ダイ・ハード2の作品情報・感想・評価

ダイ・ハード21990年製作の映画)

DIE HARD 2

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.6

「ダイ・ハード2」に投稿された感想・評価

baniku48

baniku48の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

明かりが無ければ飛行機を燃やせばいい、というライフハックを教えてくれる作品。
taka

takaの感想・評価

3.5
これはダイハードなのか?
初見ではそう思いましたが…ヤッパリ、ダイハードなんですね。完全に感情移入してます!
KID

KIDの感想・評価

3.7
またもやクリスマスシーズンにテロ事件に巻き込まれるマクレーン。1作目には衰えるけどマクレーンが手榴弾から逃れるシーンは笑えた。
小2のとき、これをパパと見て
ジョンマクレーンに恋したー😊‼️

あれから今でも、ブルース兄さん好きです💕
TheDude

TheDudeの感想・評価

3.5
続編にありがちな、よりデカく、よりアホに

1と比べてマクレーンのカリスマ性やウィット、それに敵の作戦やサスペンス
全てにおいて物足りない

まあパーフェクトな映画である1と比べるのはフェアではないかもしれないが(笑)
また魅力的な敵と舞台のダイハードシリーズ2作目。航行中の飛行機達を人質にテロリストは要求をしてきます。
特にあの翼の上で戦う白人はいい演技してましたよね、、!
ただトリックに難ありだと思います。普通気づきそうだけど、、。
あとラストもあれありえるのか、?
祇条楓

祇条楓の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ダイハード1から連続で視聴、前作に引き続きクリスマスが舞台であるものの閉鎖されたビル内で繰り広げられた前回とは裏腹に今回はダレス国際空港という解放された施設での戦いとなる
アル・パウエルやリチャードソーンバーグ等前作からも引き続き登場する
面白さは言うことなし!素晴らしい作品である!
「ダイ・ハード」シリーズの第2弾。またまたクリスマスにテロリストと戦うことになったジョン・マクレーン刑事の奮闘が本作も光ります。

なぜクリスマスにテロなんだと突っ込みたいところではありますが、そこは映画ですから度外視していきましょう。まぁ、クリスマスムービーなんですよ。本シリーズのファンなら周知されてることですから。

一応、前作の続きもんですが、マクレーン刑事にある変化がありました。それは等身大のヒーローから、スーパーマン的なヒーローになってたことです。普通のおっさんの領域ははるかに超えてると断言できます。

冒頭、妻ホリーを迎えにきたマクレーン刑事は空港にいました。そう今回の舞台はワシントンの空港なんです。スケールは前作を凌いでます。
相手は国家への裏切り行為を画策するテロリストたちで、彼らのボスであるエスペランザ将軍を解放することが要求でありました。
そのためテロリストは空港の管制塔を占拠して、多数の航空機に乗る乗客たちを人質にしたのでした。

そこからの展開が大変仰々しいです。
燃料が少なくなった航空機は墜落寸前。滑走路の誘導灯がつかない状況でマクレーン刑事は燃料に炎をつけ誘導灯代わりに。
テロリストたちが乗客が乗ってる航空機を墜落させたり。
離陸する敵の航空機を爆発させたり。
そこまで大袈裟にしなくてもと思わざるを得ませんでした。

まぁ、それもこれも飛行機に乗ってる妻を救うためです。妻との再会を果たしたラストシーンも見ますと、ハッピーエンドなのは気持ち良いもんです。
ストーリー展開も早くて面白いのですが、超人になったマクレーン刑事が引っ掛かります。

後は、前作のアラン・リックマンのインパクトが強すぎて…。悪役のスケールダウンも寂しいところです。

それでもブルース・ウィリスの孤軍奮闘ぶりは見てるだけで楽しいです。それなりの面白さはあります。
tachibana

tachibanaの感想・評価

4.0
ラストの滑走路の照明のシーンはほんとすごかった。今回もド派手でしたねえ。
マクレーンは毎回災難に見舞われるし、やることが無茶すぎる。
これだけ派手に無茶やってるのに絶対死なない。なのに安心感じゃなくてハラハラ感の方が勝る映画(笑)
毎回血まみれだな。そんな所がかっこいいね、ブルース・ウィリス。
ki

kiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ダイハード 2
ジョーンマクレーンに拍手
拍手だ とても好き
クリスマスに七面鳥が食べたい クリスマスツリーを飾りたい
そんな一般的な願いは叶わずテロ集団のプロと交戦
主人公の内心の叫びが共感できすぎて面白い
>|