映画の感想

ブラック・ミラー バンダースナッチの映画の感想のレビュー・感想・評価

-
だいたいのルートを把握できた気がするけどたぶんまだ逃してる。

かまいたちの夜系のノベルゲーでした(ルート分岐は1つの物事を多角で見るためのものではなく、それぞれ別の世界線に属する別個のストーリーを語るためのもの)

「選択はたまに主人公に抵抗される(耳を引っ張らないなど)」「やり直し可の選択肢は限定されている」「ループは主人公に記憶されている」などの影響でわりと規定のストーリーにどんどん収束してしまう。