油性米米米CLUBさんの映画レビュー・感想・評価

油性米米米CLUB

油性米米米CLUB

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

認知症がどんなものか、この映画を見ただけでは本当の意味で理解は出来ないと言うことを前提に置いても良く出来た作品であると感じました。

下の娘の事故のことを覚えていない物の、如何なる時も性格や絵画の事は
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

4.0

茶目っ気たっぷりの父親と夫に浮気されてるかもしれないと勘繰る娘の話

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.8

他人の普通を自分に押し付けられることに苦痛を覚える私としては、自分の思ってることを代弁してもらえたみたいで観賞後は清々しい気持ちになりました。

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.0

ゴア描写や裸体が出る場面、サイケデリックな画面の歪み等、アリ・アスター監督の作品に耐性が無いと、それだけで置いてけぼりを喰らうかもしれません。

知らない人種やコミュニティがあるのは当然だと感じ、クリ
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

レッドクリフや300を彷彿とさせる軍勢同士の戦闘に始まり、中国大河へのリスペクトを感じる空中戦や拳を交える事で互いを理解し合う男女、ネオンをバックに影になる戦闘等、アクションシーンやカンフーと一括りに>>続きを読む

クラシック・ホラー・ストーリー(2021年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

何かを示唆してるようで何も示唆していない。
劇中劇で無名の監督が撮っていると言う事にして、逃げているようにしか感じない。
ポストクレジットシーンもいらない。
唯一言えるのは「これが結末」という主人公の
>>続きを読む

チェリー(2021年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最後の場面、仮釈放後にもシャブ漬けになるかもしれないという疑念を拭いきれなかった。
それだけの演技を俳優にさせた事にもそれを見事に演じきった役者の面々にも脱帽。
薬物や戦争を題材にする映画の中でも上位
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

①養豚場の囲いの中に居るのは豚(暴力団と周囲の警官)、その囲いの外に居る大上(狼)が次の世代である日岡にマル暴とは何たるか、正義や法律とは何たるかを不器用ながらに問くシーン

②大上が拷問・殺害され
>>続きを読む

>|