ちゃのみざる

梨泰院クラスのちゃのみざるのネタバレレビュー・内容・結末

梨泰院クラス(2020年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

・強いカタルシスがありスッキリする
・しいて言うなら展開が遅くて先が長く感じる
・パクソジュン、花郎でもそうだったが芯の強い男がはまり役で素晴らしい演技。

信念通りに実直に生きていたにも関わらず、親や学や夢など何もかも奪われ生きる希望を一度は失った主人公が、復讐心によって立ち上がり、当初の信念をも曲げずにのし上がっていく様が爽快。

出る杭は打たれるじゃないが、主人公は信念を曲げない芯の強さや人間としての器の大きな人間であり、易きに流れて信念を失い妥協で生きている人間にとっては眩く目障りで、何度も潰されるがその度に何度でも立ち上がり努力する姿が力強く、自分もこうありたいと自分の行動を反省させられる。

復讐による破滅を迎えるストーリーではなく、復讐をする中で人生の目的や大切な仲間や愛する人を手にして最後には幸せを掴むハッピーエンドで、気持ち良く視聴完了出来た。