Naoko

プラダを着た悪魔のNaokoのレビュー・感想・評価

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)
3.9
ファッションに興味もなくただ自分の夢の為のステップとして大手有名雑誌『ランウェイ』の編集長のアシスタントになり、悪戦苦闘しながら成り上がるお話。

シンデレラストーリー的なお話、私はすごく好きです!
どんどん綺麗になっていくアンハサウェイがなんともまあステキ!!!
冴えない服着てても可愛いですけど!
高級ドレスやジャケットを颯爽と着こなしジミーチュウのピンヒール、シャネルのネックレス…カッコイイ!
似合いすぎます(≧∇≦)

だけど我儘な編集長ミランダに振り回され身も心もボロボロ…
彼や友達にまで見放され…
必死で、まさに命がけでやり遂げあのミランダに『私と似てるわ』とまで言わせてしまう。素晴らしすぎる。

仕事てそうですよね。
求められてるものを全力でやることに意味があるのかと、だから結果もついてくる。
そう考えさせられます
アンハサウェイはどんな無理難題でも、とにかく諦めずに立ち向かっていくんですよね
そして自分の道を自分で決める!

なんか頑張ろう(≧∇≦)
と前向きな気持ちになりつつ…
ネガティヴな私にはとても羨ましい(笑)


結果…ただのシンデレラストーリーではなく生きていく上で大事な意味のある作品かもしれません


編集長ミランダ…メリルストリープはまり役!めちゃくちゃ悪魔でした(笑)