ダイ・ハード2の作品情報・感想・評価

ダイ・ハード21990年製作の映画)

DIE HARD 2

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.6

「ダイ・ハード2」に投稿された感想・評価

ダイ・ハード 2作品目

◎まとめ◎
『クリスマスに見るべき!序盤で悪党のち○こが鏡越しにフレンチに見えてしまう映画』

◎感想◎
『今作も、前作と構成的には一緒ですw
使えない警官達/間接的に邪魔してくる記者/ほぼ一人で悪を成敗する主人公/人質になる奥さん。みたいな感じですw
ターミネーター2でお馴染みドロドロに溶けるターミネーター役の人も悪役で出てきますが、割かしソッコーで死にますw古い作品だからって舐めてると、面白すぎて怪我しますよw』
rena0614

rena0614の感想・評価

4.5
シリーズで1番大好きな作品!
ジョンマクレーン刑事はゴキブリホイホイ並のテロリストホイホイである。
ラストの飛行機と格闘シーンは何回見てもすんばらしい!
これぞアクションだ(*ノ∀`*)!!

弾がすべてマクレーンを外れていくとこも安心。すばしっこい設定だけどあれ絶対念力でそらしてるでしょw

ラストの気持ち良さは異常。
エンディングの曲も最高です。
アクションの最高峰「ダイハード」の2作目。1に負けず劣らない名作である。
アクションのぶっ飛んだ感じは1作目の方が確かに上だが、ストーリー展開やスケールの大きさは前作を上回っていると感じた。特に最後の滑走路のシーンは鳥肌モノ。悪役の容赦ない感じも非常に興味深かった。

1が売れたことで、監督を変えて2を製作し大幅にコケるというシリーズがたくさんある中で、ダイハードは珍しい成功例であろう。
みりお

みりおの感想・評価

3.2
面白かったので、続けて鑑賞♫

【ストーリー】
1年前、テロリストに襲われたロサンゼルスのナカトミ商事ビルから多くの人質を救ったジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス)は、ロスに住む妻ホリー(ボニー・ベデリア)と一緒にクリスマス休暇を過ごすため、吹雪の中、ワシントンのダレス国際空港に迎えに来ていた。テレビではラテン・アメリカの麻薬王エスペランザ将軍(フランコ・ネロ)の到着が報じられており、反共主義者の元陸軍大佐スチュワート(ウィリアム・サドラー)の姿を空港内で見かけたマクレーンは不審を覚え、後をつける。

【キャスト・スタッフ】
*監督:レニー・ハーリン
前作より面白かったー!って思ったら、「ディープ・ブルー」の監督でした✨
きっとお話のテンポとかが好きなんだな♡
「エルム街の悪夢4」(1988)のヒットにより本作の監督に抜擢され、続いて「クリフハンガー」(1993)という名作も生み出しますが、「ディープ・ブルー」(1999)以降はあまり良作を生み出せていないよう。特に「ザ・ヘラクレス」(2014)は「大人が作った作品とは思えない」と酷評されたそう。

*主演:ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)
皆様のご要望にお応えして、彼のお髪の様子だけお伝えすると!!一作目と同様のパッケージでありながら、二作目はタイトルに隠れて毛が見えないことからもわかるように、後退が進んでおります!!
ただ、まだまだ毛量はあるため、走れば風になびくほどの毛の長さはありました!
つまりまだセーフ👍✨✨

*悪役:ウィリアム・サドラー(スチュアート大佐)
いわゆる名バイプレイヤーというところでしょうか?演劇系の大学を出たあと、12年間に75本の作品に出演😳「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」など、名作に出ていらっしゃいます。エド・ハリスにすこーし似ていて、悪人ヅラだけど好きでした♫

-----以下、感想-----
面白かったー!!前作よりスケールが大きくて好きです♫
でもマクレーン、なんか今回カッコつけすぎー。笑
無鉄砲で、後先どころか一個のことしか考えられなくて、余裕ないけど頑張るマクレーンがよかったのに、一作目がヒットしたからってキャラ変えすぎでしょってくらい、スマートに見せようとしてる💦笑
空港のコンシェルジュからのお誘いを断るシーンなんて、「😳???」ってなった💦笑

