kitrustz

おかえりモネのkitrustzのレビュー・感想・評価

おかえりモネ(2021年製作のドラマ)
4.8
私は今まで完走した朝ドラ作品がとても少ないのですが本作品は放送回の7割を終えた現在、過去イチのお気に入りとなっています。(完走は間違いなしです)

主人公が夢を追い逆境に負けない姿を求心力として物語を推進する展開が今までの朝ドラには多かったのですが、本作品は主人公の心が震災の日を境に内に閉ざされ止まった状態から再び動き始めるまでを丁寧に描く物語となっています。彼女の家族親友など含めて互いの存在やそれぞれの心のうちが絡み合い影響を及ぼしあうことで物語が推進していく群像劇であることが今までにない物語世界でとても奥行きの深さを感じています。

ヒロインがある程度物語が進むうち東京に出て来て新たな生活を始めるというのも朝ドラのパターン展開でそこで物語が失速、主人公の行動原理がブレることも多いのですが、今回は成長する話ではなく心が動き始める物語にフォーカスされる部分が絞られているためそういったブレの要素もほぼなく、また登場人物を可能な限り絞って前半と後半で入れ替えを行わないことで各キャラクターへの理解も観るたびに深まっていき、たとえ端役キャラのセリフであっても重要な意味を含ませ訴えかける力を持っています。

本作品は評判が芳しくないようですが(視聴率も低い?)、ジャンルは全く違うものの、今年評価された「俺の家の話」「コントが始まる」「大豆田~」と肩を並べる傑作ドラマだと思います!( o´ェ`o)