カノン

代償のカノンのネタバレレビュー・内容・結末

代償(2016年製作のドラマ)
3.3

このレビューはネタバレを含みます

すっごい面白かったんだけど、1話とか2話とか重くて胸クソで続き見るのがしんどいけど気になるみたいな。
しかし、それまで達也にいいようにやられすぎで、あんな終わり全然スッキリしないわ。
モヤモヤたまったままドラマが終わるのが難点。
あと、ラスト、ピンポン鳴って娘に「おじいちゃんかな?」って、え?おじいちゃんて誰?ってなった。
けいちゃんの両親は火事で死んでるし、嫁の親父も刺されて死んでるし、どういうこと???
ラストの含みを持たせた笑みは意味不明。
そもそも最初の事件も達也が血液型を偽って答えたから容疑から外れたって、いや警察調べろよ、口頭で聞いてそれで信じて終わったんかよってツッコミたかった。

少年時代編の達也はマジでサイコパスで怖かった。
木崎姉妹はホント気の毒でしかない。かわいそすぎる。
嫁の弁護士はすぐあっちへフラフラ、こっちへフラフラでイラついた。
フラストレーションたまりまくりだったので、もっとスッキリさせてほしかった。