yuzuさんの映画レビュー・感想・評価

yuzu

yuzu

映画(20)
ドラマ(0)
  • 20Marks
  • 14Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

3.7

カッコいいファッションを着こなす彼女たちをかっこいいと感じた。
常に完璧を求めて、多忙なスケジュールをこなす彼女達のことを考えると私も頑張らないとと思える。
5年間1日14時間のレッスンをほぼ毎日続け
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

圧倒的スケールで迫力満点の映画。初めてIMAXで鑑賞、この映画との相性が抜群すぎて臨場感max!
展開が早くて2時間40分あっという間。難しくて内容の理解が追いつかない場面が多い。パンフレットを見て分
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

3.6

最後までエスターが恐ろしかった。ラスト10分はハラハラが止まらなかった。

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

4.0

「いい子になりたい、みんなから認められたい。」幼い頃から根底にあるのはこれだと語っていたテイラー。
お金と名声全てを掴んだ成功者という肩書の裏には、想像もできない努力や葛藤があったのだと知った。
世間
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.9

心温まる作品。イギリスの街並みや文化も映像から感じられた。
何気ない日常を大切に生きようと思わせてくれた。ティムはタイムトラベルを何度も経験した。その上で過去に戻らずとも幸せに生きられるという事を学ん
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.1

ララランドを先に鑑賞したので、同じ監督の作品とは思えない。ラストは鬼教師フレッシャーが悪者ともいい奴とも見て取れた。
ニーマンは最後にフレッシャーの求める音楽を創ることができた。これはフレッシャーが仕
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

最後の5分でアカデミー賞を受賞したのだと思った。地下と地上のコントラストが見事に描かれていて、猛烈に印象に残っている。格差社会における"負け組"の胸の奥に抱いた劣等感を見事に写している。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

一度は聞いたことのある有名ブランドの名前が流れるたびにテンションが上がった。アンハサウェイがドレスアップした姿は本当に綺麗。
何百万人が憧れる仕事についていようとも、自分が幸せでなくては意味がないのだ
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.6

get outを手掛けた監督の作品。物語の大半がドッペルゲンガー達と戦うシーン。
主人公の女性が子供時代にドッペルゲンガーと入れ替わっていたという結末が衝撃だった。
黒人差別の歴史を伝えるメッセージが
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.0

神戸高校、丸山公園、トリトンカフェ。自分の身近な場所がたくさん写っていて興奮!
正直青春高校生ものはワンパターンで苦手だった。しかし鑑賞後、恋愛っていいなって甘い気持ちにさせてもらえた。でもこれで高校
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.0

一番大事なのは教育という言葉が印象的。企業が研究者に資金提供して、都合の良い論文を発表させているという事実に驚いた。言葉巧みに情報を操作して消費者を騙していると感じられた。当たり前を疑い、批判的に物事>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

ベンのインターンに採用される前までの描写が印象的。人間は社会的に必要にされないと生きがいをなくしてしまうと感じた。ベンは素直で、人に寄り添うことができ、変化に対応できる老人。だからこそ若い会社の社員と>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

フランスの街並みが終始綺麗だった。物語の中に出てくる偉人たちの知識があれば、さらに作品を楽しめたのに、と。もっと芸術と歴史について勉強したいと思った。しっとりした大人の映画だと感じた。最後、パリに雨が>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

自信に満ちた女性は美しい。自信は全ての行動の源だと思わせてくれた映画。
外見の優劣で自分の価値を決めるのはナンセンス。自分がなりたい姿であることが大切だと感じた。
女性のサクセスストーリーは見ていて爽
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

最後まで引き込まれるように一気に鑑賞。パーティーでの白人達の会話で違和感を感じ始める。特に印象的なシーンは、クリスがローズの写真(使用人と他の黒人男性と写っている)を見つけたシーン。一気に恐怖が押しか>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

3.9

アリの熱意でバーレスクを救う物語。セクシーな衣装とダンスに魅了され続けた2時間。クリスティーナアギレラの圧巻の歌唱力は見物。淫らな恋愛模様を描くという予想は裏切られ、1人の男性とのラブストーリーで構成>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

アイルランドでThis is meを知ってから、帰りの飛行機で見た映画。内容よりも、ミュージカル調の歌が印象的で元気をもらえる作品。もう一度ゆっくり見たい作品。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.5

4姉妹のレトロな洋服に終始釘付け。久しぶりに映画館で、新しい映画の見方(ソーシャルディスタンス)で鑑賞。改めて映画館で映画を観るっていいなと。
お金か愛か、幸せの価値観を考えさせられた。印象的なのは、
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

何度見ても魅了される歌声。歴史の重みを感じさせてくれる映画。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

ヒロインのミアのドレス姿がとても素敵だった。特に最後にお互いの夢を叶えて出会うシーンの後の回想が素敵だった。