雨に唄えばの作品情報・感想・評価

雨に唄えば1952年製作の映画)

SINGIN' IN THE RAIN

製作国:

上映時間:102分

4.1

あらすじ

「雨に唄えば」に投稿された感想・評価

晴香

晴香の感想・評価

-
この時代の俳優さんみんなタップダンス必須だったんかな 軽やかでかっこいい
リナちょっとかわいそうになってしまった コメディ女優とかにならないかな〜
Riko

Rikoの感想・評価

-
数年前前田あっちゃんのファンイベントにて、六本木TOHOで。
昔の映画を大画面で観るのステキ〜
ミュージカルの金字塔
当時ならではの内容で面白かった。前半ほぼミュージカルなくて後半多くてちょっとバランス悪かったかな
ゆ

ゆの感想・評価

4.6
ケリー、レイノルド、オコナーとかいうダンスと歌の天才たちが共演した、観ると雨を今より好きになれる1952年公開の名映画。
トーキー映画が生まれた時代を映す言わずと知れた名作で、主題歌はもちろんRoses, Good morning, make'em loughとかとか名曲だらけ。
試写会を見てた観客が「リナ綺麗すぎて死ねるんだけど」って言ったり、オコナーが社長にいちいち「葉巻返して」と言ったりと細かいコメディ要素まで散りばめられまくってる。好き。

今だとLA・LA・LANDがパロディしたところをみつけるのもお勧め。ありすぎてすぐ見つかるけど。
rii

riiの感想・評価

3.6
ストーリーは王道中の王道。
雨の中歌うシーンは、やっぱ一番の見どころ。
TDS

TDSの感想・評価

4.6
終始明るく、笑える場面が多く最後はスカッとする
どの曲も明るく、ダンスが綺麗で、タップダンスがかっこいい

ドナルド・オコナーのコミカルな演技が好き
特に"Make 'em Laugh"のダンスと顔芸がコミカルで高技術ですごかった
ジーン・ケリーに脱帽。ダンス、タップ、もう信じられないくらいにすさまじい技量。みな底抜けに明るく突き抜けている。こちらも楽しくて楽しくて、これぞエンターテインメント!それも極上の!加えて、映画へのオマージュもある。またまた見ずばなるまい。
Higuain

Higuainの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

売れっ子映画俳優と駆け出しの映画女優(表現として正しいかは不明)が、トーキー映画が始まる頃の時代で恋に落ちる話。

ストーリーは至ってシンプル。わかりやすく、明るく、心温まる構成。

キャスト、歌、ダンス、演技、セット、本編の長さ、どれを取っても100点満点。

1952年の映画ということで当然古さは感じたものの、古臭さは全く感じなかった。

また明日にでも見たくなるような、元気をもらえる映画。全てのミュージカル映画ファンのためのもの。
りほ

りほの感想・評価

3.8
授業にて鑑賞。

雨のシーンがすごい綺麗だった。
ラストの終わり方がよかった!!
もう1回ゆっくりみたい映画。
さえ

さえの感想・評価

-
始まり方が良い。楽しい。
バイオリン弾きながらのタップもいいね。
ドナルド・オコーナーのMake 'em Laughは初めて観たときの衝撃を受けたのを忘れない。Mosesもいい。台詞から音楽に移行するところから既にかっこいい。Good M orningも捨て難い。
どれも名曲、名パフォーマンス。見応え十分。
本当によく出来てる。
>|