Ichiproduction

3年A組ー今から皆さんは、人質ですーのIchiproductionのレビュー・感想・評価

4.0
(書きすぎちまったぁ。
出来れば、見やすく作ってるし全部読んで欲ちいぃ)

一言で言うとやはり「現代版 3年B組 金八先生」なのだろうと思います。

金八先生は昭和を描いていますが、この作品は、いまの現代社会の色々な問題を描いている作品です。いま放送すべき作品であり、いま観るべき作品だと思いました。

先程私は高校生とおっしゃっている方のレビューをチラリと拝見していまいました。上部だけしか観ていない、まさにこのドラマの高校生のような未熟な感想であった為、つい私は同じ高校生であるにも関わらず、「哀しい高校生さんだな」と思ってしまいました(笑)
なるべくそのような方にはレビューを控えて頂きたいものです。

話がそれましたが、そういった経験の浅い、沢山の学生さん達にも観て欲しい作品です。


そしてまだ感想の前に理解して頂きたい事があります。

「今日から皆さんは人質です」
この題名の時点で無理矢理感がある作品であることは私は覚悟していました。
まず、この現代において1クラスを人質にたてこもる事は、その時点で都合が良すぎます。

それなのにこのドラマに関して「ここが都合良すぎる」や「めちゃくちゃだな」などと細かい事をどうのこうのとおっしゃっている方々は論外だなと私は思いました。

作品を観る上でそういった視点も重要ですが、この作品の場合はその視点よりも、どこがどうリアリティがあり、どこがどう面白く観させる作りをしているかが重要なのではないでしょうか。


ここからがやっと感想です。
私はまず1話をリアルタイムで視聴しました。ですがやはり無理矢理感が漂う作品であった為、それ以降の話を観るのはあまり気が進まず、一応撮り溜めてはおりましたが、観るのを少し躊躇していました。

しかしながら、いざ箱を開けてみると、あら大変。連続で3話、4話と観てしまいました。後半になるにつれて、どんどん話を大きく展開していくので、続きがもの凄く気になってしまう、そのような中毒性があるドラマでした。

このドラマが良かった点について、私が1つ思ったのが、単純な説教ドラマではなかった事です。
このドラマは生徒に対する説教のみではなく、そこから生徒がどのように生徒自身を変え、成長するのか、さらには「現代における教師」とはどのようにあるべきなのか、という「様々な良い見本」をとても分かり易く具体的にみせてくれたドラマだと思います。

最終話を観ました。
「なるほど、そういうオチか」と若干気を落としてしまったのは事実です。ネタバレに入ると思うので、具体的な事は書きませんが、やっぱりその事こそが1番重要な事なのだという事を改めて認識しました。
便利な時代になった今だからこそ、気をつけて行動しなければならない。
そういったことを再認識させてくれるドラマなのではないでしょうか。


とは言ってもですね、私はただの高校生です。いつもそんな事考えて観ていません。

そして私はあまりこういった作品は進んで観ません。ですがそれでも充分面白かったです。

キャストについても、どうこう言える立場ではありませんが、それなりに良かったです。
私と同世代の演者さんで良いなと思った人は数少ないです。だいたいモデルからとか、アイドルから、とかから演技をやり始めたなど、浅い方ばかりで観ててつまらなく感じる事が多いのですが、このドラマの場合は、集団で演っているからかもしれませんが、まだマシな方だと思います。

菅田さんもまだ全然若いのに、この役のこなしには感動します。菅田さんだったからこの作品が成り立ったのでしょうね。

前半は謎だらけで、正直あんまり面白くなく、後半から全貌が一気に明らかになっていくという「カメラを止めるな!」システムな感じで、もの凄くぶっ飛んでいましたが、なかなか面白いドラマでした。


特に若い方たちに観てもらいたい作品ですね。