ダイ・ハード2の作品情報・感想・評価・動画配信

ダイ・ハード21990年製作の映画)

Die Hard 2

上映日:1990年09月21日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.7

「ダイ・ハード2」に投稿された感想・評価

2はいちばんテレビでやってないよね?1回くらいしか見たことない気がする。
サーフ

サーフの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作はビルでの戦いだったけれど今作は空港とスケールアップしていてアクションシーンもド派手に!

クリスマスの日に空港を舞台にテロリストと死闘を繰り広げる…シチュエーションとしてはもう最高。

息もつかせずに怒涛の展開で2時間があっという間に過ぎた…

ただ今作は見ていてただただ爽快ではなくて中盤思いっきり飛行機墜落で死人出てるから若干の後味の悪さはあったかなー

とにかくマクレーンが不死身すぎるwめちゃくちゃ重そうな棚が体に落ちようが、走行中の飛行機から蹴り落とされようがあんまり怪我してないのは笑ってしまった。

ラストの炎があんな一直線に綺麗になるのかとか疑問もあるけれどこまけぇこたぁいいんだよ!
トミー

トミーの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後のシーンが気持ちよすぎました。
初めから最後までただかっこよくて、終始ほれていた。特にパラシュートで逃げるところは本当に言葉で表せないくらいカッコよかった。
次は3、また楽しみます。
ダイハード大好き!
何度見ても面白い!
ラストの爆破の仕方いいよね。
クロキ

クロキの感想・評価

4.5
世界一運の悪い男たちの物語パート2

今作の計画もかなり用意周到、特にラスト近くなって判明する事実もあってかなり完璧の計画だったことを窺わせる。

しかし例のやつがいる。なんでそこにいるんだ。ジョン・マクレーン。

いやそれでも計画は中々潰れない。マクレーンの邪魔は入ったが計画は滞りなく進行、そして完了、からの大爆発。

運が悪すぎるというレベルではない。今回も順位変更で相変わらずジョン・マクレーンが、最も運が悪い男であり続けることになる。本人はくそったれと言うかもしれないが、やっぱりこれはしょうがない。
いくら

いくらの感想・評価

3.4
またまた不運に見舞われて事件の中に巻き込まれる主人公。前作よりも舞台から演出まで派手になってるし前作からのメンバーも引き続き出ていたりとその部分では楽しめた。しかし前よりも敵との攻防の際に一回一回、回復に戻るみたいなイメージがおって演出は派手だけど少しスピード感とかハラハラする感じはないのかなぁと思った。1は1人で何とかしがみついてどうにかしてたけど2は増えた味方と一緒に何度も立ち向かう、みたいな感じ。
あと個人的に結構人の血も命も残酷になくなってくのが辛い。銃撃戦は健在。
おめぐ

おめぐの感想・評価

3.4
シリーズの中で1番観てない。

久しぶりに観ると、
このクリスマスの感じがやっぱりいいよね。
ダイ・ハード祭り〜!!
1作目はごめん。観ていなかったかも知れん。
でもねぇ。2は自信あるよ!!
観たよ、空港でしょ!?観た、観た!!


……

観た…のかなぁ?

またまた新鮮な気分で楽しんでしまった。
 
前作、ナカトミビルのテロ事件から1年後のクリスマス。ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ワシントン・ダレス国際空港で妻のホリーの到着を待っていた。

まぁ、ご存知の通り、最も不運なタイミングで最も不運な場所に居合わせる最も不運で簡単には死なない男ですから。空港で再びテロ事件に巻き込まれてしまうジョン・マクレーン。

1年後のクリスマスに、またまたテロ事件に巻き込まれる確率なんて、万が一にもないだろうに、彼にはそれが起きるんだよなぁ。

冒頭、荷物室のアクションシーンは、後の「トイストーリー2」を彷彿させる。

前作から1年後、実際の公開は2年後なので、ブルース・ウィリスの髪の資源はまだ潤沢に…いや、それは言い過ぎたけど、まだあるにはある!!

テロリストのリーダー、スチュアートを演じるはウィリアム・サドラー。冒頭のシーンで、裸でカッコつけて振り向き様に、リモコンを銃に見立てて電源オフ。だいぶ頭おかしい。

テロリスト一味にロバート・パトリック発見!!
T2ーー!!
あ、死んだ。

同じくほんの少しの登場だけど、ジョン・レグイザモもいる〜!!

滑走路の着陸誘導灯が消え、計器着陸誘導装置(ILS)も作動不能に陥り、上空の旅客機が着陸出来ない状況に陥った空港を舞台に、ジョン・マクレーンが今回も大暴れ。

お婆ちゃん、スタンガンの機内持ち込みはお断りだと思うよ。

それにしても、前作で一躍ヒーローになった筈のジョン・マクレーンが、空港警察の署長に随分嫌われて、あまりに不憫。

前作は超高層ビルが舞台だったので、縦移動、高さを生かしたアクションが見所だったけど、本作は舞台が国際空港とあって、何せ横移動だし、大風呂敷広げました感は否めない。個人的には縦移動の方が好きかなぁ。

軍用機に閉じ込められたジョン・マクレーンに向けて投げ込まれた手榴弾の起爆するまでの時間が異様に長いのはご愛敬。

最後は壮大にジャンボ機爆破!!

やっぱりド派手。
そして、この男、やっぱり死なない。

ラストシーンで、伏線回収、そして、フランク・シナトラの"Let It Snow"が流れてエンドロール。監督が変わっても、大まかな流れは順当に前作を踏襲しており、正統的な続編として、やっぱりめちゃめちゃ面白い!!でも、1は超えないかなぁ。

2年連続でクリスマスを棒に振ったジョン・マクレーンとホリーに幸あれと願わずにはいられない。

…のに。3では…。
この夫婦、何なんやろ。
仲が良いんだか悪いんだか。
私

私の感想・評価

4.0
相変わらずマスコミのクソさを感じました。他社?のお姉さんはそこそこまともでしたが…。

今回も大迫力で面白かった!

前作と比べて…
・ビルハイジャックより空港ハイジャックの方がそもそも動きが派手
・前作のキャラが出て盛り上がる
・ちょっと味方が多め(敵も多め)
・少しだけ味方が賢くなった

前作より人の数、人、物の動きが多かったのでアクションとして派手で面白かったです!

フルCGの現代には出せない味もあって好きです。
飽きが来ないよう3作目〜は少し間をあけて鑑賞します!

本作も面白かったです!
adeam

adeamの感想・評価

2.0
人気アクションシリーズの二作目。
限定的な空間、孤立無援な状況、危機に陥った罪のない妻と一般市民、統制のとれたスマートな犯人集団に対するひらめきに長けた普通の男。一作目がアクション映画に持ち込んだ画期的な要素をほぼそのまま継承しながら、火薬量を増やしてパワーアップを図っています。
悪くはないのですが、あまりにも素直に引き継いでいるので一作目と比較せざるを得ず、二番煎じ感は否めません。
>|