トミー

ロッキーのトミーのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.5
この作品はシルヴェスター・スタローンの想いがかなり詰まっている。
彼自身の人生がロッキーなのだ。詳しくはWikiへ。これを知ってからロッキー見ると凄い応援したくなる。スタローンとロッキー・バルボア、両方ともアメリカンドリームにかけている。
最後のゴングが鳴ってもまだ立っていられたら、俺がただのゴロツキじゃないことを、人生で初めて自分自身に証明できるんだ
この言葉が堪らねぇよ。今までの自分の生き方が真っ当ではない事自覚しながらも目を背けていた自分。人には正しく生きろと言うのは自分が情けない思いをしているから。そんな自分との戦いでもある。

ちなみにエイドリアンはゴットファーザーのマイケルコルレオーネの妹。