ロッキーの作品情報・感想・評価・動画配信

ロッキー1976年製作の映画)

Rocky

上映日:1977年04月16日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「ロッキー」に投稿された感想・評価

40年以上も続くボクシング映画の金字塔の1作目。ほぼ無名監督と主演によって製作された本作は第49回アカデミー賞にて作品賞を含め3つの賞を受賞した。

ボクシング映画ではあるが、1時間半くらいはドラマがメインで少し退屈ではあるがラスト30分はとにかくすごい。

今のボクシング映画に比べたら迫力では叶わないかもしれないが、この勝敗にこそ意味がある。

ラストのエイドリアンを呼ぶロッキーの姿は間違いなく映画史に名を残す名シーン。
とにかくスタローンがカッコいい、明日から生卵一気飲みしてランニングしよ。
KENO

KENOの感想・評価

4.3
エイドリアンって
ゴットファーザーの妹だったのね!
どこかでみたことあると思った!
生卵とかランニングとか
片手腕立て伏せとかその後
レジェンド的存在になった
シーン満載で高まった〜!!
DVD特典のインタビュー豪華
シルベちゃんが語る
ロッキー公開までの道のり
ワンちゃん愛犬だったとは!
ドルフラングレンまで長いけど
のんびり見よう〜!!

※翌日になってスコアUP編集。笑
頭の中ずっとテーマソング流れてくる
素質はあるのにずっとくすぶってた
ロッキーが持ってる以上のもの出す為
ミッキーに怒ってたけどお願いして
頑張って全て出し切ってやり切って
って姿が熱い!!時間が経つにつれて
ロッキーの良さが染みてきた!!
初めての現象!!
米山裕

米山裕の感想・評価

4.7
スタローンの過去を知ってから見るとより楽しめる。町山智浩氏の解説などを見ると2度楽しめる。
序盤からトレーニング!トレーニング!!殴り合い!殴り合い!!!みたいなイメージだったので、ラブストーリーやロッキーの境遇が丁寧に描かれていてびっくりした。
そしてチャンピオンやインタビュアーに馬鹿にされてるのも気付いていないような、いかつい見た目に似合わずぼーっとした感じも結構可愛かった。
最後の試合のシーンは本当の試合を見ているようでハラハラした。そして若い頃のスタローンは結構かわいい顔をしているし、最初は地味だったエイドリアンがどんどんきれいになっていくのがめちゃめちゃよかった。続編も、最近公開したクリードも評判良さげなので色々見てみようと思う
kp

kpの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

英エンパイア誌「史上最高の名作100本」を
1日1本鑑賞中
第84位:ロッキー
------
【初鑑賞】

強く熱い男の格闘映画というイメージを
勝手に抱いてたけど、違ってた。
なんなら、
弱く繊細な男女のラブストーリーだった。

98位で見た「レイジングブル」と
同じボクシング映画として対比されがちらしいけど、
どっちも本質は同じで、
無骨に見えて、実は弱くて繊細なボクサーが
恋をして、鍛えて、闘うシンプルな話


負けたロッキーの方はハッピーエンドで、
勝ち続けたレイジングブルの方が
バッドエンド(というほどでもないけど)なのが、
逆に、これが人生だなって感じがして
私はレイジングブルの方が好きかもなあ
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.7
落ち目のボクサー「ロッキー」が、偶然にも世界チャンピオンと対戦する事になり過酷なトレーニングを積んでいくお話。と、書いたところで有名作すぎて、もはや説明は不要な気がした。笑
実は、初めてロッキーシリーズを見たんだけど、まさに王道を行くボクシング映画だった。割と最近見た「サウスポー」などとストーリー構成が似ている事からも、まさにこういう展開のパイオニア的な作品なんだろうなと思った。
純粋にシルベスター・スタローンはカッコ良かったし、超有名な「ロッキーのテーマ」のピアノ版が随所に流れる演出も良かった。「最終ラウンドまで立てたらゴロツキでは無い事を証明できる」と言うセリフが、エイドリアンとのラストシーンをより美しくしていた。
歴史的名作。
本物の映画とは何たるかを教えてくれる。
CGなどを多用し、偽物の感情を使用した映画では視聴者の人生は変えられない。
この作品を、見る前と見たあとでは考え方が違ってくる。
もん

もんの感想・評価

4.5
傑作ですね。熱血なスポ根映画のイメージがあったが、当時の世相を反映してか悲壮感漂う人々、鬱屈した雰囲気のフィラデルフィアが描かれる。ニューシネマ的結末を迎えてもおかしくないが、有名なテーマ曲と共に真逆の方向へ進んでいく。このシーンの高揚感は他に類を見ない。体制に抑圧されようと、自分を乗り越え、自分なりの真理を発見できれば勝利だ。そんな希望に満ちたメッセージを受け取った。
ストーリー3
キャラクター4
映像3
音楽5

全体評価3

なるほどこれはえいどりああああああああんぬ
>|