カノンさんの映画レビュー・感想・評価

カノン

カノン

  • List view
  • Grid view

ポテチ(2012年製作の映画)

2.8

1時間なのでサクッと見れる
ファンタジックで上手くいきすぎだけど、主人公がとてもいい奴

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(2023年製作の映画)

2.0

声が小さいのと間延び展開で、内容が頭に入ってこなかった
青年露伴は顔は似てていいのだけど、もっと頑張って演技も寄せてほしかった
露伴と編集者以外がジョジョの世界の人達じゃない普通の人になってた

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.5

自分にとって伊坂幸太郎は合う合わないが激しいんだけど、これは合うやつだった。
重くてせつない映画。映画だけど詩的な感じ。
見終わったあと、余韻が残る。
EDで流れる主題歌が合ってていい。
岡田将生がめ
>>続きを読む

苦役列車(2012年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

憎んだ親父と同じこと繰り返そうとしてんじゃねえよ
自分が悲しくならんのか

森山未來の演技が良かった

イチケイのカラス(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったよ
真実がわかってからちょっと長かったかな
かわいそすぎるぜあの兄妹
西野と柄本がちょい役すぎる

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

熊にあの感じでやられるともっと骨ごと持っていかれたりやられると思うけど、事実を元とはいえさすがにあの感じではないんじゃないかなあと。
ただ結果的にあそこが一番目をひいた目を場面ではあった

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

2.5

今となってはどこかで見たような話だが当時なら
この監督ファンタジー入れるの好きね

スパイラル:ソウ オールリセット(2021年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ただの模倣犯
刑事もの
ソウじゃなくていい
疾走感も緊迫感もなくなってしまった
ゲーム自体の面白さの復活はもうないのか
サミュエルLジャクソンこんな役もやるようになったのね

戦場のメロディ(2016年製作の映画)

2.5

実話のようだが、脚色されて狙いすぎててちょっと冷めた
戦争は良くないのはわかる
子供や貧しい人などが一番苦しむ

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな奴が警察だったのかと思うと終わってる
道警もグルだったのに裁かれてないとか終わってるな
勝矢って人が普段はヤクザとか剛腕強面の役なのに、このおどおどした役も山のフドウみたいでハマってた

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

時系列ややこしすぎる
10年前の事件が織り混ざってたってこと?
もう1回見ないと整理できないな

ソウ ザ・ファイナル 3D(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだよまた実は手伝ってましたパターンかよー
ホフマンいなくなっただけで変わってないやんー

ソウ6(2009年製作の映画)

2.8

ラストでめちゃややこしい
集中して見てないとわからなくなるので注意

ソウ5(2008年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ホフマンのやつは逃げ道ないからダメ
そりゃジョンも怒る

時系列がよく変わるので、整理しないとぐちゃぐちゃになる

ストラムいい所まで来てたのにな
本来ならこっちが主人公でって感じなんだけど、でもジグ
>>続きを読む

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

後半盛りがるまで結構ゆったりした時間が続く
間がかなり空いたので思い出してもらうための時間と初見用なのかな

タケヒロは悪くない
島民みんな重圧かけすぎなんだよ

心臓マッサージ中、コトー先生倒れた時
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

冒頭グロすぎて見れない

そこで情報をあからさまに出しすぎて誰が後継者かわかってしまう
でもなんでなったのかわからないまま

もうちょっとグロ抑えてほしい
しかしジグソウはあんな機械とゲーム性を次々と
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.0

グロい
グロすぎて目を背けて見れない箇所があった
今回はグロさだけかなと思ってたけど、ラストにちゃんとどんでん返し持ってきた

ソウ2(2005年製作の映画)

3.0

複雑になった
人が増えて目線が散る
でもそこそこ面白かった

ソウ(2004年製作の映画)

4.5

再視聴
15年以上は前に見たと思うけど、最後の大オチは覚えてたけど、記憶違いしていた所も多々あった
いやー、面白いわ
全く飽きさせないし、次々と展開変わる
脚本完璧
時間も2時間ないので見やすいし

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.3

原作読んだことないけど、めちゃくちゃ新井英樹節だった
アホすぎて笑った
最後は意外な着地点

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.0

実話ベースということでフィクションとの境界線はわからないけど、3パートに分かれてるような感じだった
序盤は駆け引き、中盤逃亡劇、終盤追い込み
で個人的には序盤が好みだった

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

2.3

グエムルが気持ち悪すぎる
ちょいちょいギャグっぽくなる
どこかパラサイト感がある

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだかんだ助かるんじゃなくて、すごい被害出してたな
恐ろしや

光州5・18(2007年製作の映画)

3.0

勉強不足で、韓国の歴史を知らなかったので、知れて勉強になった

マルティニークからの祈り(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

再開した時ちょっとうるっときたけど、元はと言えば旦那が悪いからな
あとどこまで事実と同じなのかわからないけど、韓国政府ひどすぎ

知らずに一般人が運んでしまう運び屋の先駆けだったのかな

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジー要素を入れる際の説得力なさすぎ

見る前に書き込みで、障害を持ったシングルマザーの話って見たけど、まさにそれだった

転校生なのにグイグイくるな草平
草平と雨だけ声変わり早すぎて笑った
>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

辛すぎて泣いた
日本と同じで児童相談所は何も出来ないんだな
見て見ぬフリの大人ばかりでこれは大人を信じられなくなる
映画オリジナルのゴリラはちょっと都合良すぎるアイテムだったが、映画として2時間でおさ
>>続きを読む

ハウンター(2013年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かったのは最初のループから抜け出せないところまで。
その後だんだんわかってくるが、幽霊だったり乗り移ったり複雑すぎ、説明なさすぎでわけわからないという展開。
主演の子は可愛い。

ヒート(1995年製作の映画)

2.5

アルパチーノとデニーロの顔が似すぎてて自分には見分けがつきにくい
2時間くらい見てようやくわかるようになってきた

二人が同時に顔映してるシーンがないから、これは実は競演してないと言ってもそう思うよな
>>続きを読む

空気殺人~TOXIC~(2022年製作の映画)

3.5

実際の事件知ってるので、原因とかは知ってるんだけど、最初に気づいた瞬間はおっ!と熱くなった
映画としてもしっかりどんでん返しも作ってるし、事件の悲劇も伝えている
そのどんでん返しの部分やラストの部分と
>>続きを読む

殺人の疑惑(2013年製作の映画)

2.8

あいつの声を先に見てたから、どういう事件かよくわかる
別の視点から描いてるが、もう一個事件絡めてくるからややこし
親父は全然何も言わないし、娘は話聞かないしイライラ

>|