プラダを着た悪魔の作品情報・感想・評価・動画配信

プラダを着た悪魔2006年製作の映画)

The Devil Wears Prada

上映日:2006年11月18日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「プラダを着た悪魔」に投稿された感想・評価

兀庵堂

兀庵堂の感想・評価

3.9
記録用
仕事すんのって大変だなぁって思った。
あんなに色々言われたらやめちゃう自信ある…
2015年75本目
2017年109本目
2020年57本目

スタンリートゥッチが良いサブキャラ
IT坊や

IT坊やの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ良かった!

冒頭、サドゥンリー・アイ・シーで女性達の朝を彩ることで、一気に心を掴まれます。それと同時に、これは女性達へ向けた映画なんだという明確なメッセージを感じました。

そして始まる怒涛の仕事ラッシュ。新社会人の僕としては胸が痛い描写でもありましたが、ポップな雰囲気のお陰で、「仕事ってこうだよなぁ。これくらい全力でやるもんだよなぁ。」と前向きに思わせてくれました。

そこからのサクセスストーリーもまた良い!アンディが本当に可愛いし、輝いていくし、観ていて気持ちが良いです。「ファッション」は正に魔法なんですね。

また、ミランダがしっかり「悪魔」なのも良い!人間的な弱さを持ちながらも、自分の為に他人を蹴落とす冷徹さを貫く所に痺れました。
さらに、そこからのアンディとミランダの決別はとても格好良かったし、ミランダが彼女を認めて笑うシーンは最高すぎました。2人の関係性がとても良いです!

ただ、1つ気になったのは、彼氏がアンディを全然支えてあげていない事。あげく、魔法であるファッションにも最後まで冷ややかだし…。
確かに彼女は少しブレてたのかもしれないけど、仕事に全力をかける人生だって1つの生き方じゃないですか。それを理解して、寄り添うことも出来るじゃないですか、あんなに頑張ってたのに。
ここについては、男女逆転しても同じことが言える気がします。家庭を省みるのも勿論大事だけど、まずは全力で働いていることに敬意を表するべきでは?

とまぁ、少し不満もありますが、全体で観るとガチの名作でした。最後のミランダの笑顔で全部持っていかれるしね。最高!!
テンポが良くて面白い
アンハサウィイってとにかく綺麗
皮肉たっぷりのメリルストリープとエミリーブラントも最高だった
“アンディ、いいかい、君は努力していない。グチを並べてるだけだ”
“言い訳が品切れよ”

アン・ハサウェイの表情が豊かでシーンに厚みを出していたし、雰囲気が生き生きと伝わってきた。アン・ハサウェイの演技やっぱり好きだなと思った。
ネル

ネルの感想・評価

4.0
テンポが良くてみやすかったです
アン・ハサウェイがとにかく可愛い

自分が社会人になる前にみることができてよかった
働く上での心構えができた気がします
フェミニズムの観点でも見れて興味深いなあと思いました
何事も決断するのは"自分"である。言い訳をしようが何をしようが。それを理解しているミランダだからこそ、強い決断ができる。それが人のためであっても、"自分"のためであっても。

ファッション、NY、パリ、まさに"素敵"という言葉が似合う映画であった。
nachio

nachioの感想・評価

3.5
ファッション好きは一度は観ておきたい映画。"トレンド"とはこうして生まれ発信されているのですね。
あけび

あけびの感想・評価

4.4
管轄外の仕事を理不尽に任されるのも、最初から全然興味ないです!って顔で応募されるのもどっちももやもやするよね
アン・ハサウェイ、シャネルが似合う…

「彼女が男だったら有能だと誰もが認めるはずわ」ってアンディが返答するの尊いな…
ラスト、最高最高最高!
恋愛でもファッション映画でもなくかっこいい女性「2人」の映画🎟
.
アンハサウェイ演じるアンディがしごかれていく中でどんどん綺麗にオシャレに変化していくのが最高に女を感じられて好き
アンディの生き方がたくさんの女性にメッセージを伝えていて、アンディが主役に感じるけどそれだけじゃ
もったいない…!
.
メリルストリープ演じるミランダに注目して見てほしい❗️
.
強くて、仕事に一切妥協せず、絶対的自信があって、使えない人間はいらない。っていう感じのアンディとは別の女性像を表してるキャラクターで一見すると"悪魔"だけどそんな彼女だからこそ抱える悩みとか、弱い部分とかがこの映画にリアルさとか深みとか親近感を持たせてる
.
全然違うタイプの2人だけど、共通してるのは
「自分を信じている」こと
その見せ方がすっごく素敵な映画でした♡
>|

似ている作品