yuumaruさんの映画レビュー・感想・評価

yuumaru

yuumaru

映画(39)
ドラマ(4)

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

エンドロールの後も、お見逃しなく!

クスクスワクワクしながら、サクッと見れる、テンポも展開も脚本も音楽も伏線回収もいいね。

夫婦やカップルに是非オススメ!
コメディとあなどるなかれ、よく練られてい
>>続きを読む

顔のないスパイ(2011年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

上手に描けば、大どんでん返しの名作にできるストーリーなのに、脚本・展開・シーンわり・音楽・印象操作が下手で、大変もったいない作品。

リチャードギアはアクションできないんでしょう、ブレブレにごまかして
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

1.1

イーストウッドの監督作品だから、期待したが、ハズレだった。

列車テロの被害を最小限に食い止めた彼らの勇気ある行動は賞賛に値するが、映画にするほどではなかった。

列車の事件については、残り22分で十
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

まーたツッコミどころ満載作品だった。

決して僕の性格がひねくれているわけではないはず、何億もかけて映画作ってるなら、もっと練らなくていい?誰か指摘しなかったの?ちょっとなら目をつむるが、もろメインス
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.0

何度でも見たくなるし、何度でも感動する。

奇跡を生むマントの話は、素敵すぎる。

コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道(こうどう)(2017年製作の映画)

1.0

目を見るだけで他人をコントロールできたり、ライバル同士が同級生とさ、東海オンエアのてつやが上手に紹介してたから見てみたが、ひどかった。不完全さ、ツッコミどころが気になりすぎて、見てらんない。

・画力
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

1.0

もう見てらんない。能年玲奈石原さとみ鶴見辰吾以外演技がひどすぎ。邦画特有の言わされてる不自然な脚本もこてこてで、台本を順番に読んでるようなぶつ切りの間も はがゆすぎる。監督さんホントこれでいいの?主要>>続きを読む

ウォー・マシーン:戦争は話術だ!(2017年製作の映画)

1.5

9.11をきっかけにアフガンへタリバン討伐に向かった米軍もはや8年。国の自立援助も存在意義として、市民の信頼を積み重ね大将が奮闘するが、、、。

無駄なシーンが多すぎる、だらだらと実話を追った退屈な映
>>続きを読む

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(2012年製作の映画)

3.7

「理想と現実」と一筋の希望を描く物語。内容も濃く、脚本もいい。これが好きな人は「クラッシュ」も好きなはず。逆も然り

そして相変わらず、ライアン・ゴズリングは安定してかっこよい

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

伏線らしきセリフや違和感のあるシーンが序盤から頻繁に登場するため、オチが中盤には予想がついてしまいそう。
少し間延び感もあったが、ディカプリオの演技はさすがで、引き込まれてしまう。
ラストシーンのセリ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時間をさかのぼる見せ方が一つ一つ謎を解いているようで面白かった。最後のシーン「胸のタトゥー」の謎が残り、見た後も味わえる。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編を見て、どうオチをつけるのかが気になって見た。見てはいけないものはなんだったのか描写はなく、はっきりオチをつけないタイプで、もやもやして終わった。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.2

理想と現実と、心理描写・時間の使い方がが丁寧で、さすがイーストウッド。さらに実話ベースときたら、もう完璧。
何度でも見ちゃう。

>|