kirika75

逃げるは恥だが役に立つのkirika75のレビュー・感想・評価

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)
4.5
心理学科出身で真面目な勉強家なのに就職活動に失敗し派遣先でも切られてしまった20代女性みくりと、エリートSEだが30代半ばまで女性経験なしの自称プロの独身平匡の、偽装結婚から生まれたドタバタと恋模様を描きながら、性別役割分業や労働の対価などの社会問題がコメディタッチのなかに軽やかに折り込まれている。
原作漫画は読んでいなくても、脚本の秀逸さは明らか。みくり役・新垣結衣の可愛さ軽やかさ、平匡役・星野源の演技のうまさはもちろん、脇を固めるキャラクターと役者もピタリと嵌まって澱みがない。
日本のドラマ史上に残るラブコメディの傑作。