naokoh

Aではない君とのnaokohのレビュー・感想・評価

Aではない君と(2018年製作のドラマ)
3.4
子のいない私としては、あまり感情移入は出来ず。。ただ、どんな経緯があったとしても犯罪者は社会に戻った以上は一生、犯罪者と言われながら、隠していてもいつバレるか怯えながら、生きていかなきゃならない辛さを痛感した。体を殺せば殺人。でも心を殺した場合に殺人とはならない。公にもならない。心を殺した殺人犯はきっと大勢いる。。そんな事を感じさせられた。