ロッキーの作品情報・感想・評価

ロッキー1976年製作の映画)

ROCKY

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

「ロッキー」に投稿された感想・評価

village123

village123の感想・評価

4.0
用心棒をしながらボクサーを続けるロッキーが、世界ヘビー級チャンピオンのアポロから対戦相手として偶然指名されたことにより、ビッグチャンスをつかむ。

ロッキーシリーズはスポ根イメージを持ってしまいがちだけど、1作目は人情味溢れる物語だ。
荒んだ街に住んでいて、粗野で不器用だけど、心優しいロッキー。
ボクシングシーンは最近のアクション映画に比べると迫力や盛り上がりに欠けるけど、映画全体の少し緩い雰囲気にはちょうど良い。
ミッキーが愛おしい

このレビューはネタバレを含みます

ロッキーは好きなエイドリアンがいるペットショップに通いつめるけど話してくれない。
ロッキーは借金の取り立ての仕事をしてる。

ボクシングの王者アポロはロッキーと闘うことになる。元々闘う予定だった人は怪我をしてしまう。無名の人にチャンスを与えようと適当にリストから選ぶ。そしてテーマはイタリアの種馬 ロッキー・バルボア。
アメリカ大陸を発見したのはイタリア人だ。

ミッキーがマネージャーをしたいと申し出るが、さんざん苔にされてきたから突っぱねる。なぜかロッキーはミッキーに頼む。なんて会話をしたのかもわからない描写がされている。15ラウンド戦って判定。ずっとロッキーはエイドリアンと叫び続ける。ロッキーは判定負けしてしまう。
前回レビューの仁義なき戦い同様、いまさら鑑賞シリーズ。

世界中の成人男性で知らない人間なんか存在しないんじゃないかと思われるぐらい、有名な本作。

ちょこちょこ公言していますが、映画好きぶってるクセに意外に観ていない作品もあるわけで。

今作もそのクチでして、ようやく鑑賞しました。

はい、結末は分かっちゃっているので、観たことなくても名前だけは知っている主要キャラクターに焦点を当てながら鑑賞するスタイルにします。

街のゴロツキ ロッキー。イタリアの種馬。
不器用。そしてピュア。
だいたい名前ゴロツキて笑
響きが好きで、アダ名がゴロツキのヤカラ友達がいます。
もちろん命名はボク。

メガネ女子 エイドリアン。
20代の頃バイト先で映画好きの先輩がいまして、バイト仲間によくアダ名をつけてました。
その時にアダ名がエイドリアンの娘がいました。

世界チャンプ アポロ。
こちらも同センパイが、ある日パーマをかけてから出勤してきたオトコに「お前そのアタマ、完全にアポロじゃねぇか!笑」と言ってバカにしてました。

今分かりました。
センパイ、似てます!!ヽ(・∀・)

テーマ曲、観たことがない時ですら流れた時にはテンションだだ上がっていましたが、作品内で聴くとブチ上がりました!(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

ラストは感動と爆笑のWパンチ🤣
「エイドリアーーン」しか言ってねぇし。
レフェリーの話聞いてねぇし。

おそらく感動シーンのはずで爆笑までしてしまうボクは、つくづく性格悪いなと思いました…(´-ω-`)
※日本語吹替えが絶妙すぎるのがいけないんですよ
Kyoka

Kyokaの感想・評価

4.1
あの曲が頭から離れなかった
>|