バーニーロス

ダイ・ハード2のバーニーロスのレビュー・感想・評価

ダイ・ハード2(1990年製作の映画)
3.8
合格点(笑)

ダイハードは、とにかく印象に残るアクションシーンが肝。
飛行機のコクピットに手榴弾を投げ込まれ脱出するシーン、
逃げようとする飛行機をジッポに火をつけ着火するシーン、
素晴らしい。

レニーハーリン監督は、偉大な名作の続編に怯えることなく大味ながらも、己れの持ち味を生かし やり遂げたと思います。
だからダイハードシリーズは、いまだ続いているんですよ「スピード」と違って(笑)
これは、ハーリン監督の功績です。

ちなみに
火をつけただけでアンナ爆発は起こらないと、科学的なツッコミをされてた私の友人がいましたが、あの飛行機に莫大な爆薬を積み込んでいたらアリでしょう。
理知的なだけじゃなく、色んな妄想を膨らませなきゃ映画は楽しめない、理知的な人って意外と そういうトコ見えなかったりするんですよね、灯台もと暗しっていうか。。。