yukariさんの映画レビュー・感想・評価

yukari

yukari

観たやつぽちぽち

映画(1106)
ドラマ(0)

音のない世界で(1992年製作の映画)

4.8

人間愛しかない素晴らしいドキュメンタリー。先天的に音が聞こえないというのは、音という存在が自分の中にないということ。音がどういうものなのかが分からない。「音が聞こえない」のではなくて、まさに「音がない>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.4

抜群に趣味が悪い。監督はキリスト教に何か恨みでもあったのかな…。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.6

アナベル人形のしつこさ!怖いというよりうざいって感じ。悪魔のやる事なす事がとにかく陰湿でしつこい!そしてしぶとい!

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.7

ターシャみたいに生きるのが私の夢。憧れの生活。ターシャの言葉に勇気づけられる。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

3.8

イーストウッド作品はイーストウッド自身が結局いつも一番おいしい役やっちゃう、目立ちたがり屋のエゴの出し方がいいよね。キャスパー!

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.6

構図バカによる構図バカのための記録映画集。かの黒澤明や小津安二郎にまで影響を与えた作品集と言っていたけど、うーむ本当なの…?と疑ってしまうような誇張されたナレーションに萎える場面あり。だけどヴィム・ヴ>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

非常に胸糞悪い内容。が、バリー・コーガンは天才。まさに天才。まぎれもなく天才。あのぬらぬらしてへばり付く演技を観れるだけで映画館へ行く価値がある。なんの不自然さもなく、感情がみえない人間味ない彼の演技>>続きを読む

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974年製作の映画)

4.2

セリーヌとジュリーのナイスコンビが終始お茶目で面白くて気の合う女友達とゲラゲラ笑いながらじゃれあって映画を観るようにこちらも楽しく鑑賞していたら「え、え?どういうことなの…」と急に怖くなる。ラスト、オ>>続きを読む

小さな泥棒(1988年製作の映画)

3.9

冒頭の音楽がトラウマになりそうなほど怖い。「パパ、ママ、一つ目の子をどうしよう。一本歯の子をどうしよう」どうしたらいいのでしょう。

なまいきシャルロットが無慈悲にけばけばしく痛ましく成長してしまった
>>続きを読む

エディ・コイルの友人たち(1973年製作の映画)

3.6

地味に面白い。実際のマフィアってきっとこんな風に淡々と犯罪を犯して、淡々と捕まったり、裏切ったり、裏切られたりしてるんだろうなぁ。どの画も渋くてかっこよい。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.6

アナベルシリーズより死霊館シリーズの方が怖くって面白いよね、こちらにはおしどり夫婦が出ないのもなんだか寂しいし。それにしても、アナベル人形ところどころで視聴者を笑かそうとしてくるのは何故なの!?

ヤング・ゼネレーション(1979年製作の映画)

3.9

ダメダメ青年たちの友情!そして起死回生!スポ根魂のないピュアな体育会系物語ってスカッとする。なんだかお洒落でくすくす笑えるし、スカした大学生は本当にムカつく。レースの場面はついつい拳握りながら見てしま>>続きを読む

>|