舎の景色、幻想的で綺麗でした。

ムーントラップ(1989年製作の映画)

2.3

ジャケットを信じて観ると、「思ってたんとちがーう!」ってなりますのでご注意ください。

なかなか味のある造りだと思います。特撮のようなシーンもあったりで懐かしい気持ちになりました。
ただ肝心のハラハラ
>>続きを読む

ヒューマン・レース(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

想像していたより悪くなかったです。ただラストはもう少し描いて欲しいなぁという個人的な願い…。あと家の中とかは安全っていうルール、どういう意味かわからなかったですし、逆走はいいんだってなりました。

>>続きを読む

インビジブル・エネミー(2015年製作の映画)

1.6

なんか気の毒になっただけの映画でした。
便の行方が気になりました。
あと、景色は綺麗です。
ストーリーはふわっとし過ぎて「なんやったんや…」って感じです。エヴァンスはどうしてこうなった…

メガ・シャークVSグレート・タイタン(2015年製作の映画)

-

メカシャークは鑑賞せずにこちらを鑑賞しました。

びっくりしました。CGのクオリティがめちゃくちゃ上がってますし、ストーリーもただサメをやっつけようとするだけじゃありませんでした。
キャストも多く、デ
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

-

アベンジャーズは観たのにソーは観てなかったので観賞したのですが、これはソーから観るべきでしたね!でも楽しめました。
アスガルドのCGがすごく綺麗でした。

ジェーンはとっても美人ですし、ソー役の俳優さ
>>続きを読む

ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男(2016年製作の映画)

2.5

小説は第三者視点で語ることができますが、映画って難しいですね…。このストーリーは如何にも小説向きと感じました。

エリー役の女優さん可愛かったです。

メタル・トルネード(2011年製作の映画)

-

磁気竜巻という金属だけを巻き上げる無風竜巻が発生しちゃうお話。
途中知的?専門的?なお話についていけなくなりました。そして大変な事態なのに対応してる人少ないのはB級あるあるですね。CGは結構頑張ってる
>>続きを読む

>|