雨に唄えばの作品情報・感想・評価

「雨に唄えば」に投稿された感想・評価

GT

GTの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル映画の金字塔。それだけに音楽とダンスがすごい。雨の中ずぶ濡れになりながら雨に唄えばを歌うシーンは伝説的な名シーンだ。しかし個人的な感想だがリナに対する扱いが酷すぎるような気がする…。惚れた男を突如現れた女に取られた上その女が自分の吹き替えをやるなんてリナの立場からしたら耐えられんでしょ…。その上最後には観客に全部バレて恥をかかされる…。リナが不憫すぎてどうにも楽しい気分になれなかった。
ForN

ForNの感想・評価

4.0
タタッタ タタタタッタ…

楽しそうに踊るタップダンス🕺
それだけでもお腹いっぱい!

「土砂降りの雨やけど、幸せすぎて唄わずにはおられへん‼︎」
そんな心情が、踊りと唄から素直に伝わってくるから名シーンだ。

タップダンスできるようになりたいなー!
うまく言えないが間違いなく傑作
観た後の満足感がすごい

雨に唄えばのシーンはイントロの時点で
感動すら覚えるほどの名シーン
r

rの感想・評価

4.0
演劇の基礎 顔 全身を使って表わす
"喜怒哀楽"に 私たちの生活の中にも
潜むような出来事 好きな人が現れた時
お腹がすいた時 洋服が破けた時
悲しんでる人に元気出してもらいたい時
どんな日常すらも楽しく幸せな気持ちを
もたしてくれるような 教科書的作品

LEONで最高のGAMEの答えとなる
LEON MONTANAが劇場でぽつんと
観ていた"雨に唄えば"
LALALANDに影響を与えたとも言われ
様々な作品もINSPIREされた元祖 MUSICAL映画
_
有名映画役者 名もない舞台女優の
口喧嘩から惹かれ合う2人__
無声映画から発声映画に切り替わる
HOLLYWOOD ここから 本当に楽しいü
_
時間差で足を組見直す表現に
ガニ股にして手と膝交差してぱかぱかするやつ ←
初めて結ばれるのに 話してる会話は
"何で彼女を陥れたのか"と真逆の 歌
TAP!TAP!と観ていて晴々しいTAP DANCE
_
余りにも有名な場面ですが 試写会が
大ゴケしてからの一連の流れ 土砂降りの中でTAP♩
_
お金沢山かかってるMUSICAL映画も
勿論好きですが 日常の中に起こりうる事を
街中 お家で 歌にする事 体現する事
少しでいいから こんなユーモアを交えて
真似して どんな時でも笑顔でいたい☺︎☻
_
SINGIN'' INTHE RAIN
こんな雨の日も心が晴れる 素敵な映画♡
真似したくなりますよ𓅺
これぞ職人芸♪

たたき上げの俳優ドン(ジーン・ケリー)と金切り声の大女優リナ(ジーン・ヘイゲン)、そして駆け出し女優キャシー(デビー・レイノルズ)の三角関係を歌と踊りでコミカルに描いたミュージカルの金字塔。

テレビが普及したせいでビジュアルいまいちなラジオスターの苦難を歌った『ラジオスターの悲劇』...これはその逆バージョン。
サイレント映画から音声付きのトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれる舞台裏。

苦手克服計画、第3弾。
ついに来た...これを探していたんだよ!

誰もが一度は耳にしたことがある主題歌「Singin’ in the Rain」を土砂降りの雨の中で歌い踊るドン。
ドンの親友コズモ(ドナルド・オコナー)は「Make ‘em Laugh」で圧倒的な身体能力を駆使したダンステクニックと顔芸を披露。
ドン、コズモ、そしてキャシーの3人で見せる息の合ったタップダンス「Good Morning」。

最高かっ!...こういう めぐり逢いを求めてた♪
「ミュージカル苦手」と言っていた、昨日までの自分に...さ よ う な らヾ(^^ヘ)タンジュンカッ!

どの歌と踊りも、ストーリーの流れを妨げることなく、むしろ登場人物の感情を表現するのに有効な手段として映画を盛り上げている。

やっとわかった\(^^)/
ミュージカルのシーンは映画のストーリーが進展しないため、ハマらないと苦痛になってくるが、ハマった時は その歌と踊りが衝撃となり心の奥底までグッと刺さってくることを・・・これが、ミュージカルの持つエネルギー!

明日、雨 降らないかなぁヽ(^。^)ノ♪
ゆうみ

ゆうみの感想・評価

4.3
歌も踊りも音楽もカラフルな衣装も全部が素敵でうきうきドキドキした
good morningのシーン思い出すだけで幸せになる🌞
まーや

まーやの感想・評価

4.5
これぞエンターテインメント。
でもただのエンタメで終わらない。
まさに"映画"。
歌って、踊って、笑って。
これ以上何を求めるというんでしょう。
歌って踊れて、タップも超一級品。

タップがメインのミュージカルも新鮮。あの雨のシーンもさることながら、3人で踊るグッドモーニングのシーンが凄まじすぎて鳥肌が立った。

サイレント映画からトーキー映画にうつる時代の物語。王道ながら、テンポが遅くてさすがに古さを感じる。主人公が超ハンサムでヒロインが超美人で、往年のハリウッドスターってかんじ。

なるほど、ララランドはここの引用だなと思うシーンがちらほら。色彩や仕掛けの大きさでは劣るものの、タップダンスは今作が圧勝。不朽の名作と言われるのも納得。
タイトルの楽曲が有名なので見ました。

昔の映画というのを感じさせない素敵な街並みや音楽がとても良いなと思いました。
Yuki

Yukiの感想・評価

5.0
[個人記録用]
ミュージカル映画の頂点。お気に入り殿堂入り作品
>|