「プラダを着た悪魔」に投稿された感想・レビュー

わさび
わさびの感想・レビュー
1時間
4.0
意地悪ではないんだ。
これは優しさだ。
mou
mouの感想・レビュー
1時間
4.0
記録
Kenjiuchiura
Kenjiuchiuraの感想・レビュー
2時間
4.0
厳しさの中に優しさがある。

アンハサウェイの当時23歳は初々しくも
綺麗。
mm
mmの感想・レビュー
3時間
3.7
女性の憧れ。
ファンションに見とれてしまった。
S
Sの感想・レビュー
5時間
4.2
2017.04 wowow

アンハサウェイがきれいすぎた。
奮闘してる姿に元気もらえる!
endisk
endiskの感想・レビュー
9時間
4.6
元気がもらえる!
りゅーせい
りゅーせいの感想・レビュー
9時間
4.0
過去鑑賞記録
千
の感想・レビュー
10時間
3.8
女の子の憧れがいっぱいつまってます!とくにファション好きな人には誰もが好きになるはず!!

いろんなコーデが出てくるたびにテンション上がります!!
しかも出てくる人みんながおしゃれでめちゃくちゃかっこいいしサラッと着こなしていて目が釘付けです…!!

おしゃれ好きな人は必ず憧れるファッション業界での仕事。そんな誰もが夢みる仕事にファッションへの興味ゼロの主人公アンディは、幸運にもファッション雑誌「ランウェイ」の編集部へ就職する。しかしそれは人をこき使い感謝もしないまるで悪魔のような編集長ミランダのアシスタントとして働くことだった。そんな仕事を頑張って耐えてようやく慣れてきたが、ミランダはいつまでたっても自分を認めてくれない。そこで今まで興味が無かったファッションに気を使い始め、まるで別人のようになったアンディは仕事も順調になり始めていたが、家族、恋人、友人とはどんどん崩れていくばかり……。

最初に主人公は地味な子でびっくりしたけど、あの生まれ変わった瞬間が別人すぎてやばかったです。人は身につけるものでも変われるんだなと勉強になりました。

これはファッション界に限らず全ての働く人にあてはまります。
上司に荒い扱いを受けながらも自分の夢を掴むために必死に働くが、本来の自分を姿を見失い、仕事を中心にすればそれには必ず犠牲もついてくる。家族との貴重な時間も台無しになってしまったり、恋人や友人との関係も次第に壊れていく。
でも夢を諦められない。考えるととても難しい選択ですよね。私はまだ働いていないのですがこの先どんな道を選択をしていくのか…私は結構自分を見失いがちなのでちょっと心配です。

私はミランダのような、あんなかっこいい上司なら一生ついて行きたい気持ちですけどたぶんどこかで白目むいてぶっ倒れるのでやめときます。

でもミランダも大きな影響力をもつ雑誌の編集長として、ファッションを愛する者として立派に働いている普通の女性。周りから恐れられるが、しっかり人間らしい心も持っていて、アンディの成長に微笑むところも私はぐっときました。

ミランダを演じたメリル・ストリープもめちゃくちゃ良かったです!!
アン・ハサウェイもいつもすごすぎます…。どれを観ても素晴らしいです…!!

それにしてもやっぱりファッション業界って憧れますよね。
私も何も知らなかった中学生時代のときはデザイナーになりたい!!って夢見てたけど現実を知って「無理」と思いながらこれから将来の夢は?って聞かれたときになんて答えるかを必死に考えたことは忘れません笑。
mommy
mommyの感想・レビュー
11時間
4.0
それぞれの価値観の基準の違いによる相違。
友人でもビジネスでも。

とはいえ、自分自身の心に正直に、自らが決断することはどんな選択でも自信をもって前へ進めるということを見せてくれた映画。
悪魔とは、悪魔と思えば悪魔になるが、悪魔ではないかもしれないと思えば悪魔ではないものにすることもできるのかもしれない。
>|