きょん

雨に唄えばのきょんのレビュー・感想・評価

雨に唄えば(1952年製作の映画)
3.8
タップダンスすごい!!
雨の中のダンスシーンは傑作!!

後半のストーリーが展開されてきてからが良い!前半はやや退屈でしたが。

タップダンスやらキャシーの美声にどうしても目がいくんですが、悪声の無声映画スター・リナがいてこそ成り立っている映画。

それにしても無声映画からトーキー映画への移行は本当に時代を変えたというか、そういう瞬間を皆味わったんだろうなあ。作る側も観る側も。
4DXや古いアニメのBlu-rayでも感動したけどそのレベルを超えたんだろうなあ~