ただ闘いとなると、マクレーンはやはり安定の品のなさというか、小狡さというか…笑
655321さんのご指摘の通り、今回も敵役のほうが知的で紳士然としていて、マクレーンはオラオラ系でした✨笑

あとちょっと気になったのが、ただのロス市警でありながら勝手な行動ばかりするマクレーンに一定の理解を示し、粋な計らいで助けてくれるのは、みーんな黒人なのね。
シリーズ一作目のパウエル巡査部長もそうだったし、今回のチーフ・エンジニアのバーンズもそうだったし…
マクレーンが相手の本質を見抜いて頼りにしていたってことを言いたいのかしら。
何にしても1988〜1990なんて、まだまだ偏見も多い時代に、粋でカッコいい役ドコロに黒人俳優を持ってきてくれているのが嬉しい😊

3まではしっかり面白いですよ〜と、映画の好みに絶対的な信頼のあるjivさんもおっしゃってるし、なによりあーちゃん、ismさん、Goooooさんに重大な議題である「ハゲ」の実況中継をしなきゃなので、三作目に突入しようかと思いまーす♫
yuka

yukaの感想・評価

-
ちょいちょい、え!?ん!?って所はあったけどそんなのどーでもいいくらい名作だった。いっつもだけどマクレーン無敵すぎだし不死身すぎる(笑)
そして1もだけどもエンディングの曲めっちゃ良いよね。
dorachanF

dorachanFの感想・評価

3.5
ダイ・ハードシリーズ2作目。

世界一運のないあの男が帰ってきた。

今回の舞台は空港です。
前回よりストーリーやシチュエーションは複雑だけど、特に気にしないでアクションを楽しみましょう。

緊急脱出のシーンはホント笑える。
マクレーンのクリスマスに何やってんだ俺って悲鳴が聞こえてきそう。
Ren

Renの感想・評価

3.5
前作よりもアクションシーンがスケールアップ。
前作の緊迫感のほうが好きだったけど、マクレーンのなかなか死なないしつこさは健在。
Yumarker

Yumarkerの感想・評価

4.0
前回の事件から1年後のクリスマスイブ。妻を迎えにダレス空港にやってきたマクレーン刑事は、またもやテロリストの存在を察知するが、手をこまねいているうちに管制塔を占拠されてしまう。そのため妻が乗った飛行機を含めた13機が着陸できない状態となり、、、。(U-NEXT)
テロリストの仲間にビックリさせられた。
1話に続いて緊張感あふれる良い作品でした。
マクレーン家にとってはトラウマにも、逆にありがたみが八割り増しにもなるクリスマスの物語。
本作では空港という大舞台が現場のせいか、単なる監督の趣味の問題なのか、ビジュアル的に無駄なほど派手な演出が散見される。ちょっと考えると技術的にどうなんだろうと悩まされること請け合いだけど、そんな細かいことを気にして観る作品じゃない……という踏み絵みたいなモノかもしれない。
ともあれ、ジョン・マクレーンが裏方的な人物と交流しながら事件解決に猪突猛進する小気味よさは絶品。どうでもいいけど、マスゴミ代表のソーンバーグがその後どうなったのかもちょっと知りたい。
chyaori

chyaoriの感想・評価

3.5
名作って案外覚えてないよねみたいな話をバラエティでやってて、「そういやくりぃむの上田さんがダイハード好きすぎて完全にラスト覚えてて凄かったな」と思い出し、試しに見返してみた。
はい、見事に全然覚えてない!!!
なんなら、どの事件がどの回だっけ?ってレベル。そんなもんだよねぇ〜〜ははは。
まだ毛があるブルース…でも、ジジイになってからのがカッコいいな。
「いや、こんだけ撃って一発ぐらい当たるだろw」とか言いながら観るのが1番楽しいよね〜〜。あと「閉鎖された教会にあんだけの機材、何人で搬入したのよ…」とか、言ったらキリないのだが、それ込みで大人しく観るのだ。
>|