オルビス

ロッキーのオルビスのレビュー・感想・評価

ロッキー(1976年製作の映画)
4.0
正直、ロッキーに関しては昔のボクシング映画といった程度の認識で観ようと思ったことはなかったのですが、公開されるクリードの予習のつもりで視聴。視聴後は認識を改めなければと反省しました……名作として長く愛される理由も納得です。

ロッキーの勝手なイメージとして、素行が悪い不良だけど改心してボクサーとしての頭角を徐々に現していく、というのがあったんですけど全く違いました。
純朴で優しいし、ペットショップの店員エイドリアンを一途に想い続けている。なんなら近所の不良少女も親身になって叱るし、借金取りの仕事も優しくこなす…本当に親しみ易く愛されるキャラクターでした!勝手なイメージ持ってて本当にごめんなさい…

ほぼ無名のボクサーがチャンプと闘うことになるという展開も、やや唐突ながら熱いです。
試合結果が勝利ではないというのが意外で面白かった!よく闘い抜いたね、お疲れロッキーと声をかけたくなりました。
本当に素晴らしい作品!